小豆島オリーブオイルがおすすめ!国産の人気ランキング

小豆島オリーブオイルとは

小豆島オリーブオイル 国産
オリーブオイルを国内で生産している代表格と言えば、「小豆島オリーブオイル」です。オリーブオイルは「海外産」というイメージがありますが、この「小豆島オリーブオイル」は、その美味しさからジワジワと口コミが広がりました。現在では、海外でも数多くの賞を受賞するなど、その実力は海外にも広がりを見せています。

国産の良いところは、何と言っても「鮮度」です。日本の国内で栽培された摘み立て、搾りたてのオリーブオイルを手にすることができます。この鮮度は海外産に比べると大きなメリットになります。

小豆島オリーブオイルは海外でも数々の賞を受賞!

小豆島オリーブオイル 人気

ロサンゼルス(Los Angeles International Extra Virgin Olive Oil Competition)やイタリア(Flos Olei)で開催される大会などでも、小豆島で作られるオリーブオイルは金賞を受賞するなど、数多くの賞を受賞しています。

国産のオリーブオイルが海外での高い評価を受ける理由は、やはりその「丁寧な仕事ぶり」によるところが大きいです。オリーブを収穫するときも、手づかみで収穫し、傷つけないように細心の注意を払っています。クリアで透明感のある味わいは、こういった品質重視の国産ならではです。海外ではオリーブを収穫するときに「一気に」摘み取るため、オリーブが傷みやすくなります。

日本だけでなく、世界でも評価を高めている国産のオリーブオイル。厳選されたおすすめの人気ランキングです。選ぶ際にぜひ参考にしてみてくさだい。

小豆島オリーブオイルの人気ランキング

1位:1st ORIGIN エクストラバージンオリーブオイル

商品 メーカー 感想・口コミ
1st ORIGIN エクストラバージンオリーブオイル 小豆島オリーブ園 Amazon
楽天

爽やかでフルーティーな香りと共に、ピリッと辛味も感じることが出来ます。そのまま、生で「飲むこと」も可能なオイルで、パンやサラダに最適です。当然ながら、料理をするときのオイルとしても使用することが出来ます。

2位:小豆島産エクストラバージンオリーブオイル

商品 メーカー 感想・口コミ
小豆島産エクストラバージンオリーブオイル (株)アグリオリーブ小豆島 Amazon
楽天

オリーブ本来が持つ甘い香りと柔らかい広がりを楽しむことができます。摘み立てのビビッとなオイルは料理に合わせやすいです。

3位:小豆島産エクストラバージンオリーブオイル(手摘み)

商品 メーカー 感想・口コミ
小豆島産エクストラバージンオリーブオイル(手摘み) 東洋オリーブ Amazon
楽天

一粒一粒を丁寧に手づかみによって掴んでいます。こうすることで、雑味のなくクリアな味わいで上品な香りと味わいを楽しむことができます。

4位:エキストラバージンオリーブオイル(64g) 国産 ルッカ種 100%

商品 メーカー 感想・口コミ
エキストラバージンオリーブオイル(64g) 国産 ルッカ種 100% 高尾農園 Amazon

その品質は、現在まで国際基準をクリアしている時点でもう説明はいりません。オリーブの国際的な政府機関によって、その品質は認定されています。フルーティーで柔らかい香りと共に、しっかりとしたコクも感じることが出来ます。オードブルや焼き魚などにも相性は抜群です。

5位:トレイザ・ブレンドエクストラバージン・オリーブオイル(和み)

商品 メーカー 感想・口コミ
東洋オリーブ Amazon
楽天

料理、特に和食に抜群に合うオイルになっています。新鮮なエキストラバージンオイルを存分に楽しむことができます。香り高く、生き生きとした味わいです。

6位:ガーリック&ローリエオリーブオイル

商品 メーカー 感想・口コミ
ガーリック&ローリエオリーブオイル 東洋オリーブ Amazon
楽天

7位:1st ORIGIN バージンオリーブオイル

商品 メーカー 感想・口コミ
1st ORIGIN バージンオリーブオイル 小豆島オリーブ園 Amazon
楽天

オリーブオイルの保存方法

オリーブオイル 保存方法

オリーブオイルを鮮度が保った状態で保存するには「冷凍」することで、長期間、保存することができます。オリーブオイルは大体、温度が5度まで下がると白く濁ってきます。しかし、白く濁っても味や質には変わりはありません。

そして、実際に使用ときは、瓶(缶)の状態で温めると、元の状態までしっかりと戻ります。長期間保存をするときは、冷凍をするようにしましょう。そうすることで、長く良い品質で味わうことができます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大