キウイフルーツで腸内環境を整え、美肌作りも整える

キウイフルーツで便秘解消!

食物繊維というのは、成人男性で一日20グラム、成人女性で一日18グラム摂取するのがいいとされている。これはバナナでいうと、大体一本につき、一グラムの食物繊維が入っているので、男性なら一日20本

「もはやサルでも食べないレベル」

あとは、微妙に想像しにくい。食物繊維20グラム。何なんですか、ソレといった感じだ。しかし、現代人はふつうの生活をしていると一般的に、14グラムを一日で取っている。つまり6グラムほど、20グラムに足りていない。この一日に取るべき量、あと6グラムを埋めるにはどうしたらいいか。

答えはキウイフルーツである。一個につき食物繊維が3グラム入っているので、2個食す。

キウイのシンポジウムの調査結果

2016年4月にニュージーランドで行われたキウイのシンポジウムで、一日にキウイを二つずつ一か月続きたところ、お通じがよくなったという調査結果が報告された。

これは、キウイには、腸内環境を整える水溶性の食物繊維と、ベンのカサを増やしてお通じを良くする不溶性食物繊維の両方を含んでいるためである。腸内環境を整えつつ、ベンの量を増やす役割があるのが大きい。これで、腸内にガスがたまっている場合も調節されるので、下腹ぽっこりの場合にも改善が期待される。

下っ腹のポッコリ解消のため筋トレ決意でダイエットにも意識30代にもなると、夏にTシャツを着ていて少し気を抜いていると、「お腹がポコッ」と出る。いや、お腹というか下っ腹というか。このままじゃいかんぜよ!とお腹をポンと叩きつつジムへと行ったのは

高齢者層にも良い

高齢者の方は、軽食のパンなどで食事を済ませたりしていないだろうか。ついつい、一人で食事をするときなどは料理を作ることが面倒になり、そういった軽食で済ます高齢者の方を少なくない。さらに、自然と食欲も減退しているため、

「パンだけで十分」

という風になってしまうのである。この食欲が減退するというのは、しょうがない。中には「毎日ステーキ200グラム食べてます」というような元気な方はともかく、一般的な人だと自然な流れ。そこでは、一層の栄養バランスが取れた食品選びが重要になってくる。
さらに、キウイはそれ以外にも栄養素をバランスよく含んでいる。

一般的には高血圧は良くないとされている高血圧になると「心筋梗塞・脳梗塞・脳出血」などにかかりやすいと言われている。これは、高い血圧が血管にかかっているため、血管が破裂するために起こる。(※参考:高血圧の基準値は、収縮期血圧が140mmHg以

美肌の土台作りもサポート

キウイは美肌を作るために必要なビタミンCも多く含んでいる。大体、一個で一日に必要なビタミンCの量を摂取することができる。さらに、若返りのビタミンといわれる「ビタミンE」も多く含んでいるので、ビタミンCと同時に取ることができるので効果的に摂取できる。

そして、キウイを食べるときは、もちろん普通は、「生のまま」食べるだろう。

こういった野菜など果物は、加熱をしたりしたりすると、栄養素を外に逃がしてしまうため、この点もビタミンを効率的に摂取できるものとなっている。

そして、一番大事なのは、「継続して食べること」である。継続して食べることで、腸内環境も整えられるのである。

これはヨーグルトなどを食べるときの「乳酸菌」も同じようなことが言われている。

キウイまとめ

  • 食物繊維が豊富に含まれているのでお通じが良くなる
  • ビタミンC,Eが豊富に含まれているので美肌に良い
  • 一日1個から2個が目安
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大