スマホ充電は太陽光でする時代です【YOLKソーラーペーパー】

「太陽光」がグッと身近になってきました。YOLKが開発したソーラーペーパーを利用すると、「太陽の下ならどこでも」電気を作り、そこから充電することができます。

モバイルバッテリーにつないでおけば蓄電することも可能なので、外で仕事をしている人やレジャー、または「緊急用の電源」としてソーラーペーパーの活躍の場はありそうです。

太陽光と聞くと、ついつい大規模なソーラーパネルを思い浮かべてしまいますが、このような小型なものから太陽光に触れてみるのも良い機会ではないでしょうか。
ソーラーペーパー
Image:YOLK

ソーラーペーパーとは

ソーラーペーパーは、その名前の通り「太陽の紙」というイメージです。つまり「紙のような太陽光パネル」ということでしょうか。厚さは何と2ミリで、横9センチ、縦17センチとなっています。

また晴れた日だと、充電するパワーは家庭用のコンセントと同じぐらいのパフォーマンスです。

USBの主力ポートが2つ付いていて、スマホ、タブレット、PCなどあらゆるデバイスに対応。

ソーラーペーパーの使い方

ソーラーペーパーの使い方としては、まずは「災害時」に使えるのが考えれます。ソーラーペーパーがあれば完璧とまでは言えませんが、大きな役割を果たすのは間違いありません。特に「蓄電用のモバイルバッテリー」も持っておけば鬼に金棒です。

個人的には「モバイルバッテリーもセットで購入する」ほうが良いと感じます。やっぱり太陽を使うので「いつも晴れているわけではない」ですよね。そんなときは「モバイルバッテリーに蓄電しておく」のがスマートな大人。

スマートペーパーはレジャー(釣り・登山)でも使えますよね。釣りに行くときは、基本的には晴れているときに行くと思うので、そんなときはソーラーペーパーを持っていき、好きなだけラジオを聞いたり、株価のチェックなどをスマホでしましょう。

大自然のなかで株価チェックをしていると「何やってんだ俺は・・・」という気持ちになります。

YOLKの口コミまとめ

しっかり充電されました。
iPhoneを直接繋ぐより、モバイルバッテリーを充電した方がいいと思います。
iPhoneを直接繋ぐと、iPhoneが求める最低限の電力を持続して供給できないのか、ちょくちょく充電が中断します。
モバイルバッテリーならスムーズに充電できました。

引用:アマゾン

パネル4枚 2.5W×4=10Wの公称値
窓越しの室内に置いて、太陽にほぼ正位になるように置くと、6.5V 1.1A = 7.15W程度は発電している。
モバイルバッテリーの充電は問題なく行われている。
iPhone6s plusも充電出来ている(純正ケーブルを使用)。
ただし、日が陰るなどして、出力が落ちると、再び日があたっても、「このアクセサリは使用できない可能性があります」というアラートが出で充電状態に復帰できないことがある。一度ケーブルを抜き差しすると復帰できる。

引用:アマゾン

口コミを見てみると、やはりスマホなどに直接つなぐよりもモバイルバッテリーに接続して蓄電しておいたほうが良いと書かれていました。再生エネルギーである太陽光のリアルな実力を体感するにはちょうど良い商品です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大