社内恋愛とセクハラの境界線~食事の誘いはアウト?~

セクハラ問題というのは、非常にややこしい問題です。前提として、女性の身体に触ったり、女性が嫌がるような言動を取ることは当然ダメです。○○メンバーのように、未成年へのそれは言語道断です。それを前提として考えていきます。まず、職場で女性の後輩に

「仕事の後にご飯でもどう?」

と食事に誘うのはどうでしょうか。これも「場合によってはアウトっぽい」ときもあります。なぜなら、「○○から食事に誘われてたんだけど、マジきついっす」と女性から何度か聞いたことがあるからです。しかし、社内恋愛の場合もまずは「食事」からスタートすると思います。

恋愛に発展するのか、はたまたセクハラへ・パワハラへと発展するのか「食事への誘い」から見える分かれ道は何なのでしょうか。

仕事終わりの食事の誘いは場合によってはパワハラ・セクハラ

食事の誘い
テレビのメディアでは「ネタを取るために若い女性が親父と2人きりでご飯食べるのはセーフ」という風潮がありますが、それ以外の一般企業ではかなりセクハラ・パワハラになりそうな気がします。

特に「力があるほうが誘う「2人きりで」というのがポイントになるのではないでしょうか。また、時間帯にもよります。ランチだったら別に仕事の合間に行くことですし、仕事中だとそこまで違和感はありません。ただ、夜も遅い時間だと、「ちょっとまずい」ですよね。

また、こういったこと以外にも、パワハラ・セクハラになる大きな要因として「嫌われている」のは非常に大きいです。そもそも、自分が誘っている相手に嫌われているのです。これは相手からしたら「存在自体がセクハラ」となっていることもあり得ます。

セクハラと社内恋愛の違いは好かれているか・好かれていないか

簡潔に言うと、相手から好意を持たれていないと「セクハラ」に該当します。これは間違いありません。女性のセクハラ問題を取り上げている人も、この「リアルな部分」を言わないと言葉に説得力が出てきません。自分が好きな人だったら良いけど、それ以外はダメ、と言わないと説得直が出ません。人間だったら誰しもそうですよね。好きな人に触られるのは良いけど、嫌いな人はダメなのです。男でも、女でも違いはありません。

非常にあいまいな部分ですが、結局これに尽きます。ただ、男の側もあまりにもセクハラ・パワハラを気にして

「あっ、これをしちゃうとセクハラになっちゃうかな!」

と相手に聞きまくっているおっさんも意外と多いです。それも「うざい」です。確認してるからいいよね?と言っているようなものなので、これも少し対応が違いますよね。

セクハラにならないように社内恋愛も楽しむ

実際、今まで会社であからさまなセクハラを見かけたことがありません。それよりも、上記のような「これってセクハラ?」と相手に聞いているセクハラを気にしすぎている人のほうが多いように思います。しかし、あまりにも気にしすぎると恋愛にも発展しませんよね。

ただ、普通にしていれば、セクハラもそこまで気にしすぎる必要はないのかなと思います。確かに度を越えたセクハラやパワハラはダメですが、気にしすぎると社内恋愛もできなくなります。会社では社内恋愛も多いですが、社内での不倫も多いように思います。

社内恋愛をするには、周りよりもその相手に対して「一歩踏み込む」必要がありますよね。往々にして、その一歩を踏み出すときは、相手が自分に対して好意があるのか分からない状態です。その時にセクハラを気にしすぎてしまうと、成功していた社内恋愛を逃してしまう可能性もあります。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大