仕事で理不尽な扱いを受けた時の対処法

スポンサーリンク

仕事で理不尽なことを押し付けられると、無性にイライラしますよね。

「なんで私だけ・・・理不尽過ぎる」となかには、思わず「半泣き」になってしまう人もいるのではないでしょうか。

仕事をしていると、さまざまな理不尽に襲われます。そんなときに、いい年した大人が「うっうぅぅ・・・」と泣くのはできれば避けたいところ。泣かずに済むように、仕事で理不尽な扱いをされやすい人の特徴や対処法を見ていきましょう。

理不尽な扱いを受けている人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事で理不尽なことに遭う回数が「自分だけ多い」気がする

まずは「理不尽」という意味を確認します。

理不尽とは、簡単に言うと道理に合わないこと、あるいは矛盾していること、筋が通らないことなどを意味する言葉である。
引用:Weblio辞書

仕事で理不尽なことに遭うと、「あれ?なんか自分だけ多い気がする」と感じる人もいますよね。

「私は理不尽という名の星に生まれたのかもなぁ、あはは」と思わず空を見上げてしまう人。

仕事で理不尽なことが起こると、「え、なんで?」と混乱します。

例えば、会社で可愛いと評判のA子さんが5分会社に遅刻してきます。A子さんは上司に「すみません。寝坊しまして・・・」と謝ると、上司はニヤニヤしながら「きょうは良いけど、次はダメだよー。罰としてコーヒーでも奢ってもらうかな!なんちゃって!」と言っています。

その様子を見て、「よし!きょうは怒られないぞ!」と、その後に私が「あのすみません。電車が止まってしまい、私も遅れました。電車遅延証明書です」と上司に報告すると、ギロッと睨まれて「キミさぁ。子どもじゃないんだから・・・。そんな言い訳通用しないよ!皆に謝罪メールを送りなさい!」と怒鳴られます。

えぇ・・・・。

仕事で理不尽に怒られる人は、往々にして「なぜか」自分だけ怒られている感覚になります。そして当然ながら、怒られた相手に「お前さっきのA子と対応違うやんけ!あと『なんちゃって』ってなんやねん、キモ過ぎて風邪引くわ!」とは言えません。

グヌヌ・・・と怒りを耐えて、そのまま半泣きの状態で謝罪メールの文章を書くハメになります。

仕事で理不尽な扱いをされている人は、「本人に何か原因」はあるのでしょうか。それともまさに「そういう星の下に生まれてきた」のでしょうか。

スポンサーリンク

仕事で理不尽な扱いを受けやすい人の特徴

仕事で理不尽な扱いを受けやすい人の特徴は、次の3つです。

  • 真面目で要領が悪い人
  • ヘラヘラしてしまう人
  • 運が信じられないぐらい悪い人

真面目で要領が悪い人

まず仕事で理不尽な扱いをされる人は、「真面目で要領が悪い人」という特徴があります。

逆に言えば要領の良い人は、「理不尽な目に遭いそうなこと」徹底的に避けてきます。

例えば、先ほどの「遅刻の報告で理不尽に怒られたシーン」ですが、避けるこもできましたよね。まず「遅刻が分かった時点で、上司に報告」していれば、理不尽に怒られる可能性は低くなったはずです。

上司の立場からすると、かわいいA子さんには気に入られたいのです。しかし、そうではない人には、「別にどう思われていもいい」ので、ガツンといきます。人間とはそういうものです。さらに2連チャンで部下に緩く対応すると、「舐められる」とも上司は思っています。さらに遅れてきた部下を見ると「真面目で要領の悪いやつ」。

これはもう「ガツンと言ったれ!」となります

真面目で要領が悪いと、「変なところが真面目で、肝心なところを押さえられない」ので、「周りがイライラする」こともあります。

「普通だったら怒られないこと」でも、理不尽に怒られるぐらいまで相手の怒りレベルを上げてしまうのです。

つまり、「理不尽に怒られる原因を自分で作っている」とも言えます。

ヘラヘラしてしまう人

次は、仕事で日頃からヘラヘラしている人も危ないです。相手から「何も言い返されない」と思われているので、「理不尽なことをされる確率」を上げています

誰だって、「言い返されそうな相手」には強く言えないものです。

怒ったり注意したときに、「強く言い返される可能性がある」と注意せずにそのままスルーしますよね。一人圧力団体の人はややこしいと。

そんななか、「いつもヘラヘラ」したり「優柔不断な態度」を取っていると、理不尽な扱いを受けやすくなります。

簡単に言えば「舐められている」のです。

明るく活発な感じで松岡修造みたいに振る舞っている場合はいいのですが、変に卑屈になって「ヘラヘラしている」と、理不尽な扱いを受けやすいです。

運が信じられないぐらい悪い人

仕事で理不尽なことをされる人のなかには、「信じられないぐらい運が悪い人」もいます。

後から振り返っても、「いや、どうすることもできんやろ」と思える理不尽さです

仕事を長くしていると、たまにこういった「理不尽なこと」は起こります。そして、「運が悪い人」も実際にいるのです。

理不尽なことがあったときに、「対処のしようがない」こともあるので、そんなときは「これは悩むだけ無駄」と気持ちを切り替えるしかありません。

まさに「災害」と思うしかないこともあります。

理不尽なことがあったときに、「どうしようもない」のは諦めるしかありませんが、「対処できそうなもの」は対応したほうが良いですよね。ボケっとしていたら、いつまでも理不尽な目に遭い続けて、いい年して半泣きの状態にならなければいかなくなります。

