スポンサーリンク

【パロディ動画】スマホ代に厳しい菅氏が総理に!表情が暗いから明るくしてほしい

令和おじさんこと「菅官房長官」が安倍総理の後継者になるべく総裁選に立候補しました。たぶんこのまま総理になるでしょう。世襲ではなく、1代のたたき上げで官房長官までのし上がっているので、相当のやり手であることは間違いありません。

世襲ではない、というのが重要です。

また菅官房長官といえば「スマホ代に異常に厳しい」ことでも知られています。

未だ諸外国と比較して日本の携帯電話料金は高い、大手携帯電話各社でシェアの9割を寡占しており、利益率が20%程度と高止まりしていることから、未だ料金引き下げの余地がある」とコメント
引用: ケータイ Watch

このように「規制改革を進める派」なので、基本的には「庶民の味方」といえるでしょう。普通なら経済業界とつながって「なぁなぁ」でやったほうが、本人にとってはプラスのハズです。(日本全体にはマイナスですが)

規制改革をしても正直、一般の人たちからはそこまで感謝されることはありません。その代わり規制改革を進めると特定の業界からは「めちゃくちゃ嫌われる」のです。それでもなお、規制改革を進めるということは、それだけ「自分の考えがある」ということなのではないでしょうか。

ただちょっと気になるところもあります。それは「喋っているときの表情が暗い」ということです。なんかムスっとした暗さがあります。真面目っぽく見えるのは良いのですが、もっと愛嬌があっても良いのではないでしょうか。

そこで菅官房長官には総理になったら、次の動画のように明るく振る舞ってほしいです。

やっぱり明るいほうが良いと思うので、総理になったら「超いい感じ!」と言えばいいと思います。何がいい感じか分かりませんが、細かいことは気にせず「超いい感じ!」で押し切ると。

あと菅官房長官のホームページを見てみると、若いころは空手をしていたようなので、日ロ首脳会談のときは空手の服を着て柔道着姿のプーチンと1戦交えてほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました