スポンサーリンク

コメデターの意味|なりやすい人の特徴

apexを発祥とした新しいゲーム言葉「コメデター」。apexでは頻繁に使われている言葉ですが、現在では他のゲームでも使われるようになってきました。

配信者からすると、「ウザ過ぎ。何も言わずクレカ限度額まで投げ銭だけしてろよカスが」となり、コメデター側からすると「出来てないないプレイを指摘してあげてるのに、BANはひどい。別アカでもっと指摘しよう!」となります。

一見したところゲーム配信では邪魔者と思われているコメデターですが、誰しもコメデターになる要素は持っています。コメデターの意味とコメデターになりやすい人を考察します。
コメデター
引用:エーペックスレジェント公式HP

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメデターとは

コメデターとは、「コメントだけプレデターのように振る舞う人」のことを言います。要は「下手なのに、上手い人の振りをしてコメントをする人」のことです。ちなみに「プレデター」とは、ゲーム「Apex Legends」で一番上のランク帯のことを言い、全体の0.2%から1%ぐらいの人しかなれません

例えば、Apexの配信をしているプレデターの人に、「うーん、ちょっと射線管理が甘いかな、あと、頭出しのタイミングがばればれ」などと、コメントをします。

すると、他の視聴者から「出たコメデター!www」とか「凄いですね、ランクは何ですか?ブロンズ?」と煽られます。

また、現在ではapexとは別ゲームでも使用されています。徐々に「コメデター」は市民権を得てきています。

また、これはYouTubeなどで配信している人は、そのジャンルで上手い人が配信しているケースが多いです。そのため、プレイに関して何かコメントをすると、「コメデターと言われやすい土壌」があります。

いわゆる、「善意のコメデター」が多いのも特徴と言えます。

スポンサーリンク

コメデターになりやすい人の特徴

コメデターになりやすい人は、「APEXやその配信者が好き過ぎる」特徴があります。「言わずにはいられない」のです。

なかには、「ここは煽ってやろう」と根っからの煽り人もいますが、大半は「善意からくるコメデター」なのです。

その配信者やゲームのことが好きで、「食い入るように画面を見つめて」います。そして、ちょっとした気づきがあると、脊髄反射的にタタタタタン!と高速タイピングをしてコメデターとなってしまいます。

そのため、コメデターになりやすい人は「apexやその配信者のファン」とも言えます。

私もゲーム実況でapex・フォートナイト・ウイイレの配信を見るのは好きですが、今まで一度もコメントをしたことがありません。恐らく、90%ぐらいの人が、私と同じような感じではないでしょうか。

Notコメデターの人は「コメントをするほど、思い入れを持ってその配信を見ていない」のです。仕事や作業をするときの、ながらゲーム配信ウォッチをしている感覚です。

コメデターは「配信を食い入るように見ている人」です。そのため、「コアなファンになりやすい人」とも言えます。

スポンサーリンク

コメデターに反応しすぎるコメデター警察にも問題あり

コメデターは、「非常にパッションを持って、その配信を見ている人」です。また、コメデターを見ると、「出たコメデターww」と直ぐに言う人もいますが、その人もコメデターと同等のパッションを持っています。

コメデターに対して「異常に厳しい人」は、コメデターと表裏一体です。コメデター警察になりやすい人は、例えば配信者がゲームで失敗をしたときに「コメデターを自分から探しに行っている傾向」があります。

他にも多くのコメントがあるのに、いち早くコメデターに反応するのもパッションがあって良いのですが、やり過ぎるとそれが癖になるので注意が必要です。こういった現象は、「他の分野にも応用が可能」なので、直ぐに「〇〇警察」になってしまいます。

ただし、全員が私のように、「まぁまぁ、そんな目バキバキにして配信なんて見なくても別にいいじゃん、カモンメーン!(※1)」となると、それはそれで面白くありません。やっぱり定期的にコメデターが出てきて、そのコメデターに対してコメントがあるほうが活気があって面白いです。

何事もほどほどにしてゲーム楽しもうぜ、といった感じでしょうか。

(※1カモンメーンの言い方参考動画)

タイトルとURLをコピーしました