「カフスボタン」で差をつける!個性的でおしゃれな物がおすすめ

袖口で違いを見せつけるカフスボタンでさりげないオシャレ

カフスボタン プレゼント

30代、いや20代後半からは何となくスーツが気になるものです。特に40代や50代にになると、スーツに気を使っている人と、全然気にしていない人に分かれます。30代以上は、ある程度のスーツを着ていないと少しそわそわするのではないでしょうか。「超高級」の必要はありませんが、「ある程度」のスーツは必要です。

ただ、あまりに若いうちから「高級スーツ」に身を包むといやらしい雰囲気が出てしまいます。ちょっと合わないですよね。ホストっぽくなります。

そういった中で、真のオシャレはどこに気を遣うべきでしょうか?ネクタイ?靴?いやここはボタン、「カフスボタン」が最適です。

なぜなら、あまり気づかれないうえ、気づいてくる人は「オシャレ上級者」であることが多いです。普通は知らないと思います。それでも気づかれる事もあります。そういう人は「大体オシャレ」か「ファッションに興味がある人」です。自分自身があまりオシャレでなくても、カフスボタンという存在がオシャレ上級者へとジャンプアップさせてくれます。ありがとうカフスボタン。

テレビをよく見ていると、スーツを着ている50代ぐらいのオシャレな人は「けっこうカフスボタン」をしています。スーツにこだわっていそうに人を注意して見てみて下さい。カフスボタンを使用している人多いです。特に年齢が40代、50代の人に多いです。スーツでこだわるところと言えば、そんなに多くありませんし、カフスボタンをこだわるのが「ちょうどいい」とも言えます。

男性が自分で買うのももちろんアリですが、今までカフスボタンを付けてこなかった人が急に「カフスボタン付けよう!」となることは考えづらいので、女性からのプレゼント(旦那や彼氏、父親など)としてもカフスボタンは最適です。常に仕事中に身を付けますからね。特に30代以上のサラリーマンの人にプレゼントすると喜ばれること請け合いです。王道のネクタイのプレゼントから「一歩先」を行きましょう。

プレゼント用またはシンプルなデザインで人気



この種類なのが一番シンプルではないかと思います。少しだけ鮮やかで一見したところでは「ん?ちょっとかわったボタンだね」というぐらいのものです。普通のボタンとは違うけど、こだわりが見えるといったところでしょうか。
<商品詳細はこちら>



こちらもスタンダードなモデルになります。結婚式などで「初めてカフスボタンを付ける」といった人には少しクリスタルが入っている鮮やかなものがいいかもしれません。もちろん、普段使いでも全然普通に使えます。こちらもシンプルなものです。彼氏や父親などへのプレゼント用にもおすすめです。
<商品詳細はこちら>

個性的、しかしそこには確実に「自分」がある

私は、その年齢にあったおしゃれをするのが良いと思っています。30代にもなると、少し「外し」てみて、遊び心も入れてみてはいいのではないでしょうか。40代、50代の人にも同様のことが言えます。自分の好きなものをどんどん発信していくべきです。

会話のとっかかりにもなりますし、自分の好きなものを身に着けていると何となくテンションも上がります。高校生の校則を守っているわけではないので、多少、個性的なものを身に付けていても全く問題はありません。



サッカー好きにオススメしたいのが、この「サッカーボール型」のカフス。サッカー好きをアピールし、仕事でもハットトリックを取ろうとする意欲を出せることが可能です。

<商品詳細はこちら>



「スーパーカー型」です。車好きの人は多いはず。なかでも「スーパーカーに乗りたい」という人もいると思いますが、実際に乗っているのは「ファミリーカー」という人も多いのでは。そこで、ボタンだけでもスーパーカーにするという戦略的妥協策という新しい考え方を提案します。なによりもエコでもあります。
<商品詳細はこちら>



「葉巻型」です。東京オリンピックに向けてタバコへの規制が強化されるなか、「そんなこと知らん!」と健康オタクに対する強烈なメッセージ。まさに「ちょい悪(ワル)」。
<商品詳細はこちら>



「将棋の駒」型です。将棋を好きな人は、知的レベルが一定よりも高いように思います。この王将が前面に出ているカフスを身に着けることで、会社では「歩」の役割だとしても「人間は誰しもが王将なんだ」という新たな境地に立つことができます。
<商品詳細はこちら>



「ゴルフバッグ」型です。もしかしたら、一番この形が凡庸性があるかもしれません。周りや上司、または取引先でも「ゴルフ好き」な人はいるでしょう。そうした人がいる時にさりげなく、そして同時に大胆にこのカフスボタンを見せてみて下さい。週末の予定にゴルフが入ってくることは間違いありません。
<商品詳細はこちら>

まとめ

スーツやネクタイなどで、個性を出すことは出来ますが、あえて「カフスボタン」で個性を出すことも出来ます。しかもそれは、ネクタイなどのように「いかにも」感が出ません。最初はシンプルなもので試してみて、周りの反応をみてから「サッカーボール型」などに変えてみてはいかがでしょうか。

シンプルなものでも「気づく人は気づく」と思います。同僚の男たちはたぶん気づきませんが、女性は意外とそういう所を見ています。それに、女性から渡すプレゼントとしてもオススメです。その場合、男は「カフスボタン用のシャツ」を持っていない場合もあるので、ついでにそれ用のシャツも一緒にプレゼントするのが良いです。

あと、そんなに「ブランド」にこだわる必要もありません。そこまで見てくる人はいませんし、結構な値段になる時もあります。

カフスボタンは本当に「さりげないオシャレ」です。気づかれない場合がほとんどです。それでも気づかれたときには「あの人、こだわってる」とポイントも上がります。そして、こういった「ちょっとした遊び心」を仕事でも取り入れることによって、少しでも気分が上がればそれだけでも良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大