プレミアリーグを見るならDAZN(ダゾーン)一択になってしまった

2019からのプレミアリーグはDAZN(ダゾーン)が独占放送になります。サッカー好きがダゾーンと聞くと「Jリーグに強い」という印象が強いですよね。しかし2019からは「プレミアにも強い」ということになります。

私は「人生はプレミアのサッカーさえ見れれば良い」と考えているぐらいプレミア好きなので、ダゾーンに加入しました。

ただアザールと久保くんがレアルに行ったので、WOWOWOも気になるところです。ダゾーンは2019もリーガを配信するのでしょうか。どうやらリーガもそれなりに放送する様子です。

ダゾーン

JSPORTSが徐々にダメになっていった

3シーズンぐらい前までは、プレミアを見るならJSPORTSだけでも十分でした。しかし2シーズンぐらい前から

「改悪」が徐々に進んできた印象です。サッカー(プレミア)だけでなく、ラグビーやフットサルなど幅広いスポーツを放送するようになっていきました。

いやいや、「ダーツなんて見んねん」と思っているのは私だけではないはず

ただ何となく、契約を変更するのもめんどくさかったのでそのままにしていました。それでも「解説陣」に関して言えばJSPORTSが一番、自分と合ってます。(戸田・粕谷・柱谷とか)

そのため惰性で来シーズンもJSPORTSでも良いかと考えていたところ、「コパ・アメリカ」をダゾーンが放送すると知り、初めてダゾーンに加入しました。

加入すると分かるダゾーンの良さ

ダゾーンに入ると、まずは「直感的に使いやすい」と感じました。何も考えなくても、見たい番組が見れるような作りになっています。

さらに「見逃し配信」もあり、ライブで見れなかったとしても、直ぐに見逃した試合をチェックすることができます。

また「重要じゃない試合は解説がない」のも良いです。コパ・アメリカでは「エクアドル対ウルグアイ」などは実況だけがしゃべっています。余計な解説がないのも良いと感じました。個人的には「英語の実況があればもっと良い」と感じています。

海外の実況の場合、「ほとんど名前しか言わない」ので試合に集中できるのです。日本の実況は「ラジオのようにめっちゃ喋る」ので「うっせーな」と音を消して見ることもあります。

ダゾーンで実況・解説をしているのも、基本的にはJSPORTSと同じメンツです。この辺りもすんなり入れるので良いですよね。

しかもダゾーンの実況・解説は「基本的にはJSPORTSと一緒」です。なかなかやりますよね・・・。笑っていいともの出演陣を全員引き連れてヒルナンデスを放送するみたいな感じです。

ダゾーンのデメリットは

ダゾーンのデメリットは「画質のキレイさ」ぐらいだと思います。衛星放送をテレビ画面で見るほうが当然ながら画質はキレイです。

ただそこまで神経質にならなければほとんど気になりません。

料金も1750円(税抜)/月なので安いです。

正直、プレミアかJリーグが好きな人はダゾーンで十分かと思われます。あとアメフトやメジャーリーグも放送しています。アメフトはたまに見ると面白いですよね。

まとめ

2019からプレミアはダゾーン独占放送になります。全試合なので「サウサンプトン対ニューカッスル」などマイナーな日本人対決も見れます。(吉田と武藤)

アザールがレアルに行ってしまい、少しプレミアの求心力は落ちていますが、今後は新しいビッグネームがプレミアに来るかもしれません。

これはJリーグにも言えますよね。久保くんがレアルに移籍するのでJリーグの価値は少し下がっていますが、オリンピック世代のニュースターが出る可能性も十分考えられます。

プレミアかJリーグが好きな人は、取り合えずダゾーンを加入しておけば十分だと感じました。

DAZNは年間10,000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大