ウイイレ2019守備のコツ~キーパーだけが頑張ってる~

ウイイレ2019の守備の仕方について、基本的な方法をお伝えします。3失点以上はザラ、いやいや俺なんて5失点はするぜ、という人も意外と多いのではないでしょうか。特にウイイレを初めたばかりの人は苦戦することもあると思います。

ただ、基本的なことさえ押さえておけば、「そこまで」大崩れすることもなくなります。いつまでもデ・ヘアに頼っていたはダメなのです。それでは、ウイイレ2019の守備のコツについて書いていきます。

ウイイレ2019のゲームスタンド

DFラインをそろえる

とりあえず、まずは「DFラインがガタガタにならないようにする」ということが大切です。今作は、コンピューターのDFが有能なため「ほっといても勝手に取ってくれる」ことが多いです。

初心者の人の場合「カーソルチェンジや□プレスを押すことで余計なことをしている」こともあります。ファンダイクがボランチの辺りまで釣られて出てきたりして、DFラインのマークがずれたり、ファンダイクがいた位置がぽっかり空いてしまうことにつながります。要は「何もしないほうがいい」ことが多いです。

皮肉なものですよね、点を取られないように必死でカーソルを切り替えてDFを動かしているつもりが、逆に点を取られやすいような守備になっているのです。まさに恋愛と一緒です。押しているときはダメで、自分に彼女ができたら、押していた女性から急に「今、何やってる?」などとラインがくるのです。

DFラインをそろえるためには「□プレスを押さない」ということが大前提で、「ボランチの選手になるべくカーソルを合わせる」ことが大切です。

つまり「DFラインはあまりイジらない」ようにします。

特に、相手が3トップの場合、大概、左右どちらかのウイングに当ててきますよね。カウンターでネイマールにボールが渡ったときは、できるだけ2人で挟んでボールを奪いたいところです。そのときに、カーソルを合わせてボールを取り行くのは「ボランチ」です。

ネイマールの前には、味方のサイドバックの選手がいます。このときは「縦に行かれるのは仕方ない」と思いながらボランチで「中を切りながら」ネイマールに突進します。

実際、このときにネイマールがコンピューターのDFを抜くこともあるかもしれませんが、それは「割とドリブルが得意な人だけ」です。実際、そこまでコンピューターのDFが何度も抜かれることはありません。ただ、SBが酒井弘樹などの場合は手動で微調整をする必要があります。(SBで縦を切って、直ぐにボランチにカーソルを切り替えて挟み込む)

今作は今のところ「まだクロスゲーじゃない」ため、ペナルティーエリアから離れたところからのクロスは上げさせても怖くないです。それより、むしろ中に切り返されて、中でごちょごちょされるほうが危険です。

ワンツーで走っている選手には絶対ついていく

次は、初心者の人の場合「ワンツーで走っている選手をフリーにさせている」ことが多いです。攻撃している相手は、ワンツーで走っている選手が裏に抜け出しているかは絶対に見ています。

ここへの対応が甘いと「あぁ、これは勝てるな」と何となく感じるものです。そのため、「DFラインの裏ケア」が重要です。

DFラインの裏ケアをすると、DFラインが崩れますが「それは仕方がない」ことです。DFラインが裏ケアをするために崩れるのは仕方ありません。ダメなのは「DFが前や横につられてDFラインが崩れる」ことです。

前につられるとはそのまんまの意味ですが、「横にDFがつられる」というのは、サイドバックの選手のところまで中のDFがサポートをしにいくことです。これをすると、「中のマークがずれる」のは間違いありません。

とにかく、「ワンツーで走っている選手のDFの裏ケア」は徹底するようにすると、一気に失点は減ることになります。要は「フラスル」でやられにくくなります。

ボールを奪われた後の守備が大事

2019では、パスカットができる回数が増えました。勝手にコンピューターが取ってくれることも多いですよね。特に「相手の横パス」は積極的に狙っていきたいところです。ダイレクトで相手がパスをしているときは、意外とねらい目です。

翼くん、岬くんスタイルのダイレクトのワンツーが「ズレる」ことも結構多いです。

また、特に大事なのが「奪われた直後の守備」です。仮に、自分が相手のゴール前までコネコネしながら攻めていて、相手のゴール前でボールを取られたとします。このとき、相手は3トップのウイングに当ててくることが多いです。

まずはこの「縦への長いボール」を当てさせないようにします。そのためには「カーソルを中盤の選手に合わせる」必要があります。そして、「長い縦パス」を通させないようにコースを切ります。中盤の選手にいかに早くカーソルを合わせてパスコースを切るかが重要で、うまくいけばパスカットもできますし、パスコースを切っていることに気づかれると、相手はクリアするか、横パスをするしかなくなります。

カウンターが一番怖いので、相手に横パスをさせると、それは守備としては成功していることになります。

ドリブルの守備:縦か横かをヤマカンで読む

ドリブルの守備をするときに「縦を切るか横を切るか」悩むときがあると思います。特にサイドの守備でネイマールやムバッペと1対1になったときなど。こういうときは、一か八か「ヤマカンで」はっきりと読むようにします。

こうすることで、いわば「五分五分」で取れるわけです。そこからは心理戦です。さっき中に入ってきたから、たぶん相手ビビッてるから縦行くな、とか。もしくは、馬鹿の一つ覚えみたいにまた切り返してくる、こいつは切り返す、今までのプレイからいってすべてお見通し、分かってます僕はという感覚です。

このように守備の場合は「心理戦の様相」を呈してきます。ただ、ある程度の傾向はつかめると思います。特に「相手が負けてるとき」とか。これはもう人間の心理的に仕方がないんですよ、人間なんて基本的な作りは同じなので、まあほとんど同じような傾向があります。

よく、ユーチューブで昔懐かしの歌の動画へのコメントで「2018に聞いてる人いる?」みたいない訳の分からないコメントをよく見ますが、これは海外でも同じです。「2018?」などとコメントされています。よく分からないコメントがあるのは世界共通ですね。それに対して「グッド」のボタンを押している私もどうかしていますが。

大体、斜め45度になったら中に切り返してきます、負けてるときは。相手からしても恐らく、「読まれてるかも・・・」と思いつつも、「切り返さずにはいられない」のです。このほうが確実に決めるパターンに持ち込めますからね。

カウンターを押さえるって!

ウイイレ2019で一番点を取られやすいのがカウンターです。このとき、相手はダッシュドリブルで近づいてきますが、なるべく相手の攻撃を遅らせるようにします。ボランチが戻ってくる時間を作りたいところです。

どのようにするかと言うと「サイドに追いやる」守備をします。上手くサイドに追いやることができれば、もうカウンターの守備に成功したも同然です。ロングパス1発でDFラインの裏に出されるのが一番マズいです

また随時追記していきます。

【次の記事も読まれています】

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大