女性部下に対する接し方 3つのNGワードを言わない【対処法】

実は女性の部下との接し方に悩んでいる上司は多い

例えば、女性が多い職場に男上司が入るとします。その時の男のポジションというのは本当に肩身が狭いです。こういった状況を友人に話すと

「うらやましいなー」

などとノー天気に言われるかもしれません。

しかし、実際は全然そんなことはありません。すごく気を使ってしまうのです。逆に、女性の部下だろうが全く気にしない人もいますが、そういう人はもれなく嫌われています。

女性の部下たちに陰口や批判はもちろんのこと、「分かりやすく反抗的な行動をとられる」こともあります。そんな批判も気にしないよ、という人もいいのですが、それだと職場では「管理ができていない」という評価につながります。

また、おそらく、女の上司も男の部下のほうが扱いやすいと感じている人は多いのではないかと思います。

男の場合だと、基本的に「ある程度理不尽なこと」であろうが、グヌヌ・・・と吞み込んで、仕事だと割り切っている男が多いからではないでしょうか。しかし、女の部下の場合は違います。普通に言い返されるときもあります。特に嫌われているときは、相手がオジサンでも容赦ありません。

おっさんちょっと涙目なってるやん、と傍目から見てかわいそうになる時もありますが、女性の舌鋒は鋭いです。

自分が涙目にならないためにも、女性に言ってはいけないNGワードがあります。特に、ある一定の年齢などに達している女性には、本当にダメです。

女性に対するNGワード


出典:Anemone123(pixabay)

それは

  • 年齢
  • 容姿
  • 結婚

この上記三つのワードは、本当に気を付けないといけません。テレビのバラエティー番組などをみると、まさにこの3つのことを取り上げて女性芸人をイジったりしていますが、あれはプロレスです。女性芸人も言われることを分かっていて、番組の台本を読んで、またその場の空気を読んで、仕事としてイジられています。心構えが違います。

それを我々の実際の社会に持ち込んでしまうと、プロレスでは済みません。また、そのNGワードを通じて芸人のように誰もが笑えるようなトークが出来るわけでもありません。

出来るだけ「危ない橋」は渡らないほうが良いです。

年齢についての話題の対処法

まず、女性が20代半ばぐらいまでは全然この話題をしても大丈夫です。雑談をしていて、カラオケなどの話題になるとジェネレーションギャップが生まれるので「25ぐらいだっけ?若いから分からないよね」という風に言っても、誰も気にしないと思います。

ただ、30代から上になると、コレは駄目です。

「○○さん30代だっけ?若い子の歌なんて知らないよね?」

などと言うともう大変です。

基本的には「向こうから年齢の話題」をしてくるまではこちらからしない方がいいです。特に独身女性、結婚している人の場合だと「もしかしたら」大丈夫、、いや無理っぽいですが、独身女性に比べたらまだ大丈夫です。さらに言えば、向こうから少し自虐的に年齢の話題をしてきたとしても、曖昧な返事をするのがベストです。「女性の市場価値って30代超えると急激に下がるらしいよー」と30代を越えている独身女性が独り言のように呟いたとすると、聞こえないフリをしましょう。どこに地雷があるか分かりません。

対処法としては、ヒューマン対ヒューマンとして接するのです。少しわかりにくいかもしれませんが、年齢とかはもう忘れます。年齢という言葉・概念・存在そのものを忘れます。仕事をする上で、年齢を気にする必要はあまりありません。最近は中途入社の人も増えてきているので、年上なのに部下という状態も頻繁にあります。

この年齢にたいする女性の敏感さは、男からすると少しわかりにくい感覚ですが、女性にとっては年齢の話題をすると「本当に怒る」人もいます。なるべく平和な状態にしましょう。専守防衛です。

また、やむを得ず、向こうから飲み会などの席で年齢の話題になったりすると

「え!38歳だったんですか?いや、29歳ぐらいかと思って・・・」と大体5歳から10歳下を言います。たまに、向こうから直球の

「何才ぐらいに見えますか?」と言われると、まずは「いやー、うーん、どうだろう」とぼけた顔をしながら逃げ回り具体的な数値化しません。この会話のローリターンハイリスクぶりは異常なので、間違ってもコナン君ばりの推理力を発揮して「35歳とみました。いや目じりの感じからいうと36歳かな?真実はいつも一つ!」と言ってはいけません。そんなことを言おうもんなら、後日

