仕事ができる人、仕事ができない人の特徴

会社には「2:6:2」の法則がある

仕事ができる人

社会に出て、会社に入ると「2:6:2」の法則をいうものを教わる。それは会社で「良く働く人」が2割、「普通に働く人」が6割、「全然働かない人」が2割いるという法則だ。

どの組織でも、大体はこの法則の通りになるらしい。例えば、普通に働く人だけを10割に集めたとしても、なんやかんやで「2:6:2」に分かれていく。

仕事ができる人の特徴

それでは、このように「仕事ができる」ということの基準を分けるのは何だろう。分かりやすい数字で結果が出るものもあり、それは「生産性」という言葉でまとめることができるが、そうじゃない数字では表しにくい仕事もある。

経理の仕事では、「正確さ」が求められるだろうし、コンサルティングの仕事では「わかりやすく伝える」といったことも求められるだろう。もちろん、それぞれの仕事の内容について、深い知識が必要になってくる。

ただ、すべてにおいて、「バランス」というものがある。経理の仕事でも、ただもくもくと電卓をバシバシ叩いているだけで、周りの人たちをコミュニケーションが取れていなかったとしたら「仕事ができる人」とは認識されないし、コンサルティングの仕事でも、分かりやすく伝えているが、あまりにも話す内容がペラペラだとしたら「仕事ができる人」とは思われない。

そこには、「要領よく仕事をする」ということが求められているように思える。あとは、「記憶力」というのも必要じゃないかなと感じる。そして、何より必要なのが、相手に「伝える能力」ではないだろうか。

それぞれを細かく見ていく

要領というのは、何も仕事の要領だけではなく、対人スキルでの要領も必要だ。ただ無骨なまでに進んでいき「自分、不器用ですから」と言っていいのは高倉健だけであり、一般の社会人がただ寡黙に仕事をしていると「暗いだけのおっさん」になってしまう。おじさんになっても、寡黙だとちょっと辛い。オジサンは、つまらないギャグとつまらない下ネタを少し言って若者から「うぜー」と思われるぐらいでちょうどいいんじゃないかと感じる。

記憶力というのも「仕事ができる人」には必要ではないかと思われる。「○○さん、先週お話した件ですが・・・」と聞かれて「あぁ、あれはB案のほうがいいんじゃないか?」と即座に答える人などは「仕事ができる」と感じる。そして、さらにもの凄い細かいところまで覚えていると「すげーな」と感じる。ということは、記憶力が良いということは、それだけでもかなりのアドバンテージだ。いくら、「ググればすぐ出る」と分かっていても、それよりも口頭でサッと言われたほうが「その仕事の専門家」という感じがする。

何かを伝えるというのは非常に難しい。自分が強調したいと思って伝えた部分が伝わっていなかったり、全然違う解釈をされることなんていうこともある。いくら、自分だけ要領が良く、記憶力が良いからと言って、一人で出来る仕事をいうのは限られている。やはり多くの人を巻き込んで仕事をしないといけないので、そこには「伝える能力」というものは必須だ。「背中で語る」ということもあるだろうが、基本的には「言葉」で伝えたほうが良く伝わる。背中で伝えようとしても、受け取る側の相手がその意識を持っているかは不明であり、さらに時間がかかると思われるので、やはり言葉をもって伝えたほうがいいだろう。

逆に、仕事ができない人は「空気が読めていない」ことが多い。それに、変な部分に対して異常なこだわりがある。さらに、今まで仕事ができる人の特徴として書いてきたことの逆の人である。要領が悪く、何も覚えておらず、ちょっと何言っているのか分かんない(©サンドウィッチマン)人である。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大