ふるさと納税をすることで様々な税金の増税分を国からお金を取り返す

ふるさと納税は年収300万の人は2万円ぐらいの寄付から始めよう

ふるさと納税

前回の記事では、配偶者控除の見直しは高所得者層への増税だという記事を書いた。

配偶者控除の見直しとは配偶者控除の見直しが来年度の税制改正で有力視されている。一部の方は誤解されているようだが、これは年収が1000万円を超えるような「高所得者層」に対する増税である。なので、それ以外の人たちは「早く決めろ」というスタンスで

まあ、このような所得税に対する増税が行われると、我々、善良な一般市民は何か行動をしなければならない。その分、図書館に行って本を借りて普段購入するところを無料のレンタルで済ますなど。

税金が「還付」されるときは、市民のほうから国などに対して「申告」をしなければいけない。国のほうから勝手に税金を返してくれるなんてことはありえない。徴収するときは、有無を言わさず取るが、還付の時はこちら側から行動しなければ「だって申請しなかったから」といった理由で還付されない。

今回は、ふるさと納税のメリットを書いていきたい。基本的に、この政策は「高所得者層が得をする減税」である。

しかし、年収が300万円ぐらいの人からその効果を実感することができる。400万、500万の人はやった方がいい。1000万円を超えているならやらないと損である。

おそらく、年収が1000万円を超えている人たちは、このふるさと納税を実践している人の割合が多いと思う。なぜなら、絶対に得をするからだ。

そして、最低はどのぐらいから始めたほうがいいかというと年収が300万円ぐらいの人なら「2万円」から始めた丁度いいと思う。これで、品物は実際に自宅に届くし、来年の住民税などが安くなっているということが実感できる。

なぜ2万円かというと、ふるさと納税には限度額がある。このシミュレーションは、各々の家族構成によって違うのでなんともいえないが、独身世帯で、高収入の人ほど限度額は大きい。おそらく、配偶者控除などの恩恵が受けられないことに対する代替的なものだろう。なので、独身の人は一度、ネットのサイトで自分のふるさと納税の限度額を調べたほうがいい。もちろん、子供がいる人でもその効果はある。

人気があるのは普段買えない高級食材や日用品

このふるさと納税のキーワードは「2千円」と自分の「ふるさと納税ができる限度額」だ。2千円というのは完全なる「寄付」となる部分。残りの1万8千円は、自分のお金がいったん国へいって、後日、自分のところに戻ってくるいわば、税金の前払い。

例えば、2万円寄付すると、2千円を引いた「1万8千円」が翌年に税金から控除される。ということは、ふるさと納税する人からすると、「2千円以上する商品」を選べばよいことになる。仮に「5000円分の肉」を商品としている市にふるさと納税1万円をすると、5000円ー2000円=3000円が利益になる。

このように、どんどん「自分にとって価値のある」品物をゲットしていけば、2千円との差額分が利益となる。ただ、先ほども書いたが、自分の年収でふるさと納税できる限度額があるので、これを超えない範囲ですればいい。

ふるさと納税の品物で人気ランキングを見ると、上位のほうには高級食材が並んでいる。○○産の高級和牛!とか伊勢エビ2尾!産地限定のお酒などが多いが、日ごろ使うような商品も多い。洗剤やお米なども人気のようだ。私も初めて利用するときは、このように日頃使うような洗剤などと高級食材をひとつずつゲットしてその効果を実感するのが良いと思う。たぶん、洗剤だと4000円分ぐらいの個数が送られてくると思うので、店頭で購入するよりもお得に揃えることができる。お米でも同じように、店頭で買うよりも安く買うことができる。

さらなるメリットとしては「高級食材に変な産地偽装の心配がない」ということも挙げられる。ホテルなどで食べる料理の原料はどこのものを使っているかは分からないが、さすがにこのふるさと納税で中国産のものを入れてくるアグレッシブな市はないと思うので、安心して食べることができるのも大きいと思う。

今まで利用したことがない人は、まず自分の年収と家族構成からふるさと納税の限度額を知ってから検討してほしい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大