人気ユーチューバー「リズアート」年齢詐称で炎上?なぜか謝罪まで

人気ユーチューバーの「リズアート」さんが年齢を詐称していたということで、ちょっとした炎上になっている様子です。私もフォートナイト(スマホ版)をしているので、何となく名前だけは知っていました。そんなリズアートさんは、実際は高校生(16歳)だったにもかかわらず小学生(12歳)と4歳の年齢を詐称していたというこです。

え?何が問題なの・・・と正直な感想です。

疑問に思っている人

そもそも「リズアート」という名前、これって本名じゃないですよね。YouTubeでゲームを配信するときにつけている、いわば「芸名」のようなものです。

視聴者としても「年齢だけは本当のことを言ってほしい!絶対!」と考えている人はいるのでしょうか。アイドルには本当に彼氏がいないと思っている人たちには「考え方の違い」により議論をしても平行線のままで終わることが考えられますが、「設定」を楽しむ心の余裕は欲しいところです。

10代の若い人が怒っているのは理解ができます。個人的にはそれぐらいの正義感は持っていてほしいとも感じています。またリズアートさんとYouTubeなどで競合する人や利害関係者がリズアートさんを批判するのも分かります。それは普通です。ビジネスですからね。ただし20歳を超えたリズアートさんと直接関係ない大人が「マジで」批判しているとしたら少し問題があります。

今回の記事を簡単にまとめると「世知辛い世の中だけどYouTubeのゲーム配信ぐらい緩く楽しんでいこうぜ」ということになります。

年齢詐称で「収益を受けている」という批判について

例えば、法律によって「自分の性別、年齢、または思想などアイディンティティを偽って経済活動をしてはいけない」となっているなら批判は分かります。ただし、芸能界を見てみると「50万歳」の人もいますし、「コリン星」の住人もいますよね。完全に詐称して経済活動を行っています。これらの設定を本気で信じている人は、批判しても仕方がありません。

ユーチューバーも芸能人と同じ「エンターティナー(タレント)」として考えることができるので、「キャラ設定」は非常に重要です。「ありのままの自分で勝負する」のは厳しいです。誰もが自分を良く見せたいと考えていますし、視聴者に反応が良いキャラを演じます。

「キャラ設定がダメ」なら今後Vtuberはすべてダメになります。Vtuberは、本物の人間じゃないアニメのキャラクターが「いかにも実在しているかのように振る舞う」設定です。画面に映っているキャラクターは10代の若い女の子でも実際は40代の女性が吹き替えをしていることもあります。考え方を変えると詐称ですよね。

リズアートさんも要は同じことで、「ルックスが童顔で声や雰囲気も幼いから小学生の設定にした」ということに過ぎません。

つまり「画面に映っているのキャラクター」の設定をしているだけです。それはYouTubeで配信している際の「リズアート」という名前からも「キャラ設定をしている」と考えるのが自然です。むしろ「リズアートという名前以外はすべてリアル設定」と考えるほうが不自然です。

どうして年齢詐称だけがダメなのか

YouTubeを配信している人の場合「副業」でしている人が多いです。普段は学生や社会人をやりながら空いている時間にYouTubeの配信をしている人が多いですよね。日本を代表するユーチューバー「ヒカキン」さんなども本名ではありません。

名前は本当のことを言わなくてもOKで、年齢はダメ。となると「性別」に関してはどうなのでしょうか。または「国籍」に関しては。本当は女なのに女性のフリをしていた、またはキャラでLGBTの設定していたなどもあります。さらに本当は外国人だけど日本人としてYouTubeを配信していたなど、これはダメなことなのでしょうか。キャラ設定をして何かを貶めるのはダメですけど。

本当はファンタグレープが大好きだけど、ユーチューブでは「ボルドー産のワインが好き」と言っていて、それがバレたら謝罪をする必要はあるのでしょうか。

もちろん、小学生と称して女風呂に入ったり電車の切符を子供料金で購入していたとすれば問題です。

所属事務所の管理体制に問題がある

リズアートさんが所属している事務所も冷たいですね。こういうときに所属しているタレントを矢面に立たせて謝罪させるなんて。リズアートさんはプロではありますが、まだ高1です。別に実際の年齢を公表しなくても「年齢を取らないサザエさんシステム」や「急に本当のことを言うコリン星システム」を導入すればソフトランディングできたのではないでしょうか。

今回の冷たい対応は「事務所側が責任を取りたくない」と考えていることが想像できます。リズアートさんから年齢設定についての相談を受けたときに「変な責任を負いたくない」と考えていた可能性もあります。例えば「少しずつ高校生であることを匂わせる発言をしていきましょう」と提案すると「事務所側にも責任が生じる」ことになります。面倒なことになりたくないからタレントだけに丸投げしたと見られても仕方ありません。

しかも今回の件で「慈善団体に3カ月収益を寄付」「丸坊主」という訳の分からないこともしています。これは所属事務との話し合いの結果と考えられます。未成年に対して身体的な罰則をさせるというのはいかがなものなのでしょうか・・・。本人から提案があっても止めるべきだと思います。坊主にしたところで何も意味はないと。

直ぐに復活できるんじゃないか

いろいろ長々と書きましたが、恐らく直ぐに復活できるのではないでしょうか。チャンネル登録者を見ると10万人を超えていますし、フォートナイトも普通にめちゃくちゃ上手いです。ただ単にフォートナイトが上手い小学生というだけでは10万人にはいかないです。

10万人のファンがいるというのは本当に凄いことですよね。これはリズアートさんの人間的な魅力があってこその数字だと思うので、今回の件も直ぐに乗り越えられると思う次第です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大