ウイイレのフォーメーションおすすめ2019

ウイニングイレブン2019のオンライン対戦でおすすめフォーメーション

4-3-3


ウイイレの基本的なフォーションは4-3-3に変わりつつあります。5年ぐらい前までは4-2-3-1が多かったですが、現在では「前の3人で攻撃は十分じゃね?」的なことと、「足の速い選手が増えた」のは間違いありません。昔はロべカルをトップで使ってました。つまり、今は前の3人だけでも十分に攻撃を完結できることができる選手がそろっています。

4-3-3だと、サイドから攻撃をするときもサイドバックの上がりを待たずにそのまま前の選手だけで攻撃を完結させることができます。逆にサイドバックが上がってくると「そこを狙われる」ことが多いため、ウイングの選手だけで攻撃を終わらせることが重要です。

特に、守備に重点を置きたいときや「格上」と対戦するときはサイドバックに「ディフェンシブ」を設定するか、そもそも4CBにすると、「サイドがガラガラ」になることは避けれます。ただし、現代サッカーではサイドバックが攻撃の起点になるなど、非常に重要な役割を果たしているので「ゲームっぽい」戦い方になります。ウイイレはゲームだけど。

さらに、AIが優秀になってきているので、DFラインがスライドしてカバーするようになっています。そのため「そこまでカウンターを怖がることもない」です。マルセロなど、サイドバックに攻撃的な選手がいるときは、人数をかけてサイドを崩すことでチャンスが増えるのは間違いありません。ただ、「両サイドとも攻撃的」だと少しキツイので、どちらかにはディフェンシブをつけるか、守備的な選手を置いたりバランスが大切です。後は時間帯によって「あえてサイドバックを使う時間帯」など、自分のなかで決めてみると、攻撃のバリエーションが多くなります。

そして、4-3-3だと「バランスが良い」ことは間違いないです。2トップと比べても、単純に「前に3枚残っている」ので、相手のDFが4枚残っていたとしても「なんとかなる」ことが多いです。これが2トップだとワンツーしかできないのでちょっとキツイです。

あとは、中盤3枚のポジション、特にボランチの位置の選手は「少し後ろ」に設定したほうが、さらに守備は安定します。少し後ろに設定していると、相手の3トップの真ん中にいる選手に「勝手についていく」ことが結構あります。AIの設定で、自分の周辺何メートルかにいる敵(一番最初に近づいてきた)には「ある程度ついていく」といった設定がされているのか、攻撃の選手に対して、スーッとついていきます。そのため、ボランチの元々のポジションを少し後ろにすることで、より相手のトップの選手にボランチの選手がついていきやすくなります。

ボランチを少し下げることで、カウンターをされるときに「DFラインの前に1枚残っている」ことになります。そしてボランチにカーソルを合わせて守備をすることができるので、DFラインを崩すことなく「守備がやりやすく」なります。

そして、中盤の残りの2枚は、逆三角形の場合、やっぱりこれも少し後ろ目にするとより守備は安定します。ただ「トップとの距離が空いてしまう」ので、この辺りのバランスは好みの問題が大きいです。トップ下に1人欲しいとか、ボランチ2枚欲しいとか。格上と試合をするときは、断然「ボランチ2枚」をおすすめします。今のところまだクロスゲーではないので、「中を固められる」とやっぱり攻めにくいです。

ただ、クロスをするときも「相手のペナルティーエリアの深くまで入る」と普通に上げても、グラウンダーでも適当に上げると入ります。

そして、守備意識を一つ入れると、相手からすれば「ガチガチやんけ!」となります。この守備意識を入れるのも結構有効だと思います。デブライネの彼女と浮気をしたことでおなじみのクルトワもワールドカップの試合が終わっときに、ドン引きしたフランスにキレてましたからね。そのため、もし相手がこちらの守備意識を下げたことに怒っていても、「同じチームメイトの彼女と浮気をするクルトワレベルの奴」と思えばなんとも感じません。浮気する暇があったら低弾道パントキックを覚えとけって話ですよ。

