逃げるは恥だが役に立つ、というドラマが人気だということで見たら苦しくなった

逃げ恋というドラマが流行っている

落ち込む人

どうやら、女性を中心に流行っているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」というものがあり、ツイッターなどを見ていると、急上昇ランキングに乗っているので、その感想を見ていると、

「キュンキュンするー」「ガッキーかわいい!」「星野源もいい!」

といったのをよく目にする。

あらすじは、モテナイ30代の男性が「契約結婚」という形で、女性を雇って、その生活をコメディータッチに描いたハートフルコメディードラマだということ。

私は「なるほど、よくあるパターンじゃないか」と思った。現在の、晩婚化が社会問題ともなっている状況ではこういう人もいるだろう。それはインターネットの普及とともに、「画面の向こうの女性」と疑似恋愛体験をできることが可能になっているので、必ずしも珍しくはない。

そんなことを思いつつドラマを見てみた。私が見たのは、第6話だ。

・・・。

物語の後半になると、あまりのガッキーの可愛さに三半規管がキーンとなってきた。そして、星野源もいいじゃないか。確かに、最近はこういう人もいるのかもしれない。いや、女性が思う草食系の男性で、「こんな男性がいたらいいな」というイメージ像を表していると思った。

ガッキーのイメージがポッキーのCMからアップデートされていなかったので、ドラマを見てみると「あれ、なんか身体の真ん中の胸の部分が痛む」状態になってしまった。そして、温泉では何事もなくホッとしていたのもつかの間、何と旅行からの帰りの電車の中で星野源がガッキーにいきなり「チュ」とキスをしてしまった。

私は早速TBSに「最後のあの描写は少し問題があるように思いますが、ええ、いくらドラマの中といえども、やっていいことと悪いことがあるんじゃないですか?私が観たところ、ガッキーも若干戸惑っていたように見受けられますね、一応BPOにも今回の事件について相談してみます」と電話をしそうになった。

さらに、そのシーンを観てから胸の真ん中あたりが痛かったのが、そこに「ポッカリと穴が開いてしまった」ように感じた。しかし、私は成人男性であるので、何とか立て直すことができた。

ナイナイのオールナイトニッポンのヘビーリスナーである私は、女性とそういう行為になるのではないかというときは「お伺いを立てる」というのが細胞レベルまで刷り込まれている。つまり、キスをする前は「キスをしてもよろしいでしょうか?」と聞いてから向こうにお伺いを立てる。どうやら、それは正解ではないらしい。

視聴率も、回を追うごとに上昇しているということなので、これからは「星野源」風な男が流行るかもしれない。私は早速、星野源の歌を調べてみた。いい曲が多かった。

たまには恋愛ドラマを見るのもいいかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大