ローソンが100円のタピオカを販売!【発売までに壮絶な苦労】

スポンサーリンク

9月4日から全国のローソンストア100で「100円(税抜き)で飲めるタピオカ」が発売されます。若い世代に絶大な人気を誇るタピオカですが、コンビニ大手が100円で発売することでさらなる人気の高まりが期待されています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は以前からタピオカを発売したかったローソン

実は、今年の3月ぐらいから、「タピオカミルクティー」の商品化を目指して開発をしていました。
引用:ローソンストア100HP

本格的な流行の前にタピオカに目を付けていたローソン。ちょうどその直ぐ後に爆発的なタピオカ人気になっていきます。

タピオカが発売されるまでの苦労とは

タピオカが人気になることで、原料も品薄になり安定した原料確保も難しい状況になっていきます。しかしあきらめないローソン。どうしても100円でタピオカを発売したい担当者は各地を飛び回ります。タピオカの原材料をタピオカするために何とか原材料を確保。

原材料を確保しただけでは十分といえません。当然ながらタピオカを工場で作らないといけない。これが難しい。タピオカという固形物を入れる作業は通常のドリンクを作る作業とは違い1タピオカの手間がかかります。

このようなイレギュラーな対応をしてくれた工場が「100円スムージー」を作っている工場。まさに男気。タピオカに特別な思いがあるのか、またはないのか、その点はタピオカですが、なんとか商品発売までの道筋ができました。

そして100円で発売するためにコストを極限までカット。まさにタピオカをカットするかの如くコストをカットしていきます。

ただ「安かろう悪かろう」ではダメなのです。ローソンブランドに傷をつけるわけにはいきません。タピオカミルクティのミルクティには「インドアッサム地方のアッサム茶葉」を使用

北東インドのブラマプトラ河の両岸に広がるアッサム平原は、世界有数の雨量の多い土地であり、世界最大の紅茶産地です。
引用:お茶百科

納得のできる味になったのが約半年後。日数にすると約180日、時間にすると4,320時間、分にすると259,200分、秒にすると・・・それはもう途方もない数字です。

今までは店頭で発売されている「ちょっと高めのタピオカ」を見て購入をためらっていた人もいるのではないでしょうか。そんな人ももう大丈夫。110円を持ってローソンストア100に行きタピオカミルクティーを購入すればタピオカを思う存分摂取でき、2円のおつりも受け取ることが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました