仕事でミスをした時の謝り方~相手は何を求めているか~

スポンサーリンク

仕事でミスをした時の謝り方です。「相手が何を求めているか」を知るのが極めて重要です。ただ何となく謝るだけではダメ。相手は「何を期待しているか」、ここをつかめばもう何も心配する必要はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事でミスをした時の謝り方は想像以上に重要

仕事でミスをすることは、正直誰でもあります。誰もが失敗しないように仕事をしていますが、「ミスをする時はミスをする」ものです。

仕事のミスはある意味、「仕方ない」とも言えます。

そして大事なのはそこから。

「謝罪」です。

仕事でミスをした時の謝り方は、「もっと注目されてもいいシチュエーション」ではないでしょうか。仕事のミスをコントロールすることはできませんが、「謝り方」についてはある程度のコントロールは可能です。

我々は社会人として、「コントロールできる部分」に目を向けるべきですよね。

日本はジャパニーズ土下座を生み出した国です。謝り方にかけては、世界の中でも類を見ないぐらい「謝罪が日常」です。

そのため「普段の謝り方」とは違った「謝り方」をしなければいけないのです。「あっすみません、へへ」では、仕事のミス以上に怒られます。こんな甘い謝り方では全く通用しません。

我々が狙う謝罪とは、「仕事でミスをしたものの、謝り方によってミスの前よりも職場での信頼感をアップさせる」という途方もない高い目標を掲げているのです。

むしろ謝るためにミスをした、こう言えるぐらいの謝り方を考察します。
仕事でミスをして謝り方を悩んでいる人

スポンサーリンク

仕事でミスをした時の謝り方5選

短いワードで謝り、すかさず媚を売る

まず仕事でミスをして謝る時は、「すみませんでした!」など短いワードがベスト。長ったらしく謝罪するのはむしろ逆効果。

失敗してホヤホヤの状態なのです。そこは「言葉の作法」は全く重要ではなく、感情です

「ビジネスの場所では『申し訳ありませんでした』を使いましょう」とかそういうことではありません。

これはむしろ逆に作用します。「何を落ち着いて対応しとんねん」というわけです。

そして仕事のミスを謝罪するときは「上司」への謝り方が重要です。客が絡むと「客への謝罪も重要と言えば重要」ですが、本音ベースで言うと「社内向け(上司)の謝罪」のほうが重要です。

なぜなら客とは「一期一会」の関係である場合がほとんどですが、上司とはこれからもずっと長く一緒に仕事をするわけです。

しっかりと定年まで勤めあげて年金をもらわないといけません。そしてできるなら「少しでも役職、給料を上げて」定年を迎えたほうが良いに決まってます。

「自分の人生が大事」という人は、「上司への謝罪」を重視しましょう。

まず「すみませんでした!」と短いワードで勢いよく謝ります。さらに、「上司さんから指摘をいただけたので、最悪の事態にはならずに済みました」とか「上司さんにもご迷惑をおかけしまして・・・」など、謝って直ぐに「上司への媚び」を売ります。

要は「上司のおかけで仕事のミスが最小限で済んだ」「上司に迷惑がかかったことが、自分にとっては辛いです」と伝えます。

これは最も高度で洗練された仕事でミスをした時の謝り方です。特に「媚びを売る」のがそれぞれの上司によって「喜ぶポイントが違う」ので、個人の能力差が大きく出ます。

最初は怒っていた上司ですが、こちらの謝罪が終わったころには「まぁ、次はミスをしないように」などとこちらを気遣ってくれる対応をしてくれたら文句なしです。

今回お伝えする謝り方のなかでも一番難しい方法ですが、試してみる価値はあります。また、「謝る」だけに集中し過ぎずに、「媚びも売るぞ!」という思考的な余裕を持つことができるのも良いポイントです。

「やっちゃった…どうしよう」という顔をする

仕事でミスをした時に「変に恰好をつけない」ほうが良いです。もし「自分が一番上の立場」なら「ミスって私が?ミスを?うーんまぁ細かいことはええがな。寿司でも食べに行って対策を一緒に考えよう」とスルーできますが、普通は無理ですよね。

