新入社員の教育のポイントは「合理性」「自分の時と比べない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人教育のポイントは

 

 

毎年毎年、4月になると新人が入ってきます。それも基本的には「やる気をみなぎらせて」きます。いや、「懲役40年・・・」という暗い気持ちで入ってくる新人もいるかもしれませんが、大方は新しい世界に対してやる気があります。

新人が緊張しているのはもちろんですが、教育担当も実は緊張しています。

「はぁ、俺の番か・・・。メンドクサイ奴がいなかったらいいけど。しっかり出来るかな」

制度的に、研修制度(OJT)がしっかりとしている会社はいいですが、個人の裁量によって任せられる会社もあるのではないでしょうか。

教育担当は、少しぐらい厳しく言っても「どうせ辞めないだろう」と考えがちですが、最近はそんな呑気なことを言ってられません。

自分の担当している新人が「次から次へと辞めていく」というのは大変問題です。何も知らない状態の新人に対して仕事を教えていくという作業は根気がいる作業です。

その際の新人教育のポイントを挙げていきます。

新人教育の大きな前提として、「新人の異性を意識しすぎて『恋愛関係になりたい』」と考えるのが一番まずいので、しっかりと心に刻んでください。

合理的に教える

若い20代の新人は「合理的な事」を好む傾向があります。しかも短期的な合理的なこと。長いサラリーマン生活の上で大事なことと言うよりかは「今のこの作業」の合理性を求めます。

教育担当者側からすると、最初は「仕事をする上での哲学」なりを教えたくなるものです。「仕事っていうのはね・・・」と直接的に仕事の作業に関係のない心構えなどです。そして、「今はまだすべて教えてもしょうがない」と新人の仕事の「全体像」を伝えない傾向もあります。「取りあえずその仕事をしといて」といった具合に。後になったら、その意味も分かるようになる、と後々、東野圭吾ばりの伏線回収をしたいという考えはわかります。

ただこのような、フワッとした指示というのは新人を混乱させる場合が多いです。もっとしっかりと指示は出したほうが良いです。

新人の場合、一つの指示された仕事が終わると「フリーズ」していることがあります。本来なら、一つの仕事が終わると「○○さん、シュウマイにグリーンピースを乗せる仕事が終わりました!次は何か出来ることはありますか?」と新人のほうから言うべきなのですが、どうやら気を使っているのか、「向こうから言ってもらうまで待つ」という新人が多いです。

これは指示するほうの具体性も欠けています。新人に振った仕事が終わったら「いつでも声を掛けて」と言わないといけません。ここでいう合理性とは「新人側から見た合理性」であり、教育をする方の合理性ではありません。

自分が新人だったころと比較しない

今、30代から40代の世代の人たちはまだ「根性世代」ですよね。学生のころに、「教師からゲンコツされた」経験や部活での「シゴキ」も経験した人は多いのではないでしょうか。ただ今は違います。うさぎ跳びはやらないし、運動の際、水をがぶがぶ飲みます。

根性論は人気がありません。「それって何の意味があるんですか?」という話になります。

自分たちが新人時代にされてきた教育を、今の若い世代に押しつけてはいけません。さらに記憶というのは本当に曖昧なので、自分の過去を「自分が想像している以上に美化している」可能性もあるのです。

なので、自分のときはこうだった、という感覚で新人教育をしてはダメでしょう。むしろ、自分が新人だったころを思い出して、新人教育改善させていく方向に進んでいきましょう。

新人教育を進めていくと、「あいつは何度も同じミスを繰り返す」とか「要領が悪い」「とにかく言われたことだけしといてよ」と思うこともありますが、そこを丁寧に接していないと、自分には何も情報が上がってこないということにもなります。

新人教育はなかなか見える結果が出づらいですが、自分が教えた新人は結構いつまでも覚えているものです。何年か経って、「新人のころは○○さんにお世話になりました」と言われることも出てくるのではないでしょうか。ミカンや機械を作っているわけではないので、それぞれの会社や新人たちによっても教育の仕方は変わってくるかと思いますが、「真摯に接する」ということが一番大事ではないでしょうか。

【関連記事】
部下からの逆パワハラが心配のな人▼

部下から逆パワハラを受けた時の対処法3つ「オドオドしない」「嫌味をユーモアで返す」「気にしない」
最近増えているのが上司が部下から「逆パワハラ」をされている事例。部下が言う事をきかないのは当たり前、馬鹿にされたり無視をされたり。これはプライドの問題として、パワハラよりキツイです。「いやー部下から逆パワハラされてぁ」と相談もしにくいのが現状です。

使えない部下がいる場合は▼

使えない部下の特徴「超解釈」「コミュ障」「何も考えてない」
使えない部下を持つと「イライラが止まらない」です。使えない部下は「余計なこと」をしてこちらの仕事を確実に増やしてきます。「笑っちゃうぐらい使えない部下」の特徴と対処法をご紹介。この記事を読み使えない部下に振り回されるのは終わりにしましょう!
スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
管理人:ぼうをフォローする
エッジニュース
タイトルとURLをコピーしました