「○○さんから38歳って言われた」と少し盛られた状態で蒸し返されます。しかも、ずっと。

この年齢というのは、50代とか60代になると男でも若く見られたら喜びます。相手がおっさんでも、「若いですねー。やっぱり気持ちが若いからですかね」などと言うと、おっさんも嫌な気持ちにはなりません。おっさんでも嬉しそうなので、女性の場合だとなおさらだと思います。

なるべく仕事中などは年齢の話をするのは避けるほうが良いです。

容姿の話題の対処法

次は「容姿」に関することです。女の部下の容姿が「お相撲さんのよう」だとしても、その点については何も言いません。社会人としてのマナーです。これは逆の場合も同様です。モデルのような綺麗な部下が入ってきたとしても、男の上司の場合「○○ちゃんはかわいいね!」などと言った日には

「セクハラ上司」「可愛い子だけに優しいクズ」というレッテルがついてまわります。

太ってるねー、とか細いねーなどと言った身体的特徴をズバッと言うのもマズいです。背が高い低いなども言わないほうがいいでしょう。

あとは「平等に接する」ということでしょうか。お相撲さんだろうがモデルだろうが、女の部下の容姿によって男の上司が部下に対して接し方を変えたりしてはいけません。

いや逆に、モデルのほうに少し冷たいぐらいでもちょうどいいかもしれません。男としては、どうしてもモデルに気に入られたいという気持ちがあります。しかし、現実的に考えると「出世」のほうが「モテる」ことより重要なのです。松下幸之助の本でも「本能は理性で抑える」という名言が書かれていました。※参考:松下幸之助の名言刹那的な思いは唇をぐっと噛んで押し殺し、「部長の席をジッと見る」ことで心を落ち着けましょう。そもそも、モデルに優しくしたところで、何かが始まるわけではありません。誰もが島耕作にはなれません。諦めましょう。

会社では、こういう対処というのは「周りに見せるもの」なので、なるべく平等に対処しなくてはいけません。

未婚女性に対する結婚の話題の対処法

女の部下に対する接し方でのNGワードで一番大きいのがコレだと思います。特に30代後半以上の未婚女性。もうこの結婚の話題は「サンクチュアリー(聖域)」です。晩婚化がささやかれる昨今、このような30代後半の未婚女性は増加しています。結果として、そういう女性を部下に持つ上司も増えているということです。

対処を少しでも間違えると大変なことになります。

聞いた話なのですが、飲み会で50代ぐらいのオジサンが酔っ払って

「40歳超えて結婚してない女はロクなもんじゃない!」

と機嫌良く、大きな声で自分の部下たちに言いました。それを運の悪いことに50代で未婚女性が聞いてしまいました。まさに赤鬼のような顔になり、すぐさま席を立ち店を出て、そこから数年間冷戦状態へ突入したということもあったようです。冷戦というか、一方的に口撃され始め、そのオジサンもすごく後悔をしていたようです。

ただ、これもその未婚女性が美人だったら、まだ何とかなります。それに彼氏がいるような場合も。問題は「そうじゃない」未婚女性です。

一億総活躍社会の実現は女性と介護の問題がカギ安倍総理が掲げている政策の一つに「一億総活躍社会」というものがある。これは、文面通り受け取るなら、働くことが可能な人は働いてもらうということだ。この政策の中で、喫緊の課題だというのが、「希望出生率

テレビなどではその辺りは「だから結婚できないんだよ!」と言ったりしていますが、実社会では軽々しく口に出してはいけません。男の上司からすると「ほんの冗談」のつもりで、その結婚しないことをイジりたい気持ちもわかりますが、向こうにとっては未婚は冗談になりません、遺恨になります。

センシティブに考えすぎだよ、ぐらいでちょうどいいかもしれません。

「何で結婚しないの?」「今までチャンスなかったの?」「ずっと結婚しないの?」

このような質問を聞いてみたいという野次馬根性もわかりますが、知ったところで何にもなりません。こちらも対応のしようがありません。なので、ヒューマン対ヒューマンとして、結婚制度なんてこの世には必要ないんだという気持ちで対処しましょう。

まとめ

今回は特に「男上司の女部下への対応法」としてNGワードを言わないということを書いてみました。男上司としては「冗談」だとしても、相手にとったら不愉快だと感じてしまうこともあります。

今回は、女性部下に嫌われたら・・・ということについて書きましたが、逆に女性部下から好かれると、「かなり強力な味方」になってくれます。こちらがミスをしても「○○さんならしょうがない」という「理屈じゃない」考え方で強力な援軍になってくれることも多いです。

お互いが気持ち良く仕事が出来るような環境づくりが上司は求められているのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大