腹黒い人の特徴~気づいた時には騙されてる~

「腹黒い人」は、一見すると「良い人そう」に見えますよね。

ただ、「腹の中はブラックホールのような漆黒」。油断すると、しっかりと吸い込まれます。

この人、ひょっとしたら腹黒いんじゃないか・・・と気づいたときには、時すでに遅し。腹黒い人の特徴と対策です。
腹黒い人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹黒い人を「直ぐに見分ける」のは不可能

まず、腹黒い人を初対面で「一目見た瞬間に見分ける」のは不可能です。「何か引っかかる」ぐらいではないでしょうか。奥歯に何か詰まった、いやーな違和感。

もし「相手の内面まで一瞬で分かる人」は、特殊な能力の持ち主です。

コナン君でも犯人が分かるまでには、テレビ放送で30分はかかります。

そのため、「あっこの人は腹黒い!」と気づいた時は「時すでに遅し」となっている場合がほとんどです。パッと見た印象や表情、立ち振る舞いからは腹黒いことは分かりにくいです。

ただし、腹黒い人でも「何らかの共通点・特徴」はありますよね。腹黒い人特有の「いやらしさ・狡猾さ」が出るときはあります。そこをしっかりと見極めるのが重要です。

スポンサーリンク

腹黒い人の特徴とは

自分以外はどうでもいい

腹黒い人は、「何よりも自分が一番」というのが一番大きな特徴です。自分の「利益」や「損になること」に非常に敏感。

ちょっとでも自分の利益があることは、「守銭奴」のようにガメつく利益を取りに行き、1ミリでも損があると思ったら「スパッと切り捨て」ます。

ただ腹黒い人も、24時間ずっと腹黒いわけではありません。「自分とは関係のない話題」や「自分にとって少しでも利益がある仕事」のときは、にこやかに対応します。

また初対面の人とも仲良くでき、調子良くさまざまな人と話しを合わせることが可能。

そのため、知り合って間もないころは「この人良い人じゃん。話が合う」と感じます。

ただ「腹黒い人の責任問題」になると、急に腹黒い部分が出てきます。店ののれんを「やってる?」と開けるような感覚で、自然に出てくるのです。

人間なら誰しも、「責任を取りたくない」と感じます。ただ、そういうときは「えー、いや、あの、それは・・・」などと、しどろもどろになります。

罪悪感や羞恥心などが出てきて、「自分の腹黒い部分を制御」します。いや本当は腹黒い人のように対処したいけど、無意識に「制御してしまう」と言ったほうが正確かもしれません。

こういう「普通の人の逡巡」が、腹黒い人にはありません。

もう即答します。

「私は知りません。〇〇さんじゃないんですか?」(※本当は自分の責任なのに)

人の本性は、「追い込まれたとき」に出てきます。腹黒い人は、「その本性が出てくるラインが低い」のです。

「絶対に、自分は損したくない」と腹の中で考えているので、ちょっとしたことでも直ぐに本性が出てきます。

「損得勘定が銀行よりも厳しい」ので、自分に利益がないと分かった時点で、相手への態度が変わります。「昨日まであんなに仲良さそうだったのに・・・」と驚きます。

そのため、腹黒い人を見分ける方法としては、「腹黒い部分が出そうな情報を伝える」のが効果的。

例えば、腹黒そうな女性と食事をしている最中に「いや、実は俺会社で左遷されたんだよね」と言ってみてください。すると普通は「大変ですね。でも大丈夫ですよ!」などとなりますが、腹黒い女性は「あっ、そうなんですか・・・。そうだ、今日は早く帰らないと・・・あっごちそうさまでーす」とそそくさと帰りだします。

男でも同じです。特に会社で「出世競争に敗れた人に信じられないぐらい冷たく接する」のです。もうあなたは眼中にありませんよ、という感じで振る舞います。

上に媚びて下には厳しい

腹黒い人は、自分よりも「上の人には、しっかりと媚び」ていきます。そこには迷いはありません。声のトーンは2オクターブ高くなり、顔には愛想笑いを浮かべています。

その反面、自分よりも「下の人には、しっかり冷めた態度」を取ります。「え?私になにか用ですか?」みたいに冷めた対応で、嘲笑的な笑みを浮かべます。「あれ、まだ身分制の世の中だっけ」と思わずアイフォーンでカレンダーを確かめたくなるぐらいです。

この2面性があるので、「腹黒い」と言われるようになります。

誰でも上には媚びて、下には厳しいことがありますが、「その高低差がエグイ」のです。しかも切り替えも早い。

そのため腹黒い人は、「後輩から慕われない」という特徴もあります。特に長い期間同じ場所にいる職場などでは、その傾向が強く出てきます。

スポンサーリンク

腹黒い人が身近にいるときの対策

腹黒い人が身近にいる場合、「どうすれば打ち勝つことができるのだろう」と考えますよね。

「利用されたくない!」と。

ただ、腹黒い人は基本的に「勝手に自滅していくパターンがほとんど」。こちらはコーラを片手にハンバーガーを食べているだけで十分。確かに腹黒い人は、「短期的な場所」なら非常に有能です。

ペラペラと思ってないことを話したり、「取り繕う」のが上手です。

しかし「ずっと同じ職場にいるような長期的な場所」では、そうそう上手くいきません。

「必ず」ボロが出ます。特に腹黒い人は、「妥協して誰かと協調するのが苦手」なので、誰かと意見が衝突します。そして誰かと衝突すると、「バチバチの関係」になります。

「口も利けないレベル」まで衝突します。腹黒い人は、「謝ったら負け」という厳しいルールを勝手に自分に課しているので、「謝らない」のです。

また、腹黒い人は「そこそこの出世で終わる」パターンが多いです。腹黒い考えは「人を惹きつけない」ので、管理する仕事にも向いていません。また上司からも、「あいつは何を考えてるか分からん。いや後ろから刺される可能性もある」と警戒されます。

そして腹黒い人ほど、相手を信用していません。「相手も自分と同じような腹黒いことを考えているだろう」と自分の物差しで測ろうとします。このような考え方を長い期間続けていると、「50代を超えたぐらいで一気に嫌らしさが顔に出てくる」のです。

老人になると「今までの生きざまが顔に出る」のは有名。悪い政治家の顔を思い浮かべてみてください。「見るからに悪そうな顔」してませんか。

現在、腹黒い人が身近にいて「なんだか怖いなー、やだなー」と感じている人は、「どうせコイツは将来悪い政治家見たいな顔になって、生涯ずっと損得勘定だけを考えてせこせこと生きていくんだろう」と心の中で思うと気持ちがラクになります。

タイトルとURLをコピーしました