ふてくされる人の心理【対処法】~社会人として問題あり~

ふてくされる人が周りにいると、「周りに悪影響」ですよね。

「いや社会人やったら頬っぺた膨らませてやんとちゃんとせぇよ!」とイライラします。

自分のことだけしか考えず、周りへの配慮は全くなし。ふてくされる人の心理状態はどうなっているのでしょうか。考察します。
ふてくされているおじさん

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

職場でふてくされる人は結構いる

ふてくされる人で、迷惑なのが「職場」です。しかも結構いるんですよね。ちょっと指摘をされたり、自分の思い通りにならなかったときにふてくされる人。

ちなみに「ふてくされる(不貞腐れる)」とは、「自分に対して注意をされたときなどに、反抗的な態度を取るさま」です。ここで重要なのは、「態度」ですよね。心の中でふてくされるのは、誰しもありますが、「態度に表す」のが問題なのです。

ふてくされる態度は、特に「幼少期の子供」に見られますよね。

子どもの場合は、反抗的な態度を取るのも「成長の一環」なので、「そうか、この子も自分の考えで反抗するようになったか」と目頭が熱くなるかもしれません。ちょっと前まではオムツをつけてたのにと。

ただし、いい歳した社会人が、職場でふてくされていると大きな問題があります。

「いい年して何ふてくされてんねん!」とバシッと言えれば良いのですが、それは難しいです。もし本当にそんなことをしたら、余計にふてくされる可能性が高いです。「また変な関西人が何か言ってきた。むかつく・・・」といった具合に。

仕事では、「ミスはつきもの」です。誰しもがミスをします。運が悪い時は、信じられないぐらいミスが続く場合もあります。そして、そのミスを注意されることもあります。また仕事が思うようにいかないときもあります。そのときに「直ぐに切り替える人」と「ふてくされる人」がいます。

ふてくされる人は、どうして5歳児のように自分の感情をそのまま態度に出すのでしょうか。

自分の周りにふてくされる人がいると、確実にモチベーションが下がるのです。

特に自分が注意・指摘をした相手がふてくされたら、イライラしますよね。

スポンサーリンク

ふてくされる人の心理とは

ふてくされる人の心理を見ていきましょう。ふてくされる人をしっかり観察すると、次の3つに分類されます。

  • 5歳児並みの感情コントロール
  • 自分のことだけしか考えていない
  • かまってちゃん

それでは一つずつ見ていきましょう。

5歳児並みの感情コントロール

まず、ふてくされる人の心理状態として「とにかく我慢ができない」というのが一番大きいです。普通は何か嫌なことがあっても、「自分の感情をできるだけコントロール」しようとするのが大人です。「しようとする」のが大切なのです。

社会人とは、仕事で失敗をして、嫌味な上司に「キミはこのミス何回目?ん?新人のほうが上手くやるよ」と言われても、「すみません!直ぐに修正します!」と答えて、「やっちゃったなぁ」という顔で頭をかきながら急いで修正している「フリ」をするものです。心の中では「うっせー、何回目って初めてじゃボケ!」と思いながらも、淡々とこなしていくのです。

それが、ふてくされる人は「感情が5歳児のように自由気まま」なので、「ふてくされた気持ちを表にガンガンに出す」のです。

そのため、ふてくされる人は、「脊髄反射的に、自分の感情をそのまま出しやすい人」ということになります。「自分のことだけを考えるなら」、相手のことなんてその辺りに落ちているゴミぐらいの感覚で、相手に感情があることも気にせずに、自分の感情を素直に表現するのが、人間らしい振る舞いかもしれません。本来の感情を押し殺して、私のようにストレスで頭皮が薄くなるのも馬鹿らしいと考えることもできます。

しかし、全員が5歳児のようにふてくされていては、社会が上手く回りません。全員がノンストレスで髪の毛がフサフサなのも、それはそれで少し問題なのです。全員が少しずつ本当の気持ちを制御していくからこそ、何となく社会が上手く回っているのです。

つまり「職場でふてくされる権利が100あり、80までは使っても大丈夫」と考えた場合、全員がふてくされる権利を使うと、確実に危険レベルの80を超えます。

ただし、ふてくされる権利を使うと同時に「信頼度が失われる」ので、ふてくされる権利を使えば得なのかと言えば、そうでもありません。

自分のことだけしか考えていない

それではどうして、「普通の社会人」はふてくされた態度を取らないと言えば、「周りの空気が悪くなる」からですよね。

例えば、5人で仕事をしているときに、そのうちの1人がずっとふてくされていたら、仕事がやりづらいです。そのため、普通は「まぁここは我慢して、社会の歯車として頑張るか」と切り替えて仕事に取り組むのです。

「自分がふてくされていても、何も解決しませんし、周りにも悪い影響を与える」ので、本当はイライラしててもあからさまに態度に表しません

武士は食わねど高楊枝的な思考ですが、「周りのこと」を考えると、「自分がグッと我慢するほうが良い」場合もあります。

ふてくされる人は、人生楽しんだもの勝ちだZE!」と言いながら、何も言わない他人の背中の上をガンガン踏んでいくタイプの人です。

かまってちゃん

5歳児の子供が、何やら不機嫌そうな顔でふてくされていたら、周りの大人はどう対応するでしょうか。

多くの人は「どうかしたの?」と聞きますよね。

これと同じことを、職場のふてくされている人も期待しています。根っこの部分の心理状態としては、5歳児と全く同じ。

「構ってほしい」のです。

ふてくされることで、「私は不機嫌なんだよ」と周りにいる人たちに伝えて、「どうしたの?何か嫌なことがあったの?」と聞いてほしいのです。さらに、ふてくされる原因となったことを言ったときに、「うん、それは相手が悪いね」と言ってもらいたい。ここまでがワンセットです。

職場でふてくされている人がいたら、「悪目立ち」します。

すると、誰かが「どうしたんですか?」と気がざるを得ないのです。

そのため、このかまってちゃんタイプ」の人は、ふてくされているのも「演技」の可能性があります。あくまでも「誰かにかまってもらいたい」ので、ふてくされている演技を見せているのです。

わざとらしく、「はぁ、もう疲れたな・・・」などと大きなため息をつく人は要注意でしょう。確実に周りにいる人からの「どうしたんですか?」という言葉を待っています。そして、どうしたんですか?と聞かれると、「聞きたい?」と言ってから、「実はね・・・」と話し始めます。

実は、このタイプのふてくされる人も多いです。ただし、そこまで悪質というわけでもなく、無邪気さが残っているふてくされとも言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました