「しょうがねぇなあ」男がほっとけない女性の特徴~あの子だけずるい~

会社や職場で、「ほっとけない子(女性)」っていますよね。男からすると

「しょうがねぇなぁ、バーロー」

という感じで嬉しそうにその子に構っています。この様子を周りでジッと見ている人(女性)からすると

「何であの子だけ・・・」と不思議に思うかもしれませんが、男は基本的には「バーロー」なので、ほっとけない子がいると本能的にお世話を焼いてしまうのです。

男目線でほっとけない女性の特徴を考察します。

男がほっとけない女性

ほっとけいない人とは

学生時代はもしかしたらそこまで気づくことがないかもしれませんが、会社に入り社会人になると

「イージーモードに見える女性がいる」のです。何か仕事をしていますが、その女性が何も言わなくても周りに男が集まってきて

「大丈夫?」「手伝おうか?」「バーロー」

などと男に手厚くサポートされながら仕事をしている女性がいます。それをあまりにやり過ぎると、その女性にとってもプラスとは言えませんが、女性の場合「ある程度」はサポートしてほしい人もいるのではないでしょうか。

男がほっとけない女性の特徴は以下の3つです。

    • 愛嬌がある
    • 助言を聞いてくれる
    • 隙がある

愛嬌がある

男は度胸、女は愛嬌と先人はよく言ったもので、これは現代でも変わりはありません。男は基本的には度胸さえあれば何とかなりますし、女性は愛嬌があればなんとかなります。

学生時代はあまり上記の先人の言葉は響かないかもしれませんが、社会人になると響いてきます。つまりいくら美人でも愛嬌がないと「男はほっておく」のです。どうぞ頑張ってください、というイメージですね。

それでは「愛嬌」とは何なのかといえば、一言で言うと「笑顔」です。つまり口角を上げていることは非常に大切です。

助言を聞いてくれる

会社で働いていると、女性部下に何か助言をしても「響く部下」と「響かない部下」がいます。男の部下の場合は、響いていなくても

「あぁそっすかぁ!」と何となくこちらに合わせてくれるのですが、女性の場合は合わない男の上司から何か言われても全く響いている雰囲気がありません。

男というのは「教えたがり」な奴ばかりなので、「誰かに何かを教えて、それを相手に理解してもらいたい」のです。そのため助言をして女性が「助言を受け入れている雰囲気」を出してくれると、次からもその子に色々と言いたくなります。

隙がある

会社では「全く隙のない女性」もいます。もう本当に「1ミリの隙間も開けません!」と顔に書いているような女性もいるのです。

「近づかないでくださいオーラがスピリチュアルに詳しくない私にも見える」ほどです。このような女性に対しては、男は「ややこしそうだからちょっと距離を保とう。向こうもそうして欲しいだろうし」と考えるようになります。

ところが、逆に隙があるように見える女性もいます。

あれ?ひょっとして俺に気があるんじゃ・・・と思えるぐらいに。それでは具体的にどうするかですが

「距離感を縮める」のが非常に有効です。物理的な距離感を「少し」縮めてみるだけでも随分違ってきます。このようなことを書くと「女性を何だと思ってるんだ!」といわれそうですが、実はこれ、男が男に対しても有効です。

男の部下が男の上司に「先輩お願いしますよ!」と言いながら上司の肩を揉むだけでも全然違います。

上司は「あぁしょうがねぇなぁ」となります。

まとめ:ほっとけない人になったら周りが勝手にしてくれる

今回は「ほっとけない人」の特徴を書きました。周りから「どうでもいい」と思われているより、「ほっとけない」と思われているほうが良いですよね。またほっとけない人に自分がなったら、周りが勝手に仕事をしてくれます。ラクです。

男は基本的に「バーロー」なので、いくつかのポイントさえ押さえれば誰でも「ほっとけない人」になれますよ。もちろん、男に頼らなくても自力でやっていける女性もいるので、その人はそのままで良いのはいうまでもありません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大