出世したくないけど出遅れたくもない若手サラリーマン

出世したいとあまり思わない20代30代サラリーマン


最近、こういった出世欲にしても二極化が進んでいるように感じます。それは意識高い系と言われる

「上、人間は常に上を目指さないといけないよ」という人と、さとり世代と言われる人たちに多いであろう

「別に最低限のお金さえあれば、仕事はそこそこでいい。定時で帰りたい」という人。

どちらも全然間違ってはいないですよね。人生なんてそれぞれが何に重点を置くかで変わってきます。

そして、出世をしたとしても、その競争は大変です。終わりがありません。

同期の誰よりも役職に就き、そのままのペースでガーッと40代半ばから50代ぐらいまで走り続けないと

おそらく、役員とかまではいけません。定時に来て、定時にスッと帰るようだと出世はできないでしょう。なぜなら、他の人は残業をしているからです。

さらに、最近は社外からも「ポッと出」のようにヘッドハンティングされたりするケースもあります。

このような状況をみると、そこは諦めて

「まあ、出世はほどほどに」と考えるのもよく分かります。

しかし、そうは思っていても

「出遅れたくはない」とも思っているはずです。周りがどんどん出世しているなか、自分だけはいつまでも役職がつかない。これは焦ります。この状況でも「人は人」と言える人はそれでもいいと思いますが、なかなかそこまで悟りを開ける人は少ないかと感じます。

つまり、「出世はしたくないけど、出遅れたくもない」という人が多いです。

積極的に出世を目指しているわけでもないけど、乗り遅れたくもない。特に20代前半、周りにも役職に就いている人がいない状況で、上司を見てみると「大変そう」と感じている新入社員の人たちはそういった感情が出てくるのだと思います。

出世をするメリットってなに?

給料は一般的には出世をすると増えます。手当や賞与などで違いが出てきます。金銭的なことももちろんありますが、やはり仕事を毎日していく上で、大事なことは「権限が増える」ということでしょう。

今までは誰かに相談して決めていたことが、今度は自分が教える番になる。すると、自分のやり方を伝えることが出来るので、仕事自体がスムーズにいきます。

会社によっては「悪しき伝統」というものが残っていたりします。「なぜか上司が帰るまで帰りづらい」とか、「他の人の仕事を手伝うという風習がない」「意味の分からない作業日誌がある」とか。

そういったものを、今までは文句を言っているだけでしたが、徐々に変えていく権限を持つことができます。そして、その時になると前任者と同じようなことをしているのが「ラク」だと気づきのです。

出世をすると、「仕事のやりがい」というのも責任・権限の大きさと比例して大きくなっていくことは当然です。一つの大きなプロジェクトを自分がまとめてやりきった充実感というのも、出世しないと味わえないです。プロジェクトの全体像をはっきりとつかんでいます。

また、単純な出世のメリットは「自信が付く」ということでしょうか。これまでしてきた仕事が評価されての出世だと思うので、より自信がついてきます。出世したら、久しぶりに会った友人などに言いますよね、「いやー、なんか知らないけど来月から課長になるらしいんだよね。いやー管理職になると、残業が付かないから手取りが減るからまいっちゃうよ!」なんて言いつつ鼻はグングン伸びています。

最後に出世をするメリットとしては、「転職もしやすくなる」ということです。履歴書のところに、その年代にあった役職はあったほうがいいです。これは本当に大きいと思います。ヘッドハンティングとまではいかなくても、そのチャンスは増えます。今している仕事の同じ業界では、あなたの経歴が大きな武器になる可能性もあります。

一般的にみて、若い年代で早い役職などについていると、転職のときに「管理能力がある」と判断されるので、非常の大きなメリットとなります。今の時代は、一つの会社で定年まで働くというのは少ないです。「あんまり出世したくない」と思っていても「できるだけ出世はしたほうがいい」です。

出世するデメリット

最も大きなデメリットとしては、「その人に能力がない」ということです。これは不幸なことで、例えば、周りがどう見ても「おかしい」という人が出世した人事があったとします。

その仕事ができない人は、その役職で求められる仕事を当然うまくこなせません。周りからも、批判的な目で見られることになります。こういった人事の不満というのはすぐに溜まってきて噴出します。

最悪の場合、降格なんてこともあり得ると思います。いったん、上に上がってまた下がる。こうなることが一番のデメリットです。自分の能力を超えた仕事をしなければいけなくなり、それに押しつぶされるということです。たまに、それに気づかないで偉そうにしている人もいますが、それはそれで幸せだと思います、周りは迷惑だけど。

特に、学校の教師は大変だと思います。新人の20代前半の人がいきなり教壇に立って20人ぐらいをまとめなければならないからです。GTOや金八先生を観て感じていた世界とは全然違います。

少し前まで大学生だったのに、急に責任ある立場を「ほとんどノウハウなし」で対応しなければなりません。それに、安定性を求めて教師になっている部分もあると思うので「すぐには辞められない」と感じてしまう真面目な人も多くいそうです。

もう一つの出世のデメリットとしては、先ほども少し書きましたが「手取りが少なくなる可能性がある」ということです。しっかりとした会社なら「形だけ管理職」という形はとりませんが、そういった形だけ管理職という役職を作って残業代を払わないようにしている会社もあります。

もし、自分がいまこういう会社で働いているとしたら、「出世したくない」と感じるでしょう。それは普通のことです。ただ、それよりさらに上の役職を狙うとするならば、取りあえずはそれを受け入れて働くしかないのかもしれません。

受け入れることが不可能なレベルの「形だけ管理職」の場合は、長くその会社で続ける必要はないでしょう。ただ、その「管理職で働いた」という経験は、転職の際にはメリットにもなります。即戦力を求められているので、それに十分対応できるかと思います。

出世競争で出遅れたくないならやっぱり出世するしかない

20代のうちは、出世にあまり気にする必要もありません。というのも、その職種や会社が自分にとってベストなものなのかは分からないからです。最近は「飲み会に呼ばれたくない」という人もいると思いますが、出世をしたいという人は逆にこういった「会社のクローズドな集まり」には参加しといたほうがいいです。

日頃では分からないような「暗黙のルール」もこういったところで上司から聞き出せる可能性もあります。仲良くなっていくと、その上司が出世していくときに「一緒に引っ張って行ってもらえる」可能性もあります。ただ、これはそこまで出世のためだけにしなくてもいいと思います。

「飲み会ぐらい参加してもいいか」という気持ちぐらいのほうが、なんだかんだで参加する側もストレスがありません。

長く会社にいたくない、という人が多いので、「最近の若者は飲み会に参加しない」となるのでしょう。これは時代の流れでしょうがないです。年功序列をなくして成果報酬型にしたことで、この会社には将来性がない、と若い人が感じて当然です。

こういった「最低でも3年」と呼ばれる循環のなかでは「出世したくない」という人が増えてくるのも当然で、どんどんと自分の力でキャリアアップをしていかなくてはいけません。

ただ、20代、30代の人が「会社の行方を左右する」ほどの役職をまかされることもないと思うので、そこまで重く考えずに取りあえずは出世をする、という方向で働いていけばいいと思います。役職に就いたら会社を退職しにくい、仕事を辞めたいと感じたら「次の転職のときに、この役職は有利に働くな」と自分のキャリアアップのことだけを考えたらいいです。

なので、個人的には「なるべく出世を目指す」という方向が良いかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大