ウイイレのフォーメーションおすすめ2020

ウイニングイレブン2020のオンライン対戦でおすすめフォーメーション

4-3-1-2

サッカーのフォーメーション40-3-1-2

まず安定してるのが4-3-1-2です。このフォーメーションにすると「中が分厚く」なります。そのため相手は中から攻撃せずにサイドへと逃げます。するとクロスを上げてきますが、このときにコンセプトアレンジで「クロス警戒」を付けていれば、それなりにはじいてくれます。

またサイドバックにディフェンシブを付ければもうガッチガチです。ゴールポストの前にバスを置いているようなものです。

ただこのフォーメーションにすると、「サイドを世界陸上してクロスゲーはやりづらい」です。真ん中からパスをつないでいく人に向いているフォーメーションとなります。

失点がトンデモなく多い人は、一度このフォーメーションにしてまずは失点を減らすことからスタートするのも良いです。

クロスでもそれなりに入りますが、一番ゴールを取れる確率が高いのが「真ん中からの攻め」です。このフォーメーションでは真ん中からの攻めへのケアがばっちりできます。

ただ前線の選手に脚が速い選手がいないと厳しいです。サイド攻撃が薄い分、相手DFは前でボールを取りにきます。ジルーでは少しキツイです。

相手に「裏抜けもあるよ」と思わせる必要があるので、前線3人は脚の速さが必須です。また前である程度ボールがキープできると、前の3人だけで攻撃を完結させることも可能です。

3-5-2

サッカーフォーメーション3-5-2
2020ではようやく3バックが使えそうな雰囲気です。その理由としては「長いスルーパスが通りにくくなった」ためです。DFラインやボランチから一気に長いスルーパスが通りにくくなった分、DFラインを4枚並べなくても大丈夫になりました。

3バックでも守備を厚くすることは十分可能で、3-5-2というより「3-2-3-2」に近いイメージです。まずはDFラインの上に2枚カゼミロとクロースを並べます。そしてその前に3枚を並べてコンセプトアレンジで「ウィングバック」をつけます。

こうすることで、DFラインの3枚、ボランチ2枚、そしてモドリッチとマルセルを加えた合計7枚で守備ができます。先制してから攻撃レベルを一つ下げるとさらに守りやすくなります。

また中盤の人数が多いので、中盤でのワンツーもしやすいです。中盤からトップへの縦パスがよく引っかかる人は一度試してみてください。あとはCFにハードマークを付けられているときも、中盤でのワンツーは有効です。縦パスを入れるとカットされます。

やはりそろそろ3バックも使えるようにしたいですよね。毎回毎回4バックだとフォーメーションで遊び甲斐がありません。

さらに単純に後ろに人数が多いので、DFラインから組み立てるときにパスコースも多いです。そのためしっかりとパスをつないで攻撃ることが可能になります。

またツートップになるとお互い良い距離感で前に残っているので、最悪2人だけで翼君&岬君のように攻めることができます。ただ「単純なワンツー」も非常に難しくなっています。特にダッシュしながらのワンツーは厳しいです。

このフォーメーションではサイドハーフの使い方が非常に重要です。サイドバックの位置まで戻ったり、攻撃参加するときはクロスも上げます。横いっぱいに広く使っているフォーメーションなので、逆サイドでフリーになっていることが多いのもメリットです。

中盤の人数の多さを上手に利用して戦いたいろこです。

4-3-3

サッカーのフォーメーション4-3-3

やっぱり4-3-3は基本です。一番バランスが良いです。ただ現段階ではクロスがそこまで強くないので、あまりサイド攻撃に意識を持ちすぎる必要もありません。ただアップデートされると、徐々に初心者にも優しいプレイ環境に変わっていくのがウイイレです。そうしないと古参ばかりが残って新入りが続きません。

さらにスリートップだとゴール前でごちょごちょしたプレイをするときに、若干FW同士のポジションが離れています。それにサイドでボールをもらっても、1対1でがっつり相手を抜くのは難しいです。

よっぽど能力の差がある場合は別ですが、相手がCOMでも普通に取られます。もっといえば、サイドでボールをキープするのも難しくなりました。2019までは切り返しで何となく抜けることもありましたが、2020では全く通用しません。背負った状態でクルッと前に反転して、世界陸上で抜き去ることができなくりました。

発売日から1週間の感想

ウイイレ2020の発売日から1週間が経ちましたが、正直2019は6月以降はほとんどウイイレはしていませんでした。モバイル版フォートナイトも「目が痛くなる」から一時お休みしてまして、代わりに上手い人のフォートナイトを見ていました。特にうゆりるさん、トッピーさん、フランシスコさんのトリオアリーナの観戦をしていました。めちゃくちゃ上手いですよね。

