サッカー日本代表、ハリルホジッチの戦術はW杯本番用

サッカー日本代表がサウジアラビアに勝利

サッカー監督

11月15日に埼玉スタジアムで行われたロシアワールドカップ最終予選で、日本が2-1でサウジアラビアに勝利した。日本は清武のPKと原口のゴールで2点を先制し、その後、試合終了の前に1点を返されたものの、粘り勝った印象だ。

今回の試合では、原口と大迫と長谷部が特によかったと感じる。原口は一試合を通して守備や攻撃へと走り回れるスタミナもあるし、香川や清武ほどではないにしろ、テクニックがある。ボールのつなぎもできる選手が守備の時はサイドバックの位置まで下がる。これが大きい。

大迫は、ドイツでもみせている、ポストプレーが良かった。ゴールというのは、「ミズモノ」という感じもあるが、ポストプレーというのはあまり、ブレることがない。ドイツの中でも、非常にポストプレーは安定しているので、世界でも十分に通用すると思う。さらに、ボールのないところでの動きなどは非常に質の高いものがあり、やはり半端ない。

そして、長谷部は整えていた。

ただ、ディフェンスの2人吉田と森重のロングパスの精度は引くかった。蹴った瞬間から「どうせつながらない」というイメージがある。あの逆サイドのパスがばんばん通るとすれば、それはもう世界でもフンメルスとかボアテングといった「パスを出せるCB」なので、無理せず繋げるときはつないでほしい。パスができるCBというのは中々いない。無理しないでほしい。

アジアのレベルが急激に上がっている

今回のサウジアラビアを見ても感じることだが、「普通にうまい」。特にキープ力があるなと感じた。フィジカル的にごついので、今後はさらにこの傾向が続いていくと思う。フィジカルの強い、古き良きイングランドサッカー。サイドからベッカムがクロスを上げて決めるあのパターン。しかし、アジアでは日本の影響からか「パスをつなぐ」チームが多い。日本はバルサの「パスサッカー」の影響が大きいので、ハリルの前まではこのイメージだった。

自分たちの戦い方を忘れている

意外と批判が多かった前のブラジルワールドカップの時の合言葉「自分たちの戦いを」だが、私は個人的にはあの戦い方を続けていくべきだと感じている。日本人の俊敏性などを考えた場合に細かいパスをつなぐというのは「日本人に合っている」サッカーの戦術だ。この前のコンフェデの時のイタリア戦がピークだったが、あの時のほうが見ていても楽しかった。

あのような戦い方をすると、カウンター一発でやられてしまう可能性が高いが、それは仕方がない。攻撃的にいこうぜ、ってことになる。

ハリルホジッチの戦い方はワールドカップの本番ではうまくいくかもしれない

引いて、縦に早いサッカーをすると、攻撃に人数をかけずにせめているため、カウンターのリスクが減る。サイドバックとボランチも完全に自陣に残っているので、「弱者のサッカー」なわけだが、これだとフォワードに海外から帰化した選手を入れないと無理そうである。ルカクのような選手を帰化させるしかない。そして、縦ポンで勝つ。

しかし、そんなサッカーを見たいわけではない。やはりボールを保持して、リズムよく相手ゴールまで進んでこその日本のサッカーだと感じる。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大