信用できない上司の特徴「何でも俺に言ってくれ!」

信用できない上司の共通点


出典:niekverlaan(pixabay)

社会人になると、本当に理不尽なことが多いです。自分のしている仕事が正しく評価されていないと感じたり、知らない間に責任を押しつけられていたりとします。

または、失敗することもあるでしょう。そういった時は自分の「上司」による決定は大きいです。その上司からの指示を受けていたのに「はしごを外されたり」します。みなさんも結構経験はあるのではないでしょうか。

いや、あんたがヤレって言ってましたやん」と。

しかし、日本人はサムライが多いので「グヌヌ・・・」と何も言わずに、それを受け入れてしまいがちです。ただ、できればこういう上司には当たりたくありません。

親と上司というのは自分で選ぶことが出来ません。与えられた上司と共に仕事をしていかなければなりません。ふと周りを見渡してみると、「信用できない上司」というのは、共通点がある場合が多いです。

大きな共通点として2つ挙げます。ぜひ、みなさんも参考にしてみて下さい。そして、そういった上司からのダメージを最小限にしましょう。

新人に「困った事があったら何でも言ってくれ!」と言う上司

私が真っ先に浮かべるのがこの「悩み事は俺に相談してくれ!」と新人に言う上司です。若い新人の社会人などはこう言われると「あぁ、この人は信用できそうだ!」と感じると思いますが、こういうエセ兄貴肌の上司は「ほぼ責任を取ってくれない」ことは請け合いです。

大体、このエセ兄貴肌な人は「自分への責任が及ばない」場合は助けてくれます。しかし、少しでも自分に責任がありそうなことになると、「それはキミの問題だよ」と全く取り繕ってくれないのです。

ドラマや映画などでも、最初にこういうセリフを言う人は裏切っていくのが常です。

そして、肝心なのが「新人に」というところです。これが何年も一緒に働いてきた上司から「困った事があったら何でも言ってこい」と言われるのとは重みが違います。たぶん、その長らく一緒に働いてきた上司は本心からそう言っています。

新人に言うことによって、エセ兄貴肌は「自分の派閥」みたいなものを作ろうとしている場合が多いです。ただ、ほとんどは途中で「信用できない上司」と気づかれて新人は離れていきます。大学でも新入生は宗教や変な先輩に狙われやすいのと一緒です。

第一印象が良すぎる上司

一見したところ、社会人としては必要なスキルではないかと思うのですが、「同じ職場で働く」となると少し事情は違ってきます。こういった人は「サイコパス」っぽい印象を受けます。

取引先や、年に一回程度会うのなら良いのですが「一緒に働く上司」という意味では信用できません。表と裏の顔の違いが凄いのです。長く一緒にいると、本当に二重人格じゃないのか?と疑ってしまうほどです。

それに「嘘」をつくことを「息をするのと同じように」することが出来ます。普通に言っているので、それを見抜くことは非常に困難です。

なので、第一印象が必要以上に良すぎる人も信用なりません。

まとめ

以上、二つの信用できない人の特徴を書きましたが、特に一つ目の「俺になんでも相談しろ」と新人に言う上司は「要注意」です。かなりの確率で「信用できない上司」である可能性は高いです。

そういった人の対処法としては「出来るだけ近づかない」ということしか方法はありません。上司なので、自分で選ぶことは出来ません。それに、仕事上、「出来るだけ近づかない」というのも限界があるので、つかず離れずの距離感で接するしかないです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大