やっぱり「表情」は非常に重要です。

目を思い切りつぶって「あちゃー」という声を出す口の開け方をすると、「仕事でミスをして後悔をしている人の顔」になります。

ちょっと大げさなぐらいでちょうど良いです。

仕事でミスをして謝りに来たときに、「変にツンとした顔」をしていたら、上司の立場からすると「コイツは全く反省しとらん!」となります。

最近の若い人は「妙にクールな振る舞いをする」ので、少し損をしている部分もあります。

ちょっと目をつぶってあちゃーという顔をするだけで、上司としては「ミスをして責任は感じてるようやな」となります。

仕事でミスをした時の謝り方では、「自分の表情」にも注意しましょう。

「あぁもう…」「はぁ…」とため息連発

これはミスをして謝りに行って「しばらく経っているとき」の振る舞い方です。「ミスの余韻がまだ残ってます」という振る舞いをします。

ミスをして、上司に謝りに行った後に直ぐ「鼻歌混じり」に仕事をしていてはダメなのです。

「アイツ、さっきの謝罪は嘘やったんか」と上司も気づきます。

仕事でミスをした日は、「お疲れでしたー」と帰るまでが「謝り方の振る舞い」です。

そのため、ミスを報告した後は「心の中では完全に切り替えて」表面上は「はぁ、やっちゃったなぁ・・・」などとたまにため息をこぼしながら独り言を言うようにしましょう。

謝りに行く時は小走り。帰りはしょんぼり

仕事でミスをした時は、「慌てている雰囲気」を出すのが良いです。ゆっくり落ち着いた雰囲気で謝りに行ってもダメです。

謝り方としては「少し小走りで上司に近づいていき」、上司から一通り怒られた後は少し肩を落として自分の席へと戻ります。

小走りで上司に謝りに行くことで、「急いで来た感」が出ます。さらに走ることで、「若干息も上がる」ので良い感じで緊張した雰囲気も演出することが可能です。

仕事でミスをしたときは、「何やら慌てている」ように見せます。ゆっくりと紅茶片手に謝りに行ってはいけません。

終始うつむき加減

仕事でミスをした時は、「伏し目がちになる」ほうが良いです。相手の目をがっちり見るのもアリと言えばありですが、それはよほどの体育会系の職場です。

「すみません・・・」と縮こまってうつむき加減になるほうが、「反省している」ように見えます

目を見るのは相手から言われてからでも問題ありません。「目を見ろ!」と言われたら、「うっせーな」と思いながらぼんやりと目の辺りを見るだけで十分です。

人間とは不思議なもので、ただうつむいているだけで「元気がない」ように見えるものです。そのため上司にミスを報告して怒られている時は、終始うつむくようにしてください。

スポンサーリンク

仕事でミスをしたとき「言い訳」は最もダメな謝り方

仕事でミスをした時の謝り方で一番ダメなのは、「最初に言い訳から入る」ことです。

最初は「すみませんでした!」と謝罪の言葉を言いましょう。

ミスをしたときに言い訳をされると、「誰だって腹が立つ」からです。

もちろんミスをした時に、「言い訳をしたくなる気持ち」も十分分かります。「誰かに言われた通りにしただけ」とか「自分はちょっとしか関与してない」とか。

しかし「現に失敗している」のです。

何を言ったところで、「でも、お前が失敗したやん」となります。

またミスを報告しに行く時は上司も焦っています。そのときに「ぐちぐち言い訳をされると、本当にムカつく」のです。

「こいつは謝りに来てるけど、結局『自分は悪くない』と言ってるな」と感じます。

場合によっては上司も責任を取ることになるので、ミスをしたのに言い訳を真っ先に言われると一気に怒りの感情が出てきます。

そのため「言い訳は後から」にしましょう。上司も自分も冷静になってから、しっかりと理論的に言い訳を言えば大丈夫です。

もし謝りに行く時に言い訳をしたいのだったら「一言で分かりやすく」伝えるようにしましょう。

例えば「〇〇さんの責任です!」とか「私は知りません!」とか。

このように「一言で言える言い訳のとき」は伝えたほうが良いです。上司にも伝わります。「そうか!〇〇か!あいつを早く呼んでこい!」となります。

ただし、「自分のミスも50%ぐらい入っている」場合にこの言い訳をすると、もれなく職場でめちゃくちゃ嫌われます。

職場での信頼を取るか、いったん穏便に済ませるか、出世で有利にするために責任をなすりつけるか。仕事でミスをした時の謝り方によって、その人の会社員人生が左右されるほど、ミスをした時の謝り方は重要です。

スポンサーリンク

【参考】謝る時の心構え

仕事でミスをした時の謝り方としては、「見せかけ」はてんぱったほうが可愛げが出ます

自分がミスをしたのに、涼しい顔をしながら「皆さん、まずは状況確認からしましょう。まだまだ焦る必要はありません。〇〇さん、ちょっと集中したいので声は小さめでお願いします」と言ったところで、周りは「じゃあお前だけでやっとけ」となります。

自分が上司の立場で、「自分のミスも自分で責任が取れる」場合は「絶対に落ち着いたほうが良い」ですが、普通は誰かに報告しなければいけません。

そのため、あぁあかん!やってもうたわ!どないしよ!あわわ・・・とあたふたしているほうが、周りや上司は、「まぁ落ち着いたら何とかなる」とサポートしてくれます。

ただしここで重要なのは「本当にてんぱってはいけない」ということです。

本当にてんぱってしまうと、「謝り方でも変なミス」をしたり、その後の「ミスの事後処理」でもミスを重ねるようになります。

仕事でミスをして謝りに行く時は最低でも「なぜ」ミスをしたか、次に「対応策」まで考えます。そして、このミスを報告した時の「最悪の結果」と「最高の結果」を予測します。

ここまで考えることで、上司に報告して「何か質問をされたとき」にスムーズに答えることができます。

上司から「ミスの原因やこれからどうしたらいいのか」を聞かれた時に「分かりません!」ではダメです。

間違ってもいいので、自分なりの分析を伝えないと上司からは「こいつは何も考えてないからミスをしたんだろう。使えないな」と判断されてしまいます。

そして、「ミスをした次の日」は切り替えて元気よく仕事に取り組んだほうが良いです。いつまでも仕事のミスに引っ張られていてはいけません。

【仕事でミスをする時は、なぜか続くものですよね▼】

仕事でミスが続く時~どうにも止まらない~【対処法】
仕事でミスをする時は誰しもあります。しかし、ミスが「あり得ないぐらい続が続くとき」がどういう訳か存在します。そのミスを挽回しようとしても、それが逆にミスにつながるという「負のスパイラル」に陥ってしまうのです。そういったミスのなかには「自分で...

【仕事を辞めたいと感じても焦らずに準備をしましょう▼】

仕事を辞める前に準備すること~失敗せずに転職する方法~
現在、「仕事を辞めたい」と考えている人は「視野が非常に狭くなっている」可能性が高いです。そのためついつい勢いで退職してしまい、後から考えたら「もっと準備して辞めたら良かった」と後悔する人も多いです。 ここでは「仕事を辞める前にすること...
スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
管理人:ぼうをフォローする
エッジニュース
タイトルとURLをコピーしました