【南アランド投資6週目】仏大統領選も大丈夫そうで南アはズマ氏が迷走

今後の見通し

週末にフランスの大統領選が行われます。おそらく、マクロン氏が勝つということなので、今のところは安心です。しかし、今回はEU離脱派が勝利しそうですが、今後は不明です。イギリスの様子を見極めるといったところでしょうか。

普通に考えると、イギリスの経済にとっては「悪い」と思うので、6月の解散総選挙以降の動向が気になるところです。

南アフリカもやや混迷続く

南アフリカでは、財務大臣を解任した理由について、ズマ大統領に問われているようです。このズマ大統領の行動で、格付け会社からランドは格下げをされていて、さらにムーディーズも格下げをしそうな雰囲気です。格下げされると、南アフリカ経済にとっては「悪影響」なので、その解任した理由を問われています。ただの好き嫌いでは済まされないのです。

まあ、この程度の混乱はしょうがないといったところでしょうか。たぶん格下げもされると思います。

【南アランド投資4週目】ようやく落ち着いてきた
南アフリカも地政学的リスクも落ち着いてきた 先週までは北朝鮮問題に対する危機リスクが本当に高まっていたと思う。ドル円も「なぜか」円...

口座残高、評価損益

  • スワップ累計 299円
  • 為替損益  -3,009円
  • 評価損益(スワップ+為替損益) -2,710円
  • 口座残高 17,946円
  • 保有枚数 10,000通貨  (目標は96万通貨)
スポンサーリンク
レクタングル大