独り言が多い人の対処法「心の声がだだ漏れ」「宇宙と交信中」

学生の人はあまりピンとこないかもしれませんが、社会人になると「独り言が多い人」は結構いることに気づきます。もしかすると、「割と良いところの会社」のほうが独り言を言う人は多いかもしれません。独り言が多い人というのは

「思っていることをそのまま声に」します。

マジで「うーん、え?これそうなの?いやいや違う違う・・・ぶつぶつ」などと子供に戻っているような雰囲気で独り言を言っているのです。そうした人の特徴や対処法などを考察します。

独り言が多い人

独り言が多い人が職場にいるとストレスで禿げる

独り言が多い人で特に迷惑なのが「職場」です。不思議と「学生時代」はあまりいないんですよね。たぶん、学生のころは「周りの目」が気になる年頃だと思うのです。アンニュイですね。異性からモテたいとか。独り言多くて注意されたら恥ずかしいとか。緊張感が生活のなかにあるのだと思います。

それが社会人になると、どんどん「別に職場でモテなくてもいいや」「注意する奴なんていない」「独り言を言わないほうがおかしい」という風に変わっていきます。もう普通に「誰かと会話してるの?」というぐらい独り言が多い人はいます。

私も一度、4人ぐらいの編成で小さな会議室で1週間程度、話し合いをしたり資料を作ったりしていたことがあったのですが、「私以外全員、独り言が多い」という独り言村を経験したことがあります。各々が、誰かと会話してるんですか?と聞きたくなるような独り言を言っているのです。

私の経験からすると「自分が疑問に思っていること」「何かが上手く言ったとき」が特に独り言が多かった印象があります。もう子供のように自分が疑問に思っていることをハッキリと口に出して言うのです。

「あれぇ、こうすると数字が違ってくるのか・・・ってことはココを変えるとどうなる?」と口に出さずにはいられません。どうにも止まりません。さらに、何かが成功しているときは「よーしよし、良い感じだ!このまま行くとトンデモないことになるぞ!」と周りに聞かせたいのか、しっかりとした声量で独り言を言います。

特に多いのが「男性」です。女性の場合は独り言というよりかは、誰かに向かって会話をしています。こういう場合は、「うん」とか「へー」などと適当に相槌を打って実質的に独り言になっていることもありますが、ストロングスタイルの独り言は男のほうが多いです。

独り言でも時折、面白いことなどを言ってくれればまだ許せるのですが、「何の生産性もない、マジで言葉の不燃ごみ」を吐き続けているのでどうしようもないのです。こういうときは、あまり独り言を気にしすぎると、「ストレスでしっかり禿げる」ことが予想されます。

独り言が多い人の性格は

性格としては、ゴーイングマイウェイな人が多いです。妙なこだわりを持っていて、自己中心的なイメージです。そもそも、職場で独り言を頻繁に言っている時点で、「周りの迷惑を考えていない」ことは実証されているわけです。

また、変なマイルールがある人が多いです。独り言で散々しゃべっているのに、他の人たちがしゃべっていたりすると「あからさまに嫌な顔」をすることがあります。「ちゃんと仕事しろよ」的な。いやいや、お前ずっとしゃべってるやん!と言いたいところですが、それは相手のルールの中ではアウトなのです。

独り言が多い人って病気じゃないの?

恐らく、独り言が多すぎる人は病気と思われます。いや、「病気と思ったほうがこちらの心が安定する」と言ったほうがいいかもしれません。独り言を言ってしまうという病気にかかっているなら「まぁ病気だし」と諦めがつきます。これは、独り言が多い人が身近にいる人なら分かると思いますが

「この人はマジで頭がイッちゃってるんじゃないか?」と疑問に思うのです。じゃないとこんなにもぶつぶつ言わないだろうと。そうじゃないと「え?普通は独り言つぶやくもんなの?」とこちら側が間違っているような気がしてしまいます。

独り言を言っているのが、子供ならまだ可愛げがあります。小さな子供の場合は「これなにー?」と目にしたものをすぐに聞いてきたりしますよね。それが、40も超えたおっさんが「えーっと、このメールはいつまでに返すんだっけ」などと、まるで子供のように「目に映って、それに対して思ったことを脊髄反射的に独り言を言う」姿を見ても1ミリも可愛げがあるとは思えないのです。

独り言多い系親父に対して「すみません、ブツブツ宇宙と交信するのは迷惑なので止めてもらえますか?」と言うのはなかなか難しいです。心の中で「あいつは病気なんだ」と思うほうが、こちらの精神も安定しますし、変ないざこざも生まれません。心の中で「あいつは独り言を常に言ってしまう呪いにかかっているんだろう、かわいそうに。息も臭いし」と思うぐらい赦されるハズです。

独り言が多い人の対処法

独り言が多い人の対処法として、職場の場合は「耐える」しかないです。まだ相手が20代で大学を卒業して直ぐのフレッシュマンだったら

「キミ、あれやな。ちょっと独り言が過ぎるな。どうした?」

とまでは言わなくとも、20代のフレッシュマンに「独り言がうるさいから極力、我慢してくれ」と言うと「・・・はい」と恥ずかしそうに受け入れてくれる可能性が高いです。できれば、周りに誰もいないときに言ったほうがいいですね。あとは「メールじゃなくて直接言う」のが基本です。嫌なことが直接言って、良いことはメールで皆に知らせるのは基本中の基本です。

ただ、独り言が多い人が自分よりも上司の場合は「羞恥心というのがこの人には生まれつきないのだろう」とあきらめるしかないです。しょうがないですよ。注意しても、絶対に直ぐに「はぁ?そんな独り言言ってないし、何言ってんだあいつは・・・」とまたブツブツ始まります。燃料を投下してはいけません。

それか、その独り言に「1個ずつ答える」のもいいかもしれません。例えば「えーっと、いや、これは違うなぁ」と中年親父が独り言を言ってたら

「どーかしましたー?」(大きい声で)

と毎回聞くのです。すると相手は「あ、いや別に大したことじゃないんだけどね」と曖昧な返事しかしてこないハズです。独り言をずっと聞いていると、こちらのストレスも溜まってきますが、会話をすると、意外とこちらもストレスにならないこともあります。

そして、独り言親父も独り言のたびに何か言われると、それはそれで鬱陶しいハズです。自分のペースで独り言が言えないのは、今までずっと自由気ままに宇宙と交信していたのに、ストレスが溜まるはずです。相手のペースに乗せるのではなく、常にボールは自分のコートにあるんだという気持ちです。

ここまでくると、もはや何と戦っているか分からなくなりますが、独り言が多い人は「基本は無視」が良いのかなあと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大