仕事が暇な時の対処法|勉強とネットサーフィンができない時

スポンサーリンク

仕事が暇な時、時計ばかり見て、「えっ!まだ5分しか進んでないの!?それはウソやん!」という人も多いのではないでしょうか。

「そこにいるのが仕事」という感じになり「え?この時間なんなん?」と。

この記事では、仕事が暇なときに実践してほしいことを一つだけでご紹介します。手ぶらで、誰でも、どこでもできる対処法です。もう仕事の暇なんて怖くない。
眠そうにしているネコ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が暇なのは良いこと?悪いこと?

まず、大前提として「仕事が暇なのは良いのか悪いのか」考えてみましょう。

答えは「良いこと」です。

これは間違いありません。極論として考えると、忙しいよりも暇なほうが、普通の会社員にとっては良いです。

「仕事が暇だなぁ」と感じている人は、「世の中には信じられないぐらい忙しい人もいる」というのを噛みしめたほうが良いです。朝の7時ぐらいから、ほぼノンストップで21時ぐらいまで働く人も世の中にはいます。

仕事から帰ったら「ほぼ寝るだけ」で、次の日の朝も早い。そして休日になっても、仕事内容の確認の電話やメールのチェックがガンガンくる。もちろん残業手当なんて出ない。こんな生活を20年近く続けないと出世競争に敗れる人もいるのです。

それに比べたら、「私は何もせずに座っているだけで、お金がもらえるのはラッキーだ」とまずは強く認識しましょう

「暇だけど、お金がもらえる」というのは、ある人にとっては「非常に羨ましいこと」なのです。

そのため、現在「あぁ暇。本当に暇。私の人生はこうやって、時間が過ぎるのを待つだけなのだろうか・・・」と、嘆き悲しむ必要はありません。むしろ、「私の人生はついてる」と考えたほうが良いぐらいです。

それに、仮に「望み通り忙しい仕事に就いたときに『よしっ!きょうも朝の7時から夜の22時までノンストップか。クククっ・・・腕がなるぜ!』」となるとは考えにくいです。

おそらく、「はぁ、前の暇な感じのほうが良かった。残業手当もつかへんし、転職しよ」となります。

スポンサーリンク

仕事が暇な時に勉強してスキルアップは無理だと思う

仕事が暇な時に、「よし!勉強してスキルアップすんで!」という人もいるかと思います。

その心意気は良いのですが、正直、仕事が暇な時に勉強して取れる難易度の資格は、そこまで意味があるとは思えません。

また、いくら暇とは言え「さすがに仕事中」です。

その時に「プライベートなことをする」のは、厳密にいえば、ちょっとまずい状況です。さらに「周りにバレるかビクビクしながら勉強する」のも精神衛生上よろしくありません。

周りに誰もいない状態で、「過去問をガンガンに解ける状態」ならスキルアップのために勉強をするのもアリだと思いますが、なかなかそんな状況はないと思います。

そのため、仕事の暇な時間に「ちょっと参考書を見る」ぐらいの勉強は「逆に勉強をしたと錯覚する可能性もある」ので、本気で資格を目指している人にはおすすめしません。

やっぱり勉強するときは、集中してやったほうが身に着きます。

スポンサーリンク

仕事が暇なときの「たった1つの」対処法

仕事が暇なときの対処法は「瞑想をする」ということです。

瞑想を実施した生徒たちのほうが社会的な行動特性が24%高く見られ、攻撃性が24%低くなっていました。認知コントロール力、感情コントロール力、プラス思考、思いやり、ストレスレベルなど、すべてにおいて優れた数値が出ていたんです。
それだけじゃなくて、瞑想にはうつ病や不眠、不安などを緩和する効果もあるんですよ。
引用:医学博士が語る「瞑想」の驚くべき効果。オススメのやり方や時間についても教えてもらった(新R25)

マインドフルネス・座禅・ヨガをするとも言えます。

簡単に言えば「深呼吸をしましょう」ということです。

仕事が暇な時に、「仕事が暇やでしかし!」とイライラしていては、精神的に悪いです。そして、いくら仕事が暇とは言え、「参考書を開いたり、YouTubeで宇多田ヒカルを聴いたり」できない場合も多いです。

こういうときに、「周りにもバレずにできること」と言えば、「呼吸」しかありません

息を吐くことに集中して、ゆっくりと深呼吸をすると、「集中モード」になります

仕事が暇で「ストレスを感じている」ときは、呼吸が浅くなりがちです。呼吸が浅くなると、自律神経が乱れてリラックスすることができません。

腹式呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下運動します。この横隔膜に自律神経が密集しているため、吐く息を意識的にゆっくりとすればするほど、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、リラックしていきます。
引用:自律神経、呼吸法で調整(大和薬品株式会社)

仕事でお金をもらいながら、自律神経まで整えられる。これは、とても素晴らしいことだと思います。また自律神経を整えているので、何か突発的に指示がきたとしても、整えられた自律神経により「仕事ですが・・・私に?いいでしょう、そこまで言うなら直ぐに取りかかりますよ!本当はそれぐらいの仕事は自分でやってほしいところですが!」とやる気のある状態で仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

瞑想やマインドフルネスは、人によっては、お金を支払ってする人もいるので、仕事中に瞑想ができる環境にある人は、恵まれていると言わざるを得ません

スポンサーリンク

おわりに

仕事が暇なときに、「私は仕事がしたいんだ!」とパワーが有り余っている人は、「今はその時じゃない」のでしょう。今は仕事が暇でも、「そのまま一生暇」な訳はありません。

いつか忙しい時は来ます。

そのときにパワーを出せるように、「今はパワーを充電しておく」時期なのかもしれません。仕事が暇だったら、「暇すぎる・・・辛い」となるのではなく、「めちゃくちゃラッキーやん!」とポジティブに考えたほうが良いです。そして、ゆっくりと深呼吸をして、自律神経を整えてリラックスをして、退社の時間になったら直ぐにタイムカードを押して帰宅しましょう。

【次の記事も読まれています】

タイトルとURLをコピーしました