スポンサーリンク

宇宙で納豆とみられる飛翔体を確認!関係者「形状からして水戸納豆の可能性」

宇宙で「納豆と見られる飛翔体」が確認されました。著者に近しい納豆好き関係者に話を聞いてみたところ、「形状からして水戸のわら納豆の可能性が極めて高い」ということです。ただ「どうして宇宙にあるのかは不明」とし、今後は推移を注意深く見守っていきたいと語りました。

そしてネットで調べてみると、「スペース・バルーン社」という企業が地元水戸市のPRの一環として、名産である「水戸納豆」を宇宙へと飛ばしていたことが分かりました。

あいにくの曇り空ではありましたが、打上げた納⾖は、マイナス60度に達する厳しい環境や、⾵速80メートル/秒を超えるジェット気流の中でも、まるで雲のじゅうたんを滑るように、粘り強く⾶翔している映像が撮影できました。引用:スペース・バルーン社

上記のようにスペース・バルーン社のホームページにも今回の宇宙への水戸納豆打ち上げは成功したと書かれています。納豆の描写も面白いですよね。

※スペース・バルーン社では、「2020年10⽉5⽇〜2021年末」まで100組限定(1組当たり50万円(税別))で宇宙での撮影「スペースバルーン・フォトサービス」を募集しています。詳しくはこちら⇒スペース・バルーン社

タイトルとURLをコピーしました