4-4-2


今の時代で4-4-2と言うと、「シメオネ型」の4-4-2です。つまり、中盤はトップ下のいるひし形ではなく、どちらかというと、横に一直線といったイメージです。このフォーメーションだと、普通にすれば「カウンターにはあまり向いていない」フォーメーションです。どちらかといえば、中盤でパスを回しながら、ポゼッションしながら攻撃をするイメージです。ただ、自分に合った「作戦」を付けると少し攻撃しやすくなります。

例えば、中盤の左右どちらかのサイドの選手に「カウンターターゲット」を付けると、変則的な3トップのような形になります。また、「サイドローテーション」を付けると、サイドの中盤でボールを持っていると、トップの選手が「サイドに流れる動き」をします。今回はAIが相手の選手についていくので、「トップの選手が元々いた場所に広大なスペースが生まれる」ことになります。そこに、サイドでネイマールがかわして一気に中に切れ込んで、コンカを決めるという気持ちいいゴールもすることができます。

このように、2トップでも、作戦やポジションの微調整をすることで「ほとんど3トップと変わりない」フォーメーションにできたり、「攻撃意識を高くする」だけで、「2トップの攻めにさ」を解消することができるので、いろいろ試して自分に合った2トップのシステムを作る必要があります。

4-2-3-1


守備的なフォーメーションですが、安定感はあります。特に「後ろに人数が多い」ため、守りやすくはなります。攻めるときは、カウンターというより、中盤でつないでポジションしながら攻めるという感じです。カウンターのときはトップとトップ下の2枚だけで攻めることになります。

そして、守備から攻撃への切り替えのときにパスがつなぎやすいです。3トップの場合だと、どうしても「一気にトップの選手に当てたい」と考えてしまいますが、このフォーメーションだと「確実につないでいこう」という気持ちになります。すると、自陣でボールを奪われることも少なくなり、失点される機会も減ってきます。

このフォーメーションは、3トップなどにしていて「いつも同じ攻め方をして飽きた」ときや、ロナウドなど強力なトップがいるときに有効です。または、「ドリブルが得意」という人の場合、特にサイドでは比較的ボールが良い体勢で持ちやすいので、使いやすいかもしれません。スピードに乗った状態で相手のサイドバックと勝負をすることができます。

ただ正直、このフォーメーションだと「かなり攻めにくい」と思いますが、先制点を取って「守備意識を一つ上げたり」すると、そのまま0失点で勝てるようになると思います。相手からすると、ワントップのフォーメーションに先制点を取られたら「かなり攻めづらい」ので、逆にこちらのカウンターが綺麗に決まります。

まとめ:9月の時点では3トップが使いやすい

ウイイレでは、データが更新されるたびに「ゲーム操作も微妙に変化してくる」ため、今のところは3トップが使いやすいです。(たぶんこれからもずっと)また、基本的には今は4-3-3が主流です。しかも、3トップの真ん中が「9.5番(ST)」のようなポジションを取っている形のフォーメーションが多いです。

この場合だと「ボランチを下げ目」にして、ボランチのマークを「9.5番」の選手につけてもいいかもしれません。相手の攻撃はこの9.5番に当ててから攻めてくることがほとんどなので、そこに自由にくさびのボールを入れさせないのが非常に重要です。

あと「サイドに開くと結構攻めやすい」感覚があります。これは4-3-3でも4-4-2でも言えます。コンセプトアレンジで「ワイドポジショニング」を入れると、中盤かアタッキグサード付近で素早くサイドチェンジをすると、逆サイドでドフリーになることも多いです。また、「勝っているときに」ワイドポジショニングを入れると、余裕を持ったネイマール的ドリブルがしやすいです。随時追記していきます。

【次の記事も読まれています】

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大