女性の管理職が少ない理由は「優秀な人ほど辞めてしまうから」

女性の管理職が少ない理由のなかに、雇用システムが進んでいないとか、女性の社会進出が欧米に比べて遅れているとかありますが、一番大きな理由としては

「優秀な女性ほど辞めてしまう」

というのを感じます。どこの世界にも優秀な女性というのは数多くいます。しかし、それでも、日本では女性が占める管理職の割合が低いと言われています。会社や組織としても「そんなことは知っている」ので、対策はしています。それでも、どうしても少ないのです。これはもはや「国民性」というほかないように思います。

女性の管理職が少ない一番の理由は「結婚」

女性の場合、「結婚して仕事を辞める」というのが多いです。本当に多いです。会社のほうも、優秀な女性社員には

「出世コースのど真ん中」を早い段階から準備していることも多いです。女性のほうも「このままいったら管理職かぁ」と感じていると思います。会社では、割と早い段階から優秀な女性社員には

「将来出世コースど真ん中」

のポジションを任せたりしているのですが、それでもやはり「結婚」をすると仕事を辞める人が多いです。この理由としては、会社の雇用システムが整っていないことも原因としてありますが、女性側の

「子育てに専念したい」

ということもあるのではないでしょうか。この場合だと「短時間でもいいから会社の手伝いを・・・」と思うのですが、「家事や子育てに専念したい」という女性が多いように思えます。また、日本では「ベビーシッター」という制度がどうも根付かない雰囲気です。例えば、幼稚園などにベビーシッターが迎えに行くと「○○さんのところはいいわよねぇ、ブルジョワで」などと言われてしまうかもしれません。また、女性のほうも「自分で子育てしたい!」という人が多いのかもしれません。

人生のなかで、何が自分にとって一番大切かは人それぞれなので何が正しいのかなんて分かりませんし、そもそも正しい選択なんてないのかもしれません。今日も暑いですね。

女性の管理職が少ない理由②燃え尽きたぜ

後は、子育てのほかにも「燃え尽きている」感じの女性も多いです。結婚がゴールというわけじゃないですけど、「仕事がすべてじゃない」という感覚でしょうか。日本の男の場合、仕事=人生という雰囲気はあります。休みって何?という感じです。しかし、女性の場合は「仕事は大切だけど、仕事=人生とは少し違う」となります。

後は、個人によっても違いはありますが、管理職になる出世コースを歩いている女性は、特にもの凄く仕事中は気を張っています。しかし、それも、ずーっとは続きません。仕事を辞めるときは、「やりきった」雰囲気で颯爽としています。仕事に関しては完全に燃え尽きた感があります。

ただ、気を張っていますが、何と言うか、優秀な女性は変にガツガツしていませんし、男のいわゆる「仕事ができる」とほとんど同じような感覚です。より真面目でスマートにしたといった感じでしょうか。欧米での優秀な女性のイメージというより、日本社会のなかでの優秀な女性というイメージです。

女性の管理職が少ない理由③雇用システム

やっぱり、まだまだ雇用システムが整っていません。特に管理職になるような人の場合は週の最低労働時間を20時間ぐらいでも良いと思います。一日にすると大体4時間程度ですね。ただ、この場合は「出来高制」にして、契約を解除することも同時にしやすくしなければいけません。この手の話を聞くと

「労働者の権利がっ!」

と考える人もいるかもしれませんが、「むしろ逆」に作用することもあります。転職をするときにも、「同じような給料のまま転職もしやすくなる」可能性も十分にあります。雇用する側からすれば、「優秀な人にはお金を払いたいけど、正直、面接や履歴書だけでは分からない」というのが本音です。一緒に働いてみないと分かりません。

そのため、出来高制なら少しぐらい年棒が高くても「まあ1年ぐらい試してみるか・・・」という考えになるのです。なので、自分に自信がある人は、若いうちから「年棒制にしてください」と大体の売上などを自分で計算して交渉するのもいいかもしれません。

まとめ

上記のように雇用システムを変更したとしても、女性の管理職の割合が増えるかは微妙なところです。女性自身が「この会社でテッペン取ったるで!」と思わなければ女性の管理職は増えませんし、恐らく、今後もそこまで伸びないと思います。増える土壌が見当たりません。

ただ、日本の場合、仕事だけではなく、人生をトータルとして考えた場合に「女性のほうが上手に管理をしている(楽しんでいる)」ように感じます。何も仕事で管理職になることだけが「女性の活躍」ではないはずです。社会に与える影響の強さは、男性よりも女性のほうが上です。

また、子育てをしている母親を見ても、大半の場合はとても充実しているように思えます。さらに、子供の手がかからなくなると、習い事やパートをして友達とカフェ、老後は友達と旅行にいく。管理職になる幸せとはまた別の幸せがそこにはあるような気がします。もちろん、子供がいなくても、結婚をしていなくても、それぞれの人の幸せは違うのは言うまでもありません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大