SICKSが面白い!千眼美子(清水富美加)の演技が上手過ぎる

テレ東のコント番組「SICKS」

結論から書くと、このSICKSを観て、清水富美加は「いずれまた戻ってくる」と感じました。めちゃくちゃ面白かったです。


出典:Unsplash(pixabay)

SICKSは2015年にテレ東で放送されていたもので、おぎやはぎとオードリーを中心として、そこにレギュラーとして千眼美子(清水富美加)が入っていました。正直、今まで清水富美加の演技しているのをあまり見たことがなかったので、

今回の出家騒動も「ふーん」程度でした。

しかし、今Amazonプライム会員でその中に入っているプライムビデオを観るのにハマっているのですが、そこで清水富美加が出ている「SICKS」を観ました。

やりすぎちゃうかアマゾン先日、アマゾンプライム会員になりました。CMでも「やりすぎちゃうかamazon」と言っていますし、何よりアマゾンでの通販で購入することが増えてきました。そして、会員(年間費3900円)になった結果ですが、「思ったより

・・・・。

いやいや、一人だけめちゃくちゃ演技上手いんだけど。

役柄としては、腐女子?と言っていいのか、同人作家を目指す女の子の役で、まあ演技が上手かった。たぶん、一回見たら多くの人が好印象を持つと思います。

かくいう私もその一人で、「春に映画公開されるって言ってたな」と早くも春に公開予定の映画を見に行こうと感じています。演技が上手いからこそ、こんなに公開予定の映画やドラマが多いわけで、私が「ん?この子きてるぞ!」と思うころには、もう十分に評価されています。むしろ、ブームの山が越えたぐらいのところで私が気づいている状態です。


出典:Optimusius1(pixabay)

個人的には、別に宗教が何だろうと「あからさまに人に危害」を加えない限りは、まあいいんじゃない?という感じです。他にも有名人で宗教に入っている人もいてるので、時間が経てば徐々に受け入れられるようになるのではないでしょうか。ただ、名前はどうなんですかね、千眼っていうのはちょっと宗教色が強すぎる気がします。

千の千尋状態の本名を奪われた「のん」も世界の片隅とかなんとかいうアニメ映画の声優から徐々に戻ってきてますし。実力がある人はなんやかんやで戻ってくるものです。最近ではLINEのCMにも出ています。日本の資本ではないところが残念ですが。

また、トム・クルーズのミッションインポッシブルも大好きなのですが、別にトム・クルーズがサイエントロジーだろうと全然気になりません。それに、ミッションインポッシブルを見て「よしサイエントロジーに入ろう」とは思いません。

映画などを観るときは、あくまでその役柄として観るため、そんなにその本人のことは気にならないという人は多いのではないでしょうか。

何かの役になりきるという事とその集中力の応用

むちゃくちゃ演技が上手な人って、そのキャラクターになりきるじゃないですか。これって、簡単そうに見えて実はめちゃくちゃ難しいことです。

何かになりきるっていうのは、「私は黒田官兵衛だ」と自分で「黒田官兵衛だったらこういう感じかなー」とか想像しながら役に入ると思うのです。しかし、演技が上手な人は、その黒田官兵衛と一体化しているように見えます。たぶんその演じている人もその演技をしている瞬間は「黒田官兵衛」になりきっていると思うのです。

一般人の場合だと、「やばいなー、いっぱい周りに人もいるし、嚙んだらどうしよう。監督めっちゃ見てるやん。こんな短いセリフでとちったら迷惑かかるし…」などと一つのことにどうしても集中しきれないと思います。
ただ、演技の上手い人って、何かの信念や思いというものに対して「確固たる何か」を持っている気がします。さらにかなりの集中力があります。そして、一度信じると「絶対にこう」と思うのは、なかなかできません。どうしても、「いやいや俺は官兵衛じゃないし、実際に官兵衛見たことないし・・・」と現実的なことを考えてしまいます。そういう風な人は良い演技ができないのではないでしょうか。

こういう風に考えると、良い演技をする人というのは、何かを理屈ぬきにグーッと集中して信じ切ることができるといえます。このような集中力は当然、ほかのことにも応用可能です。その集中を向ける対象が何であるかは、その人の考え方次第で、周りの人からみて「それはちょっとおかしい」と感じることもありそうです。

とまあいろいろ書きましたが、千眼美子(清水富美加)は「メジャーではない映画か何かに出演して、その作品が評価され、再び表舞台に復帰」ということを思わせる「SICK」での好演でした。

たぶん、次に上映される映画での演技も評価されるような気がします。個人的には、名前は千眼より清水富美加から清水を取って「富美加」といった千と千尋方式のほうがしっくりきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大