出世できない人の特徴5つ

出世できない人の共通点

サラリーマンをしていると、避けられないある問題がついてきます。それは人によっては「人生を左右する」ほど大きな問題であったり、またある人にとっては「そこまで重要ではない」場合があります。

その問題とは、「出世」です。普通にサラリーマンをしている限り、避けて通れるものではありません。

サラリーマン漫画の金字塔「島耕作」でも、その年代ごとの出世の様子が描かれています。

島耕作のように、全員がトントンと社長・会長にまでなれるわけではありません。また、島耕作のように女性にモテません。作者がそもそも男前です。

むしろ、サラリーマンのほとんどが社長や会長、または役員にはなれないでしょう。特に大企業の場合だと、自分と同じような能力の人との出世競争があります。若手の時代は前後3年ほどがライバルで、それだけでもし烈です。管理職になると、それよりもさらに厳しい競争が待っています。それでも、トントンと出世する人と「いつまでたっても現場にいる」という人とに分かれます。

それでは出世する人と出世しない人では、どのような違い、又は共通点があるのでしょうか。

さらには、結婚している奥さまにとっても、「出世しない旦那」にやきもきしているかもしれません。なぜなら良くも悪くも「旦那の出世=自分の立ち位置」となる場合も多いからです。

出世すると思って結婚したのに、全然出世の見込みがない男をつかまえてしまい、「全然出世しねーなコイツ」と思ってしまうのは無理はありません。ただ、男の出世には奥様の協力も不可欠でしょう、特に残業とか。

ざっくりと出世しない人の特徴を5つに分類してみました。

  • そもそも能力がない
  • 定時になると真っ先に帰る
  • 上司に嫌われている
  • 責任感・正義感が強すぎる
  • 運がない

一つずつ考察します。

①そもそも能力がない

これは、そもそも論なのですが「能力」の問題です。いくら本人にやる気があっても、できないことは出来ないのです。ニワトリは空を飛べません。軽自動車でベンツには勝てません。

平社員のときと、役職が上がった時とでは、求められるものが違ってきます。管理職になると、自分ひとりだけではどうしようもないことが多いです。ある一定のところまでは、上司が引っ張り上げてくれるときがありますが、そこから上の役職になるときには、「能力」がなければ務まりません。


出典:geralt(pixabay)

実はこれ、その出世する人にとっても不幸なことで、いざやってみると全然できないのです。そして、短期間で次の人に交代させられるでしょう。周りからも「管理できない奴」というレッテルを貼られてしまいます。

当然ですが、そもそも能力がない人はある程度以上は出世できません。

次の要点からは「能力がある」のに出世しない人の特徴になります。

②定時に真っ先に帰る


出典:skeeze(pixabay)

今はブラック企業とかなんとか言われています。誰しも「朝の9時に出社して、17時に帰りたい」と思っています。しかし、それでは出世はできないでしょう。アメリカの海外ドラマを見ていても普通に残業しまくっています。

いくら合理的に、仕事を終わらせてもダメでしょう。おそらく、周りには「残業が大好き」という人種もいるのです。よほど家に帰りたくないのか「休みって何?」という人もいます。

今の日本の風土からいうと、「誰よりも早く会社に来て、誰よりも後に帰る」人が出世しやすいです。当然ながらその際のタイムカードは「朝の9時と17時に押す」ということが前提です。残りの時間は「ボランティア」なのです。

つまり、その仕事自体が「対価として金銭を求めていない。やりがいだけで仕事をしている」ということです。

こういった姿勢は「経営する側」から見ると、とても好感が持てます。なぜなら、その経営する側も「休みなく働いている」からです。

むしろ、経営側からすると朝の9時から17時だけでは「短い」というのが正直な印象だと思います。

こういった考え方は一般の人からすると少し違和感がある考え方ですが、実際に出世している人を見ると「残業とかは気にしていない」と言う人が多いです。役員になるまでは、ずーっとそういう生活をしないと厳しいです。

残業がどうしても気になるようなら、そこそこの出世で終わると思います。まさに「月月火水木金金」ぐらいの勢いです。

「休みって何ですか?」ぐらいのワーカホリックでないと出世は見込めません。なぜなら、そういう人がいるからです。

③上司に嫌われている

もしかすると、サラリーマンの宿命で一番大きな問題とは、「上司」であることが大きいかもしれません。その本人には、「そこまで実力がない」場合でも「出世する上司」が近くにいると「自分も一緒に引っ張っていってもらえる」可能性があるからです。

周りにいませんか?

上司にごまをすりまくって何故か出世している奴が。

逆に、どんどん出世していく上司に目をつけられていると、ほとんど出世の見込みはないと思います。なんだかんだと理由付けをされて、ある一定のポジションから上にあがれません。

出世をするときの評価もコンピューターに数値だけが入力されて、その数値に基づいて人事が行われているわけではありません。

人間関係というのが大きなウエイトを占めていると感じます。

出世したいとあまり思わない20代30代サラリーマン最近、こういった出世欲にしても二極化が進んでいるように感じます。それは意識高い系と言われる「上、人間は常に上を目指さないといけないよ」という人と、さとり世代と言われる人たちに多いであろう「別

④責任感・正義感が強すぎる

真面目な人に多いのがこのタイプです。何かのミスがあった時に、「責任回避」ができない。

逆に押しつけられてしまう可能性があるのです。出世するための必要な要素として

「失敗の責任を取らない」というのはとても重要です。

何かのミスがあったときに

「俺はちゃんと言ったよ!あいつ何やってんだよ!!」と大声で言える人でないとなかなか出世は厳しいと感じます。

人間なので、仕事をしていると小さなミスや大きなミスを必ずします。

その時に「え?このミスの責任は誰?」というのが絶対にあります。

この犯人捜しのときに、「どっからどう見てもその人のミス」を出世する管理職の人はしないです。必ずどこかに保険を掛けています。

これが正義感の強い人だと「自分のミスです」と高倉健のように認めてしまいます。こういう時、現実は甘くありません。あ、キミの責任ね、と評価が下がります。

出世をする人は「限りなく黒に近いグレー」でも、必死に責任回避をします。違うんだ、自分に責任はない、と。

⑤運がない

サラリーマンの出世をする最も大事な要素かもしれません。

運がないと、どうにもならないのです。実力も同じような人たちと出世競争をしている大企業の場合は特にそうです。

正直なところ、「誰が出世してもおかしくない」と状態だと、後は完全に運です。

例えば、大企業の息子だったり大物政治家の息子だったりが大企業や役所ではある程度出世していきます。そういうのを見たりするともう「どこの家に生まれたか」や「偶然、仲の良い上司が出世した」ということが出世には大事なことだと気づきます。ここまで考えると「もはや自分ではどうすることも出来ない」ので、人事を尽くして天命を待つ、ことしかありません。

なので、ある一定のところから上の出世については「運」に寄るところが大きいので、そういうものだと思って諦めるしかなさそうです。

以上が出世しない人の特徴5つです。いかがでしたでしょうか、出世だけがサラリーマンの全てではありませんが、サラリーマンにとって避けては通れないものでもあります。それぞれの人が「出世」というものに対して異なった考えを認めつつ、働くことが出来るのが理想だと感じます。

会議がだらだらと長い要因は何か出典:Pexels(pixabay)会議というのは、その目的は会社の「利益を最大化するためのもの」である。会議のための会議、になってはならない。利益を増やすには、売り上げを伸ばすか費用を削減するしかない。短期的
スポンサーリンク
レクタングル大