スポンサーリンク

仕事で理不尽なことをされたときの対処法

仕事で理不尽なことをされるときの対処法です。シチュエーション別に考えていきます

上司・先輩

まず仕事で理不尽なことをされるのは、「上司・先輩」が多いですよね。もう定番です。最近は時代の流れで減ってきているとはいえ、「全然普通にいる」ので気を抜いてはいられません。

もし仮にですが、部下・後輩から理不尽なことをされている場合は上司・先輩からの理不尽さよりも「ズシッとくる」かもしれませんね。

上司や先輩から「あり得ないぐらい理不尽なこと」を言われたら、「絶対に自分の言い分」を言うようにしてください。

自分の身は自分で守る必要があります。

ママが自分の代わりに上司や先輩に文句を言ってくれるわけではありません。

向こうから理不尽なことを言ってきているので、「それに対して何も言わないのは認めているのと同じ」です。

「理不尽だと思う理由」を冷静に反論しましょう。向こうが理不尽に何かを言って来たら、「こちらは理路整然と」言い返します。

できれば、「周りに誰かいる状態」が良いです。周りの第三者に「自分と相手の意見」を聞いてもらうようにします。そして、「我に正義あり!」というのを見せつけましょう。

相手から理不尽なことを言われて黙っていると、「今後もずっと理不尽なこと」を言われ続けます。それはさすがにストレスで禿げてしまうので、「ちょっとぐらいの摩擦」は気にせず、言い返します。

ポイントとしては、「理不尽なこと」に対して自分の意見を言うのがポイントです。相手の人格攻撃をすると、ちょっと話がねじれてきます。

客・クライアント

仕事では、場合によっては「客やクライアント」などから理不尽な扱いをされる場合もあります。

まさに「モンスタークレーマー」みたいな怪物もいます。

これは正直、「運が悪い」と思うほかありません。ただし、「何か一線を超えた理不尽さ」は言い返すべきでしょう。

特に「明らかに法律に違反してるだろ」というときは毅然とした態度で対応を取るべきです。お客様は神様という時代ではありません。

スポンサーリンク

仕事で理不尽な扱いをされたら辞めるべき?

いま仕事でまさに現在進行形で理不尽なことをされている人のなかには、「辞めたい」と考えている人もいますよね

そんな人は「理不尽なことをされている期間」に注目して判断しましょう。

継続的な理不尽

いくら仕事とはいえ、継続的な理不尽はダメですよね。これはもう、「証拠をつかんでさらに上司に掛け合う」か「辞める」かのどちらかが良いかと思います。

辞めるにしろ、できるなら理不尽な扱いをされたときに「一度は言い返す」ほうが、自分の今後にとってプラスに働きます。メンタル的にも立て直しやすくなるので、自分なりに何か理不尽に抵抗したという納得感がほしいところです。

もしくは、「何でこっちが辞めなあかんねん!それこそ理不尽やわ!」というときは、「理不尽なことを言われている証拠」を持って、さらに上司に報告します。

「こんなことはしたくなかったのですが、かれこれ〇〇ぐらい前から続いてまして・・・」と言いながら「証拠」を渡せば問題ありません。

理不尽なことを継続的にされているのは、「パワハラ」です。相手に責任を取ってもらいましょう。

ただし、誰かに告発するときは「必ず客観的な証拠がいる」というのを抑えてください。

突発的・単発的な理不尽

仕事をしていると、たまに「突発的・単発的」な理不尽なことに遭うこともあります。変な客から、理不尽にキレられることや、職場でも機嫌の悪い上司にたまたま理不尽に怒られることもあります。

そんなときは、「このカスが!」と心の中で思いながら乗り越えるしかありません。

偶然、運が悪いとか突発的に来る理不尽は、職場の飲み会で酒の肴になると思って、しっかりとその時の様子を面白く話せるように構成を考えておきましょう

「いや、実はこの前、あの瞬間湯沸かし器の野郎がさ・・・」と仕事で理不尽に怒られたりしたときの話は「ウケ」ます。周りにも同じような境遇の人がいたらさらに盛り上がります。突発的な理不尽さはどうしようもない場合が多いので、「笑いに昇華する」のが良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

仕事で理不尽なことをされると、誰だってムカつくのは当然です。

「は?どういうこと?」みたいな感じですよね。

さらに理不尽なことをされて、自分の中だけで抱えてしまうと「さらにイライラ」します。理不尽なことがあったら、職場で周りの同僚に「聞いて、あのカスが・・・」と話したり、本人に理不尽なことを言われた瞬間に言い返すようにしましょう。

ただ継続的に理不尽な扱いをされている場合は、「パワハラ」の可能性もあるので、そういった場合は冷静にまずは証拠を集めて、さらに上の上司に報告するか、退職するか決めたほうが良いです。

スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
管理人:ぼうをフォローする
エッジニュース
タイトルとURLをコピーしました