目薬は防腐剤なしでドライアイ対策(ソフトサンティア)

目薬を変えてみた

普段、仕事でもずっとパソコンの前に座っている。午前中はまだましだが、昼を過ぎたあたりぐらいから急激に目が乾いてくる。もともとドライアイな上に、コンタクトレンズをしているので、目がゴロゴロしてくる。これに寝不足などが加わった時などは、目の充血が半端ではない。そんなときは、今まで

「くぅー、染みるぅ!」

というような目薬を差していた。テレビCMでも「くぅ!」としているし、まあ、こっちのほうが効くのだろうと思っていると、「目薬は防腐剤が入っているから身体によくないよ」と言われた。ふん、目薬までイチャもんつけやがって!と思いつつ、仕事中に別ウインドウを小さく開いてググってみたら、何やら雲行きが危うくなってきた。

防腐剤は目に悪い

防腐剤の中に入っている、「塩化ベンザルコニウム」というのが目に悪いらしい。主な成分として

  • 塩化ベンザルコニウム
  • ソルビン酸カリウム
  • パラベン

というのが挙げられる。

さらに、「血管収縮剤」も入っているということだ。この収縮剤で、目の充血が和らぐということだ。この原理としては、充血している血管をギュッと収縮しているということなので、この字面を見ただけで、「目には良くない」感じがする。

普通、この系統の「染みる目薬」はコンタクトを着けたままでは差すことはできない。

「防腐剤入りの、さらに目が染みる目薬なんて信じられない」

ということが分かった。

ソフトサンティア

そして、今まで使っていた目薬を投げ捨てて「ソフトサンティア」というものを買ってみた。

防腐剤なしの目薬の効果としては、涙の成分と近いものだという。

コンタクトレンズでも裸眼でも使えるということで、かなり嬉しい。賞味期限は10日とかいてある。一日5回程度差すと丁度いいらしい。一日に5回も差さないが、まあそんなに高いものではない。

今まで、「くぅ!」と目薬のときは感じていたが、今回のソフトサンティアはそれがないので、少し物足らないが、効果はあるように思う。

あとは、10日ほどが賞味期限なので、つぎから次へと買い替えなければいけない。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大