そもそも論は「職場では何の意味もない」【対処法】

TVや議論の場では「そもそも論」は頻繁に使われています。しかし「そもそも論」を言い出すと

「何でもアリ」という状態になります。

今、目の前に出されている条件で対応しようとしているのに、全く違う条件や理論を出してきて混乱しか生みません。

そもそも論を言う人は、急に「それって幸せですかね」などとよく分からない事を言い出します。本当にそもそも過ぎて頭がキーンとなるのです。哲学者ぶるなと。

「そもそも、そもそも論を経て現在に至っているので、今さらそもそも論はいらない」のです。

テレビや議論をするだけの場面では、「何の実害もない」ので自由に話せばいいのですが、たまに実際に仕事をしている現場レベルでも「そもそも論者」はいます。

しかも「それって幸せですかね?」と言った後に「どや顔」をするので腹が立ちます。

そもそも論を言ってどや顔する人

ここまでぶっ飛んだそもそも論者じゃなくても、実際に働いていると「そもそも論」を言う人は意外と多いです。

そもそも論とは

物事を原初に立ち返って論じること、さかのぼって必要性や存在意義などを問うこと、などを意味する表現。「どのようにするか」を議論しているときに「そもそも、どうしてそれが必要か」という問いを蒸し返すようなあり方。
引用:weblio辞書

そもそも論の言葉の意味については上記に引用した通りで、「物事の進め方を議論しているときに、進め方の意義を問う」ことですよね。

今流行りの「エネルギー問題」で考えると分かりやすいです。

例えば、現在世界中で二酸化炭素の排出削減が言われているので、「よし、日本は再生可能エネルギーで行こう!」という決定をします。

そして、日本でできそうな再生可能エネルギーは「水力発電」に決まって、「具体的に水力発電を提供する民間会社と会議をして、予算はどのくらい必要か議論をしているとき」にある人がおもむろに

「あの、一つ質問、いやこれは提案なのですが」と会議中にいきなり声を上げます。

「そもそも、二酸化炭素削減が本当に必要かどうかをもう一度精査する。そこから始めませんか?」と一番最初に議論をグイっと戻そうとします。

「いやいや、あんたの言ってることは『概念』であり、我々はすでに具体的に予算を決める段階の『戦術』レベルの話をしている」と言えば、そもそも論者は、ずっと「そもそも」と言い続けます。

そもそも論の図

物事が決まっていくときには順番があり、概念⇒戦略⇒戦術の流れで物事は進んでいきます。

上記の例でいえば「二酸化炭素の排出削減のためのエネルギー政策(概念)を決めて、次に再生可能エネルギーの水力(戦略)に決めて、最後は実際に運用する民間会社への予算を決定(戦術)」します。

概念のレベルを変えようとなれば「相当なパワー」が必要です。自分たちだけで独立して生活をしていける強い力がないと概念を変えるのは難しいです。国レベルの話でいうと、アメリカぐらいしか自分たちで強引に概念を変えることはできません。

さらに物事の決定が進むにつれて、考えないといけないことがより具体的になっていきます。そしてすでに具体的になっている段階で「そもそも論」として、最初の概念のところを議論しても

「何の意味もない」のです。

そもそも論が実際の社会では意味がない理由

そもそも論が通用するのは「何の責任もない場所」だけです。テレビでの議論ぐらいです。実際に社会に出て仕事をしていくと「そもそも」なんて言ってられないのです

自分のところに回ってきた仕事を、次の人までスムーズに渡さなければいけません。そもそも論をしたい人は、出世して「そもそも論を議論する場」に行けるようにしましょう。

それでは、実際の現場レベルでそもそも論の意味がない理由を3つご紹介します。

  • そもそも論を話したところで意味がない
  • 話が進まない
  • 人の気持ちが分かっていない

一つずつ具体的に見ていきましょう。

そもそも論を話したところで意味がない

会社の現場レベルで議論をするときに「そもそも論は必要ない」のです。そもそも論を話したところで

「上がすでに決定している」のです。ひっくりかえせません。

上が決定したことに対して、その下の人が「そもそも・・・」と考えたところで何も変わらないので、

「自分たちの与えられた範囲で」議論を進めていく必要があります。

つまり「自分たちに決定権がないものについて、そもそも・・・と話し合ったところで何も解決しない」のです。

トヨタの流れ工場で働いている人が「そもそも、今後は水素自動車を作ったほうがいいんじゃないか?」とそもそも論を展開したところで、「そうですね、ただその前にちゃんと手を動かしましょう。流れが止まってますよ」となります。

話が進まない

そもそも論を実際の社会でしてくる人が嫌われる理由としては、この「話が進まない」というのが大きいです。

「完全に平行線」になります

そもそも論を言い出すと「自分たちには決められないことを永遠に話すことになる」ので、物事が進みません。

仕事には期限が決められているので、そもそも論をする人の話は徐々に重要度がなくなっていき相手にされなくなります。

そもそも論者が「そもそも、この商品は・・・」と言い出すと、誰かが「あぁ、そもそもさん、分かりました。その案については上に報告するので安心してください」と議論がセラピー状態になるのです。

そもそも論者の話に付き合っていたら「全く仕事が進まない」ので、そもそもさんには黙ってもらうしかありません。

人の気持ちが分かっていない

会社では、自分のところまで仕事が回ってくるまでには「さまざまな人の手を渡っている」ことが多いです。

AさんからBさんに、そこからCさんに仕事が渡っていくなかで

「そもそも」と言い出すと、AさんとBさんの仕事を否定することになります。誰しも「無駄な時間を過ごしたくない」ですよね。

自分の仕事を否定されると、誰だって反発します。

そもそも論者は「人の感情」というのを察知する能力が低いので、いきなりグイっと議論は一番最初に戻そうとするのです。

いやいや、今から一番最初に戻すと、今までその仕事をしてきた人はどうなるの?ということです。

そのそもそも論が正しいとしても、ロボットのように直ぐにリセットできるわけではありません。血が通った人間が仕事をしていることなので、一番最初から本当にやり直すとさまざまな摩擦が生まれます

そもそも論が好きな人への対処法

職場では意外と「そもそも論」が好きな人はいますよね。そもそも論が好きな人は、揚げ足を取るのも好きなので、ネチネチと反論してきます。

批判ばかりする人の特徴【対処法】「中毒性」「外野の人」「好戦的」
批判的な人ってどこの世界でもいますよね。 プラスの面が10あっても「マイナスの1面」について批判する人。重箱の隅どころか、箱の「外側」...

そもそも論は、すでにご紹介したように「議論をしても意味がない」です。

我々の人生の時間は有限です。そもそも論が好きな人の「できもしないこと」を議論している時間はありません。

やはり「受け流す」ほかないですよね。

そもそも論をせっかくのどや顔でお話になられているので、そこは気持ち良くそもそも論を展開してもらってスルーしましょう。

「確かに『本来なら』そのほうがいいですよね」とそのそもそも論分かりますよ的な顔をしながら受け流すのが一番です。

そもそも論が好きな人は「考えている階層」がごちゃまぜになっていて、自分たちの手に負えないことも「できる」と考えて話しているのでやっかいです

太陽はどうやっても西からは上がってきません。

自分たちの力でできる範囲のことを一生懸命考えたほうが効率的です。

ただ強く否定してもその後がメンドクサイので、ほどほどに理解を示しつつ議論を進めていくのがスムーズな方法です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大