サッカー日本代表がプレミアリーグの下位みたいな戦い方に変わってきた

ワールドカップ最終予選UAE戦で日本が2-0で勝利


ロシア・ワールドカップ最終予選のUAE戦で、日本が2-0で勝ちました。内容的には、前半は厳しい戦いだったと思います。久保がゴールを取ったものの、かなり押し込まれるシーンもあり、相手のミスに助けられた場面も目立ちました。ただ、後半に今野が追加点を取ったあたりから、「日本イージーモード」になったと思います。

いやー、今野はいいですね。前線に飛び出すタイミングとかや相手を潰すところなど、すごくよかったと思います。守備陣でいうと、川島のセーブがかなり効きました。あそこでのFWとの一対一を止めたのは本当に大きいです。

試合のメンバーといい、今回は最終予選ということもありベテランが多く試合に出ていて、どの選手も「当たり」でした。とりあえず日本代表が勝利し、ワールドカップに近づいたのは良いことです。

ただ、「試合内容がつまらない」です。プレミアの下位チーム、ボーンマスの試合を観ているのかと思いました。

「おぉ!」という心が躍るようなプレーがないのです。そういうのは必要ないと言えばそうなりますが、ザッケローニの時はありました。

試合内容は「ソリッド」になり弱者の戦い方のチームになった

フォーメーションとしては4-2-3-1で、川島、長友、森重、吉田、酒井宏、山口蛍、今野、原口、香川、久保、大迫です。

前線のサイドの2人、原口と久保はどちらかというと「個人」で攻めるタイプです。この両サイドを「個人」で突破するタイプの戦術って、プレミアの下位とかに多いです。前にアフリカ系の選手を置いて、「あとはよろしく」みたいな。もちろん、バイエルンなどの超一流のプレイヤーがいるところはいいのですが、この戦い方をしていると、同じような戦術をしていて、もっと個人がアスリートタイプの選手がいるチームには勝てません。

実際、UAEにも前半はかなり危ないシーンが多かったです。

やはり、日本としての「哲学」をもった戦術をしてもらいたいです。アジアレベルだと、両サイドを高いところに置いて、人数をかけたうえでの、パスサッカーです。 ザッケローニの時のような「観ていて面白いサッカー」が日本には合っている気がします。もちろん、前線に人数をかけているので、ブラジルワールドカップでの「カウンターでフルボッコ」のパターンもあり得ますが、戦術的にはあのパスサッカーを継続してもらいたかったです。

ハリルホジッチはアジアの最終予選でこの戦い方なので、ワールドカップの本線になったら、がっちり引いて、5-4-1みたいな戦術を取りそうな気がしてなりません。やっぱりそれぞれの国で個性を持った方がいいと思うのです。

今の「個人に頼った戦術」だと行きつくところは、トップにルカクがいて両サイドにロッピンとりベリーということになりますが、それは無理です。日本人の高いテクニックと俊敏性を生かした、いわばバルサ式、スペイン式のサッカーをやはり目指すべきだと思います。

時代の流れ的には「ププッ、今時ポゼッションなんて関係ねーよww」という雰囲気ですが、それぞれの国で特徴があっても良いと思うのです。

海外サッカーを見るためにはいくつか方法があるさっそく、結論から書きたいと思う。海外サッカーを見るためには スカパー・WOWWOWに入る ニコニコ動画で見るこの二つが良い。というか、この二つ以外は初心者の人にはおすすめしない。なぜなら、海

やっぱりカウンターを重視した弱者のサッカーをするのではなく、攻撃に人数をかけてしっかりボールを回して試合をコントロールしている戦術をしてもらいたいところです。

そういったリスクを取る戦術をこの時点で取れないとなると、ロシアワールドカップではフランスワールドカップの岡ちゃんのような戦術になると思われます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大