脳年齢は何歳?物忘れが気になったら「脳活性度定期検査」がオススメ

スポンサーリンク

年を取ってくると、誰しもが「物忘れ」が気になってきます。ただその物忘れは一般的な物忘れなのか、「認知機能」に問題がある物忘れなのか気になりますよね

そんなときにオススメなのが「脳活性度定期検査」です。

パソコンで簡単に検査ができるので、特に子供世代が親の認知機能をチェックするために試してみるのもアリですよね。

脳検査

スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳活性度定期検査とは

脳の認知機能

脳検を定期的に受検し認知機能=脳年齢を知ることで、現在のあなたの脳の状態を把握し、運動や栄養管理を続けるきっかけやモチベーションになればと考えています。
引用:脳検

高齢化社会が進むなかで「認知症」は長生きする高齢者にとっては喫緊の問題です。脳検は、認知症予防と「現在の脳の認知機能」を把握することで、適切な運動や栄養管理をするキッカケをつくるために「脳活性度定期検査」を開発。

脳活性度定期検査を受ける方法は、パソコンで「試験」を受けます。そしてその試験結果を元に「同年代の結果と比べる」ことも可能です。またテスト結果から「どのような対策をしたらいいか」も提示されるので、安心ですよね。

脳活性度定期検査は定期的に検査することが大切です。脳検では「半年に一度のペース」で試験を受けることをオススメしています。

ちなみに「半年利用プラン」を利用すれば6,980円(税抜)で半年間は何度でも試験を受けることができます

「高齢になるにしたがって」受験回数を増やしたほうが良さそうです。高齢者の方で自身でこのサービスに申し込むというより、子供がご両親のために申し込んでみてもいいのではないでしょうか。

たまに実家に帰省したときにゲーム感覚で問題を解いてもらって、親の認知機能が正常かどうかを知るのは大切ですよね。特に「車の運転」などを現在もしている場合は。

この試験は一般的な認知症の試験よりかはやや問題が難しくなっています。そのため考える訓練にもなるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

認知症を予防するためには少しでも早く認知機能が低下しているという事実をつかむことが重要です。認知症になる進行スピードを遅らせる対策を打てるので、高齢者の人にはぜひ一度は試していただきたい検査になっています。

脳検公式ホームページ

高血圧と低血圧、本当に身体に良くないのはどっち?
一般的には高血圧は良くないとされている 高血圧になると「心筋梗塞・脳梗塞・脳出血」などにかかりやすいと言われている。これは、高い血圧が血管にかかっているため、血管が破裂するために起こる。(※参考:高血圧の基準値は、収縮期血圧が14...

コメント

タイトルとURLをコピーしました