そしてウイイレ2020からは「十字キー」ではなく、デジタル「Lスティック」でプレイしようとしているのですが「全然勝てない」です。

ウイイレ2020はパスずれしやすいのもありますが、それにしてもズレまくりです。スティックで自分の出したい方向にパスも出せないですし、なんやったら「ダッシュもおぼつかない」のです。

筋トレの成果もありギューっと力強くスティックを傾けているのですが、選手がフラフラしだすんですよね。もっとプロテイン飲めよと。

要は「真っすぐ走らない」のです。それに加えてパスずれ。本当にイライラします。

「うぉぉぃいッ!そこちゃうねん!!コナミのボケっ!!」とキレまくっています。(独身30代男)

若い人はみんなスティックでプレイしているイメージですが、本当に自分の出したいところにちゃんとパスが出せているのでしょうか・・・。本当に器用ですよね・・・。だってスティックは「丸」なので、かなり微妙な調整をしなければいけません。

それにスティックだと「押してる感」がありません。マジで難しいっす。

またウイイレは発売を重ねるにつれ「猛者が増えている」印象です。うかうかフォートナイトも見ていられません!やっぱりゲームでも何でも勝たないと面白くないですからね。

シュートを打つときは、ドリブルといいますか「キープをして、背負いながらどっちにターンしやすいかを見てクルッと反転してシュート」これが今のところ入りやすいイメージです。ゴール前だと振り向いてシュートも使えます。振り向いてダッシュをすると取られます。後はワンツーも入ります。

ここらへんはもうちょっとやり込んでから「攻め方」と「守り方」を書いていく予定です。

そして今は「どうやったらシュートが入りやすいか」「1対1で相手を抜き去る方法はないのか」に重点を置いて試合をしています。

あとはフォーメーションですね。2020はツートップでも意外とイケそうな気がしてます。ワントップだとあまりにも攻める人数が少ないので少し厳しいです。マークをガチガチに付けられるとトップでキープするのも大変になります。

また追記していきます。

【9/27】フォーメーションというより「コナミのクセ」が気になる

今作のウイイレですが、試合が終わって筋トレをしながら「何が悪くて負けたか」を考えるわけです。(負けたときのイライラを解消するためにエネルギーをスクワットや腕立てで発散)

そして思うわけです。

「コナミのせいで負けた」と。

以前もそういうことはありましたが、今作は異様に多いのです。「どうしようもなかった」と思えるようなシーンが。

簡単にいえば、選手が八百長をしているかのように、目の前にボールがあるのに動かないのです。ガクガクっとなって目の前のボールを取りに行きませんし、カーソルチェンジもできません。

さらにGKへダイレクトでパスをすると、「そのままゴールイン!」したこともありました。

GKにダイレクトにボールを戻すと、「急に不自然な動きをして」ボールがゴールに吸い込まれるのです。

「これはあれかな。何か特殊な課金システムがあって、”相手のGKを買収”というオプションがあるんですか?」と思いました。そうじゃないと説明がつかないのです。さらにゴールが入ると、一丁前に「あーくそっ!」みたいな演技をします。これが余計腹立ちます。

妙なところがリアルなのです。

後半の最後のほうに足をツッたり。チェンバレンとかめちゃくちゃ足ツリますからね。

あれはいいのでしょうか。ケガをしている選手をバカにしているような印象を与えてしまいますよ。比率的に黒人系の選手が足がツリやすい印象なのですが、これっていいんですかね。

「黒人系の選手は体調管理ができない」というような間違った印象を与えているのではないでしょうか。

ゲームの世界ではガッチガチのリベラルになるので、コナミは随分攻めてるなぁと思うわけです。何か人種によってある性質を持っていると偏った危険な思想があるのではと強い懸念を・・・と文句がつけれるので、今の時代は気をつけましょうねという話です。

実際にサッカーの試合を見てる人なら分かると思いますが、試合中に足をツルのは「勝っているチームの選手」のほうが多いです。

どういうことかと言うと、勝っているチームの選手が時間を稼ぐために試合終了間際に「アーっ!足ツッた!!!イテテ、審判!審判ーーー!!早く来て!こっちこっち!!」となるのです。

そして相手チームの選手が足をツッた振りをしている選手の脚を伸ばしてあげる、コレが一番多いパターンです。さらに試合が始まると、最初の10秒ぐらいは足が痛い振りをして、また直ぐにダッシュをすると。

いやいや、さっきまで足ツッてましたやん、えらい元気に走ってんなと。

要は何が言いたいかと言えば、「大規模な修正が必要」ということです。

【次の記事も読まれています】

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大