批判ばかりする人の特徴【対処法】「中毒性」「外野の人」「好戦的」

批判的な人ってどこの世界でもいますよね。これはもう「確率的に」仕方ないです。こういう批判ばかりする人というのは、偏りがすごいです。つまり、「批判フィルター」を通して考えているため、1つダメなことがあると「オセロのように」ほかのすべても批判をするのです。そういった人の特徴と対処法です。
批判ばかりする人

批判する人の特徴は?

批判する人の特徴としては「当事者ではない」ということがあります。なぜなら、物事を進めている当事者というのは「批判をされる側の人」だからです。例えば、会社を経営している人や漫画家、さらには政権を担当している政治家などは「物事を進めている」人たちです。言い換えると「物事を決定している人」とも言えます。

逆に批判ばかり「できる」人というのは、その批判していることについて、直接かかわっていない人です。

そのため「責任を問われることがない」ので、どうでもよいことを批判してくるのです。批判する人は「100点満点じゃないと何もやらない」と考えていて、「成功する確率は6割」では物事を進めてはいけないと考えています。重箱の隅どころか、「外側」をネチネチと言ってきたりします。また、「具体的な数字」を言うことを非常に嫌います。なぜなら、数字というのは、誰が見ても「1」は「1」だからです。批判ばかりする人は、具体的な数字などを言うのではなく、「皆が納得するような形で」などという、よく分からない目標を掲げたりします。

また、「自分の評価を上げる」より「相手の評価を下げる」ことに命をかけています。この思考は非常にやっかいです。普通に考えると、相手の評価を下げたところで、自分の評価が上がるわけでもないのに、自分の評価を上げる努力はしません。あくまでも「相手ありき」なのです。これはもう何か「ドーパミン的なもの」が相手の評価を下げるときに出まくっているとしか思えないのです。理屈ではなく、感情と言いますか、無意識の状態の何か、と考えたほうが良さそうです。

批判ばかりする人の心理状態

まずは「非常に好戦的」であると言えます。少しの批判ではなく、口を開けば批判ばかりしているので、「誰かを攻撃したい」と思っています。普通は疲れるんですよね。誰かと何かを争ったりするのは。そのため「まぁいいか」と諦めたりするのですが、それが批判ばかりする人はできません。先ほども書きましたが、誰かを批判するというのは中毒性があるのかもしれません。

また「自分が攻撃されるのは死んでもイヤ」なので、自分が批判されるようなことは極力言いません。先ほどの「具体的な数字などを言わない」というのは典型例です。その辺りの「批判されないセンサー」の感度は抜群です。

批判ばかりする人は「結論ありき」

批判ばかりする人は「結論ありき」です。つまり、最初から答えは決まっているので、話し合いができません。テレビ番組の「朝まで生テレビ」という番組では「自分の主張を譲る」ということはしません。これは、最初から答えは決まっているため、一生、かみ合うことはないのです。朝までどころか「来世まで」話し合いを続けることになります。

批判を続ける人は「オセロ理論」

批判を続ける人は、「○○さんがやっているから」という理由で「すべてを批判」します。年齢層が高い人に多いです。Aさんが5分遅刻をしても何も言わないのに、Bさんが遅刻をすると「社会人としての自覚ある?」とがっつり批判をしてきます。「罪を憎んで人を憎まず」の逆ですね。「人を憎んで罪を憎まず」ということです。

もう少し分かりやすく言うと、学歴が低いからダメ、人種が違うからダメ、考え方が違うかたダメとか一つでも自分の考えに合わないと、「その人のすべてを批判する」ということです。

そのため、批判を続ける人は、今まではすべて「白」だったことが、オセロのように一気に「黒」へ変わることがあるのです。オセロの4つの隅が一気に黒にパチンと変わって、一面真っ黒になります。すべてが批判の対象になります。言動、メールの文言、立ち振る舞い、友人関係などすべてが批判の対象になります。オセロの面のうち、一つでも「白」に変わることはありません。オセロのように「4隅」を取られると、白が一つだけある状態にはならないのです。すべて真っ黒になります。

若い人は、この辺りは冷静に見極めている印象です。おそらく、小さいころからパソコンやスマホがあるのが大きいと思います。情報のソースが一つだけではなく、さまざまなところから取捨選択することができるので、割とドライな考え方ができるのではないでしょうか。

批判する人の対処法

こういった批判をする人の対処法としては「その人を当事者に巻き込む」のが会社や学校などではいいでしょう。その批判ばかりする人にも意見を聞いて「当事者意識」を無理やり持たせることが大切です。批判ばかりする人の場合、味方に取り入れると「オセロの色が一気に変わる」こともあるため、批判の矛先を自分に向けさせないようにしましょう。ただ、「どうしても合わない」ときもあります。そういったときは、毅然(きぜん)とした態度を取って、いちいちその批判的な人の意見を聞く必要はありません。ただ、「周りの人」には理解してもらうようにしたほうが良いです。批判する人と直接言い合いをしても埒が明きません。第三者に介入してもらいましょう。

一番やってはいけないのが「批判をし返す」ということです。これは、かなり疲れます。向こうがいつも、100の批判をしてきているので、こちらが10の批判をし返すと、10000になって返ってきます。しかも、向こうが100の批判をしてきたから10の批判をしたのに、向こうの頭の中では「10の批判がスタート」になっていることもあり得ます。マイナスの感情のまま生活をするのは、普通はかなりのストレスがかかります。普段は好戦的じゃない人が無理に好戦的に対応すると、たぶん持ちません。プルプル唇が震えてしまうのです。

さらに、批判ばかりする人は「ずっと根に持っている」ので、「ノーガードで打ち合う」というのは、あまりおすすめしません。

一番良い対処法は、「その人よりも幸せである」ということが非常に大切だと感じます。学校や仕事場でも、何となく充実している人っているじゃないですか。そういう人の周りって自然と人が集まってきます。すると、批判ばかりしてくる人も気にならなくなります。そして、批判ばかりしてくる人は「論理的に破綻している」ことが多いため、一部の人の共感は得られることもありますが、その考え方が主流になることはありません。「まあ、あぁいう人もいるよね」と突き放して、適当にあしらって対応したほうがいいかもしれません。

また、批判ばかりする人は「認めてもらいたい」と完全に顔に書いてあるので、お世辞や共感する態度を取るのが非常に効果的です。適当に「そっすねー。すごいっすねー」と言えば批判されないことが多いですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大