優柔不断な人の特徴【改善法】~決めた後も悩んでる~

優柔不断な人は、何を決めるのも「どうしようかなぁ、どっちでもいいんだけど・・・でもなぁ」と常にふにゃふにゃしています。

ひどいときは食事でも「うーん、何がいいかなぁ。肉食べたいけど、魚も捨てがたいしなぁ。皆は何食べるの?」と自分が食べたい物さえも優柔不断に。

優柔不断な人は「どっちでもいい」という言葉を、呪文がかけられたように頻繁に使います。何度も「どっちでもいい」と聞かされると、「意見ないんかい!お前はゼロか!ゼロの人間か!」とイライラします。優柔不断な人の特徴と改善方法まで考察します
優柔不断な人

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

優柔不断とは

優柔不断とは、「何も決められない人」という意味で使われます。「優柔」という感じからも分かりますが、「どこかフニャフニャしている」のです。

例えば、旅行先をどこにするか決めるとき。

優柔不断くん「うーん、海外も良いよね。この時期は気候も良いらしいよ」

彼女「じゃあ海外にしよっか」

優柔不断くん「いや、でも国内でも良いかも。温泉とかでゆっくりするのもアリかも」

彼女「じゃあ温泉にする?」

優柔不断くん「まぁ俺はどっちでもいいんだけど・・・」

このように、優柔不断な人は何かを決めるときに「ごにょごにょ言っているだけ」なのです。何か意見のような、独り言のようなことを言い、最後はお決まりのフレーズ「どっちでもいい」で会話が終了します。

優柔不断な人と会話をすると、「結局、この人は何が言いたいんだ?」となります。この時間は何だったんだと。

優柔不断な人の特徴

優柔不断な人の特徴は次の4つです。

  • 協調性があり過ぎる
  • リーダーシップを取りたくない
  • 決定した後も、悩んでる
  • 決定した人を責める

協調性があり過ぎる

優柔不断な人は、バイトや会社の面接で、「長所は協調性があることです」と答えているのではないでしょうか。自分でも「ちょっと優柔不断かもしれない」と気づいています

性格的に「どうしても人と合わせてしまう」のです。自分の意見を言うよりも、「誰かの指示や意見に従っていたほうがラク」な人。

仕事で「自由に何でもやって良いですよ」と言われると、一気にソワソワするタイプ。こういう人は、「ガチガチにルールを決められて、周りの人と一緒に同じ作業をする」のが得意です。

向いている仕事としては、ルート営業や製造業が良いかもしれません。優柔不断な人は、皆で協調して足並みをそろえるほうが「動きやすい」と感じます。

また「自分の意見は本当にどうでもいい」と考えている人もいます。「周り空気が悪くならないほう」に合わせて、「空気第一主義」という感じです。環境派なのかもしれませんね。

このタイプは、「皆との協調性を大事にし過ぎて、逆に変になる」場合が多いです。学生時代までは良いですが、社会人になると、自然と役職が上がるにつれ、「協調性があり過ぎるのは短所になる」場合も多くなってきます。

リーダーシップを取りたくない

優柔不断な人は、「リーダーシップを取る」ことがありません。自分から率先して、「よし、こっちで行こう!」と中心になって行動せず、常に誰かにコバンザメのようについていきます。

リーダーシップとは、言い換えると「責任を取る」と同じ意味です。

特に仕事場で優柔不断な人は、「責任を取りたくないんだなぁこの人は」と見られます。仕事をしていると、「上手くいくかどうかわからない」というケースは多いです。

そんなときに「どっちでもいいんだけど・・・本当に。みんなはどっちがいいの?」と毎回聞いていてはダメです。

ただ優柔不断な人は、「優柔不断な決定をしている」ということに気づいていません。「自分は何も決めてない」と思っていても、周りからは「あの人は決めないという決定を毎回している」と見れます。

決定した後も、悩んでる

優柔不断な人は、「決める前も悩んでいますが、決めた後も悩んでいる」場合が多いです。何かを決定したら、スパッと切り替えて、その決定をやり切れば良いのですが、優柔不断な人はそれができません。

