9月の台風情報は要注意!甚大な被害の恐れも

台風情報は特に9月上陸が要注意

台風のイメージといえば、何となく、8月というイメージがあるが、実は9月に日本列島にやってくる台風に注意が必要だ。なぜなら、そこには「秋雨前線」がある。もともと、雨が降っているところに台風がくるので、威力は増す。これに対して、学生たちは

「警報キター!学校休み!」

このように、よもや台風待ってました敵な考えもあると思うが、実際問題として台風は危険なものである。

危機意識としても、東京などで暮らしている人はそれほど高くはないのではないだろうか。

「電車が少し遅延する」

おそらくこの程度の認識だが、実際に台風がバンバン通過する地域では、台風は大きな問題である。それに台風は何年かに一度、特に9月に日本列島に上陸するとき、「普段は台風被害が少ない地域」も秋雨前線とともに甚大被害をもたされる恐れがある。秋雨前線の影響で、台風とは少し離れているところでも、大雨になる可能性もある。

台風とは一体何なのか

低気圧が発達したもので、風の強さが一定以上になったものが台風だ。そもそも論だが、不思議に感じたことはないだろうか。

「なぜ毎回、同じような進路なのだろう?」

台風の動きというのは、地球の自転と風によって決まっている。自転によって「北」に動き、「風」によっていったん西に行ってから東へと動く。

日本列島に上陸するときは、偏西風に乗って高緯度にくると加速しながら北東へグインと横断する。

また、台風の威力を表す言葉としては「大きさ」と「強さ」を使う。大きさとは風の強い範囲の事をいい、「大型」と「超大型」に分けられる。超大型になると半径800キロ以上の台風なので、「ほぼ日本列島を覆う」ほどの大きさ。そして、強さの階級としては「強い」「非常に強い」「猛烈な」になる。この分け方は「風の強さ」によるものだ。この「大きさ」と「強さ」を組み合わせて台風の勢力を表現する。

完ぺきに予想するのが難しい台風の進路

2015年の段階で、5日前に台風の進路を予想したとする。すると、平均して300キロ近くのズレが生じているようだ。

「結構ハズしてるじゃねーか」「ちゃんと仕事して気象庁」

と感じるが、これが1日前になると、70キロぐらいの誤差になる。これぐらいなら「まあ大体の進路はわかる」のではないだろうか。だが、科学の進歩で、もう少し誤差は縮まるかもしれない。

「風」による被害が意外と多い

こういった台風などがくると、なぜか「家から出て、田んぼの状態を確認しにいく高齢者」がいる。台風のときの被害は、風により飛ばされた物、つまり瓦や看板などが直撃して被害が出る場合が多い。なので、基本的には、台風が通過するまでは自宅にいたほうがよさそうだ。しかし、例外もある。「大雨特別警報」が出されたときだ。

大雨特別警報が出された場合

これが発令されると、「家にいたほうがいい」というよりも、その人が住んでいる場所にもよるが「避難をしたほうが良い」だろう。これは平成23年の台風12号の紀伊半島での甚大な被害をもたらした後に新設されたものである。死者・行方不明者が100名近くに及んだこの台風のときも、警報情報は出されていたが、さらに強い言葉での表現が必要とのことだろう。注意が必要なのは、「台風が通り過ぎた後も、土砂災害の危険性は極めて高い」ということ。おそらく、テレビなどでもこういった台風情報は多く報道されるので、自治体などの避難勧告の前に「しっかりと自分で判断する」必要性もある。

参考:気象庁HP「http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/index.html」

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大