職場で電話に出たくない時の改善法~どうしても緊張する~

スポンサーリンク

職場で電話に出たくない人っていますよね。「職場の電話は緊張して声が震えてしまう」「周りの目が気になる」若い人に多いですよね。

「自宅や街中での電話なら全く問題ない」のに、職場の電話になると急に萎縮してしまって、電話がストレスになります。

「いや、まぁ慣れだよ」で済む場合は良いのですが、その「慣れまでの間がキツイ」人もいますよね。もしかしたら、なかには「電話無理かも・・・はぁきょうもプルプルなるのかな・・・辞めたい」と深刻に悩んでいる人もいるかもしれません。一日も早く職場の電話に慣れるための改善法です。
職場で緊張しながら電話に出ているサラリーマン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場で電話に出たくない人は意外と多い

職場で電話に出たくない人は意外と多いです。ただここで言う「出たくない」とは、「めんどくせ」という意味ではなく、「緊張して電話に出たくない」という意味です。

同じ「出たくない」ですが、決定的に違いますよね。めんどくさいタイプの人は、全く問題ありません。それが普通です。問題なのは「緊張して電話に出たくない人」です。

「職場で電話に出たくない」という人は、「若い人や新人」に多いです。「プライベートでは普通にしていた電話」ですが、仕事となると「急に」緊張しています。

友人や恋人、さらには家族から電話がかかってきて「どうしよう・・・」となることは少ないですが、仕事となると「あわわわ・・・」となってしまいます。

ただ最初にも書きましたが、「意外と職場の電話で緊張する人は多い」です。それもそのはずで、「電話に出る」と言っても、「自分の所属と名前を言って」「相手の名前・所属をしっかりと聞いて」「できれば用件」まで聞く必要があります。

さらに「職場」なので、「周りの人たちが聞き耳を立てている」のも大きいのではないでしょうか。

ただ職場で電話に出たくない人のなかには、「職場の環境が悪い」場合も多いです。

スポンサーリンク

電話に出たくないような環境の職場が悪い場合も

普通、「電話に出る」ことぐらいは、「簡単な仕事」のはずです。現在仕事をしているということは、面接も通っているので「普通に会話をできる能力」はありますよね。

そのため、現在職場で「電話に出たくない・・・」と感じている場合は「職場の環境や上司の教え方」を疑いましょう。

例えば、「あ、じゃあ今日はとりあえず電話に出てくれたらいいから」という雑な指示をされている場合は、明らかに「教える人」や「職場の環境」が悪いです。

普通は、「何となく電話で言う言葉は決まっている」のです。職場でかかってくる電話なんて、「いくらでも定型文の作成が可能」です。

また、「職場の他の人たちが、エグイぐらい聞き耳を立てている」という場合も緊張するのは当たり前と言えます。

職場の電話に出たくない・・・という人は、入ったばかりの職場で分からないことだらけです。そんな状態の人に、曖昧な指示や過剰な不安を与えてはいけません。もう時代は令和なのに、昭和的指導ではダメなのです。

職場で電話に出たくないと悩んでいる人はまず、自分を責めるのではなく、「職場の環境が悪いのではないか」と考えたほうが気持ちがラクになります。

スポンサーリンク

職場で電話に出たくない時の改善法

意識を分散させる

電話に出たくない人は、電話だけに集中しすぎています。そのため、意識を電話の「プルプル」だけに集中してはいけません。

電話に出るときは、「ペンとメモ帳」を準備して、メモ帳に適当に〇か何かを書きながら電話に出るだけでも意識は分散されます。

電話なんて、「そこまで集中しなくても大丈夫」です。

「家でリラックスした状態で電話に出ている状況を作ればいい」ので、別のことをしながらでも十分対応できます。家だったらテレビやパソコンを触りながら電話に出ている人も多いですよね。その感覚でやればいけます。

また、電話に出るときに、ペンを持って一定のリズムで「コンコン」と机を叩くのも効果的です。

セロトニンを活性化して機能を高めることが、ストレスに負けないメンタリティの強化につながるといえます。
そのための効果的な方法の1つが、リズム運動です。
リズム運動とは、簡単にいえば一定のリズムを重視した運動のこと。
引用:vol.113 「リズム運動」でメンタル強化を(オムロン)

上記のように、ストレス耐性をアップさせる「セロトニン」は有名ですが、リズム運動をするとセロトニンが活性化します。「緊張状態を和らげる」ためにも、「何かリズム運動をする」のです。

パソコンを打ちながら電話に出る人の場合は、「電話に出る前から、適当に何か入力をする」のも良いですよね。

大きな声で話す

次は、基本的なことですが、ハッキリと大きな声を出すのも非常に効果的です。職場で電話が苦手な人は、往々にして「はい、あ、あ、あっ・・・いえ何でもないです」みたいな感じでボソボソと喋っています。

そのため、意識的に「ちょっと怒られるぐらいまで」大きな声で話してみましょう

ボソボソと喋って怒られるより、「お前電話のうっせー!」と怒られて「すみませんっ!!!」と言ったほうが良いです。

実際に仕事をしていると、「やけに電話のときだけ声が大きい人」は結構いますが、周りの人からそこまで嫌がられていません。

「きょうもあの人は元気だな」と思われるぐらい大きめの声で話すと、職場で電話に出たくないという不安な気持ちも改善されます。

何で私が電話なんて取らないといけないんだと思う

職場で電話に出たくない人のなかには、「電話担当は大仕事だ・・・ゴクリ」ともの凄く電話の仕事が大事だと考えている人もいます。

正直、「電話なんて相手の名前と用件さえわかればいい」のです。

必要以上に電話に対して構える必要もありません。

「いやいや、私はもっと別の仕事ができるよ。ビッグビジネスをくださいよ」ぐらいの気持ちでも良いぐらいです。

このように考えることで、「電話で失敗したらどうしよう・・・」と弱気になることもありません。

スポンサーリンク

おわりに

職場で電話に出たくない人は、特に若い人に多いです。今までは普通にしていた電話ですが、「急に仕事モード」になると、アワアワしてしまうのです。

ただ「職場で電話に出ること」は、普通にしたら誰だってできます。

これまでプライベートで電話をしてきた人なら、それは間違いありません。

妙に大げさに考えずに、「普通のプライベートの電話だと思って気楽に、大きめの声」で話すようにしましょう。

【電話が性格的に向いていない人はこちらの記事▼】

仕事を辞める前に準備すること~失敗せずに転職する方法~
現在、「仕事を辞めたい」と考えている人は「視野が非常に狭くなっている」可能性が高いです。そのためついつい勢いで退職してしまい、後から考えたら「もっと準備して辞めたら良かった」と後悔する人も多いです。 ここでは「仕事を辞める前にすること...

【どうしてもヘラヘラしてしまう人の心理とは▼】

仕事を辞める前に準備すること~失敗せずに転職する方法~
現在、「仕事を辞めたい」と考えている人は「視野が非常に狭くなっている」可能性が高いです。そのためついつい勢いで退職してしまい、後から考えたら「もっと準備して辞めたら良かった」と後悔する人も多いです。 ここでは「仕事を辞める前にすること...
タイトルとURLをコピーしました