麻生大臣「日本の新聞の予想を裏切ってトランプ大統領が再選する」

ワシントンで麻生大臣が「トランプ氏がたぶん再選する」と語りました。日本のメディアのなかにも「再選は厳しい」と言及している状況ですが、個人的にも「たぶん再選する」と思っています。

麻生大臣がいち早くトランプ大統領に援護射撃

麻生大臣が、G20で訪問しているワシントンで記者に向かって「日本の新聞の予想を裏切ってトランプ大統領が再選する」と述べました。麻生大臣はクレー射撃の名手でもあるので、いち早くトラン大統領の選挙戦を援護射撃した形です。

麻生大臣もワシントンに行って「いっちょリップサービスでもしたるか」という感じですよね。正直、日本にいてもトランプ大統領の話題は多いですが、民主党の対抗馬の名前が聞こえてきません。

候補者がいなく、そのままトランプ大統領が再選するのではないでしょうか。

トランプ大統領の最新の支持率は?2019年2月現在

2月にNBC Newsが調査した結果(※参照:NBC News/Wall Street Journal Survey)によると、トランプ大統領の支持率は46%、不支持は52%でした。

これだけだと、「あれ?再選厳しんじゃ・・・」と思いますが、「支持者(共和党)は約90%がトランプ大統領の仕事を評価」しています。これは大きいですよね。支持者の期待には応えている結果といえます。

共和党の90%が支持しているため「投票数の予測はしやすい」ですよね。さらに民主党の候補者が出てきても、「たぶんトランプのほうがディベートが上手い」ので、「ユーローング!フェイクニュース!」と論破しまくるのが予想されます。

さらに「経済が絶好調」なのも見過ごせません。株価は史上最高値を更新し、失業率も低いです。生活に直結する数字が良いので、民主党側の「対抗するための経済政策」が出せません。民主党側からすれば「経済政策は正しい」と言えないのです。株価が絶叫調で失業率が低くても。

米中貿易戦争も米大統領選の間は休憩?

また麻生大臣は「夏か秋ごろまでに一応に決着がつく形になる」とも答えています。そのため麻生大臣の言葉をそのまま信用すれば「夏か秋ごろまでは経済は比較的順調に進みそう」ですよね。

そしてトランプ大統領の選挙戦が終わると、また本格的に米中貿易戦争に本腰を入れるのでしょうか。

2018年末から中国に対する関税を引き上げて、ずるずると4月まできています。決着の見通しも全くありませんが、米中貿易戦争は長引きそうな雰囲気です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大