結果論はなぜうざいのか⇒「結果が全てでしょ」反論方法とは

スポンサーリンク

結果論がうざいと感じる時ってありますよね

「うーん、いろいろ言ってるけど『結果出てるじゃん』」(ニヤニヤしながら)

このように、頭ごなしに、過程を一切考えることなく「結果至上主義」的な考え方をニヤニヤされながら押し付けられると、「過程にも意味があるんだ!」と言い返したくなりますよね。

こんな時に、「グヌヌ・・・」と半泣きにならないようにうざい結果論への反論を考察します。
結果論を言う人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結果論がうざいと感じるのは「反論できないように思えるから」

結果論がうざいと感じるのは、「結果が出ていて、反論できないように感じるから」ですよね。

ただ、この考えは間違っています。

例えば、高校受験のときに勉強せずに「テスト本番でカンニングばかりして合格」した人と、一生懸命勉強したのに、同じ高校に合格できなかった人がいた場合。

こういうとき、カンニングをして受験に合格した人が、「うーん、勉強?意味あるそれ?コスパ悪くね?結果が全てだから。現に俺、合格してるし」と結果論を振りかざしてきたら、「確かに合格してるしなぁ」と反論できなくなります。

しかし、これはいわば「短期的な結果」です。

カンニングして自分の実力以上の学校に入ったとしても、授業についていけず、学校を卒業できなくなる可能性もあります。

それに「ズルをして成功した」から今後の人生で、何をするときも「努力ができない体質」になるかもしれません。さらに、結果論を振りかざして、自分の友人を意味なく論破しているので、「人生で唯一の友人を失った」可能性もあります。

一方、高校受験で志望校に入れなかった人の場合、その後は勉強して「大学では自分の希望していた学校に入学」できる可能性もあります。

これは何も受験勉強だけでなく、仕事や恋愛などでも同じことが言えます。

「マジで死ぬまで結果は分からない」です。

仕事で中途半端に成功していても、周りには信頼できる人がおらず、家族とも上手くいかず、結局最後は独りになることもあります。

「結果論至上主義」の人は、「いまのこの時点での結果」して見ていません。それも、目に見える分かりやすい結果に飛びつくので、「目に見えない過程」を軽視します。

スポンサーリンク

結果論を言われた時の反論方法

結果論を言われた時に、「直ぐに過程の話をすると」過程派が不利になります

なぜなら、その話し合いをしている時は、結果が出ているためです。そのため、重要なのは「あなたが言っている結果も、長い目で見たら過程の一部なんじゃない?」と結果の期間を変えます。

先ほど例に出したように、私は現在30代半ばですが、「高校受験の結果なんて人生の一つの過程」に過ぎないです。

そのため今「高校受験の結果がすべてでしょ?」と言われても、「いやいや、その後の人生のほうが重要だった」と言えます。

「確かに今は結果が出ているけど、長い目で見たらこの結果も過程だから」と反論します。

「この結果について、いま直ぐに結論を出すのは早いよ。まぁそんなカリカリせずに落ち着いてください。そうですね、3年後ぐらいにもう一度会って答え合わせをしましょう。グッドラックb」でも良いです。

時間を空けると、「過程派が有利」になります。それは、「その時点では結果だったものが、時の流れにより過程に変わるから」です。

また「何に対する結果」なのかをハッキリさせたほうが良いです。

日本代表のサッカーの試合でも「結果がすべてです!」とよく言ってますが、それは「サッカーの試合」に対する結果です。

それはサッカーの試合という一つのイベントではその通りです。しかし同じようなイベント(サッカーの試合以外も)は今後の人生で続いていくので、「私の人生のなかでは今回の結果は一つの過程であり、一つの良い経験です」と言えます。

結果論を言う人の場合は、「範囲が小さいなかでの結果」を話していて、過程を大事にする人は「もっと長い人生という範囲」で話しています

最初から「結果という意味の前提条件」が違っているので、勝ち負けがどうこうという話でもありません。「前提条件のすり合わせ」が大事とも言えます。

スポンサーリンク

おわりに

結果論をニヤニヤしながら言われると、「ウザイ」と思うのは当然です。なぜなら目の前で、確かに結果は出ています。しかし、その結果は「長いスパン」で考えると、一つの過程にしか過ぎません。

中学生の受験の結果や新卒で就職した会社の結果など、そこから10年や20年経つと「ただの過程」です。10年も経つと、コーラ片手に「ふっそういや、俺にもそんな時期があったな」と思うものです。

結果がすべてでしょ!という人は、人生で最期の瞬間、周りに誰もおらず体の痛みに耐えている状況で、「今の状況があなたの人生の結果で、過程は意味がないと言えますか?」ということです。「今までの人生の過程に意味があった」と答えるに違いありません。

そうじゃないと、あまりにも寂しすぎますよね。

【何かを強く思い込む人の特徴とは▼】

思い込みが強い人の心理~人の話を病気レベルで聞かない~
思い込みが強い人の心理。人の話を「病気レベルで聞かない」場合も多く、職場など身近にいたら嫌ですよね。さらに勘違いを指摘されると、「烈火の如く」激しく怒り出します。思い込みが強い人の心理と対処法です。

【結果とか言う前にすべてが中途半端な人▼】

中途半端な人の特徴~何もやり遂げることができない~
中途半端な人は、何かと理由をつけて一つのことを最後までやり遂げません。 「うーんやっぱり合理的に考えたら、別の方法が良い気がする」とコロコロ気持ちが変わります。 直ぐに目移りするので、「結局、何もできていない」状態になります。 ...
タイトルとURLをコピーしました