「あのときの判断間違ってたかも・・・」

と、もう戻れない過去に決めたことについても、ふにゃふにゃと悩みブルーハーツを聞き始めます。

ネバーエンド優柔不断状態です。終わりがありません。

自分のなかで、確固とした信念を持って決めた判断ではなく、「何となく決めた判断」なので、後から後悔するパターンに陥りやすいです。

成功したときは良いですが、何かの判断を失敗したときに、「自分で責任感を持って決定していないこと」は後悔しやすいですよね。

つまり優柔不断な人は、「将来後悔しやすい環境を自分で作っている」ので、いつまで経っても「何かに悩んでいる」特徴があります。

決定した人を責める

それではどうして、優柔不断な人は「物事を責任感を持って決められない」のでしょうか。その理由は簡単で

「自分はいつも決定した人の判断を批判的に見ている」からです。

まさに「下衆の勘繰り」状態ですが、「自分が批判的に見ているから、周りも批判的に見ているだろう」と考えて、優柔不断になります。

「何かを決定すると、誰かに批判される」というのを恐れてスパッと決断することができません。

優柔不断な人ほど、「後になって」ぐちぐちと文句を言います。文句の言い方も優柔不断です。

「あの時の決定ですが、私はちょっと拙速だったのではないかと・・・」と結果論だけで批判します。

優柔不断な人は「どっちでもいい」とよく言いますが、それは言い換えると「どっちも悪い」とも取れます。

批判的な思考をしていると、「物事を決定して失敗したときのリスク」まで勝手に妄想して、優柔不断になります。

優柔不断で周りに判断を任せたくせに、文句だけは一丁前に言ってくる輩が、このタイプに該当します。

スポンサーリンク

優柔不断な性格の直し方・改善法

現在、優柔不断な性格で悩んでいる人でも、改善は可能。改善法として、次の3つをお伝えします。

  • 責任ある役職に就く
  • 人との摩擦を恐れない
  • 大雑把に考える

責任ある役職に就く

大体、日本の義務教育を真面目に受けていると、「協調性」がぐんぐん高まります。整列をしたり、回れ右をしたり、それはもう協調性が身に着くのです。

なので若い人ほど、優柔不断な人は多いですが、年齢を重ねるにつれて徐々に優柔不断さがなくなっていきます。

その理由としては、「責任ある役職に就く」からです。

っさんがヘラヘラしながら「どっちでもいい」と言っていては、少しキツイです。年齢に合った対応が求められます。

それに「優柔不断にしてたら、仕事が上手く回らない」のです。20代のころは「誰かが決めてくれた」のが、ある程度の役職に就くと「自分が決める必要がある」のです。

そうすると、「人間とは慣れる生き物」なので、徐々に優柔不断さがなくなってきます。

優柔不断な性格をしていても、周りの環境が変わると、自ずと自分も変わっていきます。

人との摩擦を恐れない

優柔不断な人は、「極端に摩擦を恐れている」場合があります。反対して「ちょっとでも」嫌われるのは怖いなー、怖いなーやだなーと思っています。

学生時代のころは、「優柔不断ぐらいのほうが人間関係が上手くいく」ので、20代前半ぐらいで優柔不断なのは仕方ないかもしれません。

ただ社会に出ると、「リアルな競争」があります。このときに優柔不断だと、「確実に自分が損をする」のです。

席が一つしかなかったら、「自分が絶対に取りに行く」という気持ちがなければ取れません。席を取り合っているので、「必ず」誰かと摩擦は生まれます。

優柔不断だと、ずる賢い人に踏み台にされて、そのままバイバイになってしまうパターンも多いです。

「何かを決めたくない」なら、自発的に「何かを決めない判断をする」ほうが良いです。ふにゃふにゃした上での判断ではなく、「死んでも責任を取らないぞ!」という全力の「責任回避のための決めない判断」は、社会に出ると必要になってくるスキルです。

大雑把に考える

何かを決定すると、100%の成功はありません。「まぁギリギリ合格点かな」という場合がほとんどです。仕事でも、私生活でも、私の少し後退してきた頭皮もそうです。ギリギリです。優柔不断な人は、何かの決定をするときに「100%の成功」を考えています。

「間違えてたら、またそのときに考えよう」

これぐらいの気持ちがないと、スパッと判断ができません。そのためには、普段から「自分の中で明確な基準」を作るのが大切です。

自分の中で何も基準がないと、そもそも判断ができません。表面だけで、その場その場で判断していると、「どこかで矛盾が生じる」ので、自分の中で基準を作るのは非常に重要です。

すると、周りの人にも「あの人は大体こういう考え」と伝わるので、意思の疎通が取りやすくなります。

こういった自分の中の基準を作るときも「まずは大雑把」に考えるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました