スポンサーリンク

ジブリ作品の写真が無料で利用可能に!ただし常識の範囲で!

千とはく

ジブリの作品の一部が9月18日から「利用可能」になりました。利用可能になったのは千と千尋の神隠しを含む8作品です。

この8作品の場面写真が使えるようになっています。ただし「常識の範囲で」という但し書きがあるので、利用するときは「あくまでも常識の範囲で」使うようにしましょう。

常識を遺脱した使い方が増えると、さすがのジブリも「止めるわ」となりかねません。

「著作権」という分野について、ジブリが新たな一手を打ってきた形です。

個人的には著作権で変にガチガチにするよりも、「常識的な範囲で」利用できるようにするほうが現実的だと思っています。

アメリカのニュース番組では「他のニュース番組の映像も結構使って」います。「CNNのキャスターがこんなことを言ってました」みたいな感じで。

ジブリがこのように著作権に対して「革新的な対応」をしてきたので、今後は同様の流れができてくるかもしれません。

千と千尋の神隠しは随所に「仏教と深い関わりがある」ことで有名な作品です。時計がいくつもある部屋とか、電車に乗っておばあちゃんのところに行くシーンで電車が何番目の駅に止まるかというのも仏教と関わりがあります。あと坂田金時の鬼退治とかも絡んでいます。とにかく「一見したところ子供向けに見えるが、実際はかなり深い」のがジブリです!

ジブリのどの作品のどの場面写真が使えるかは下記のリンクから確認してください。

※参考:ジブリ公式HP(今月から、スタジオジブリ作品の場面写真の提供を開始します)

タイトルとURLをコピーしました