オマーン戦を辛口批評 サッカー日本代表が緩すぎてビビった

1月13日に行われたサッカーアジアカップの日本対オマーン戦で、日本が1-0でオマーンに勝ちました。しかし、内容的には

「何これ?紅白戦かなにか?」と感じるような日本代表の緩さがありました。本当に驚きました。

サッカー日本代表の試合が緩すぎて驚く赤ちゃん

オマーンは結構ガツガツときていましたが、まあアレぐらいはしますよ。相手のプレーを批判するよりも、自分たち日本のチームについての批評をします。

サッカー日本代表森保ジャパンのサッカーが全然面白くない

森保ジャパンでは「選手全員が試合に出ること」がアジアカップの目標らしいです。インタビューで森保監督が言ってました。選手全員が思い出を作るために、ピッチに一度は立てるチャンスを作っているという「社会主義的発想」のサッカースタイルなのかと思いました。

実力がある人が試合に出るのではなく「すべての人にチャンスを!」というのが森保ジャパンの考えですね。じゃあ俺にも出さろって話ですよ。(30代独身男)

まあ監督として「誰にも嫌われたくない」という気持ちは分かりますよ。そのほうがラクですからね。日本代表の試合を見ていても、その姿勢が出ています。

そして単純に試合を見ていても「全然面白くない」んですよね。変なところでパスミスするし、「普通に弱いチーム」と感じました。

プレスが弱くてボールを取る気持ちがない

日本代表の試合を見て不満だったことは「プレスが信じられないぐらい緩い」ことです。コースを切ってるだけで全く取る気がありません。オマーンの選手に守備に対する「気持ち」を教えてもらわなければいけませんよアレ。

綺麗に取ろうとしすぎています。要は、「こっちのパスコースを切ってサイドに追い込んでパスコースを限定していく」みたいな。いやいやガッツリいけよ。オマーン戦を見ていて「これって紅白戦の試合?」と思いました。それぐらい緩かったです。

3Lのズボンでベルトがないぐらいユルユルです。監督が緩いからプレスも緩いのかという印象ですね。

「選手全員を出してあげたい!」って何なんすかすかそれ。じゃあおr・・・

相手に舐められてる「削られても何もしない」

オマーンの選手が結構ガッツリいってましたよね。堂安なんかは完全に狙われていましたが、「それでも何もしない」のに驚きました。パスコースを切っているだけです。それは舐められますよ。

堂安は1枚イエローを貰っていたのでできませんが、ダイアーぐらいのスライディングはしないとダメですよ。柴崎か遠藤が。

堂安を削ってた選手にがっつり脚めがけてスライディングして、ファウルを取られても「ボールに行ってるやん!完全にボール!」と英語で審判に言うぐらいはしないとダメですよ。そうしないと、

「次からもヤラれる」のです。これからの試合でも「日本の選手にはガツガツいってもOKなんだな」というメッセージを出し続けていることになります。こちらからラフプレーをする必要はありませんが、「ヤラれたら一度は返す気持ち」を見せなければいけません。

周りの選手も冷たいですね、堂安があんなに削られてるのに何もしないのって。もしかしたら、「全員平等に試合に出してあげるスタイル」の森保監督が「クールにいこう!クールに!」とそれっぽいことを言ってたしなめていたのかもしれませんが、「いやいや、今抵抗しないと今後ずっと日本代表削られるで」ということです。

日本代表の選手削ったら、「こっちも絶対削られる!」ぐらい相手に思わせないとダメですよ。日本代表の選手をケガから守るってそういうことだと思います。私は日本代表の選手が削られているのに「クールにいく」ことのほうが問題だと感じています。削られても何もしないということは「削られているのを受け入れているM気質な日本代表」と思わるだけです。むしろアキレス腱がっつり削ってください的な。

削られているのに「遺憾の意」を言うだけで何もアクションを取らないということは、将来の日本代表の選手への削りをサポートしているにほかならないです。

中島と香川、久保君に期待する

今回の試合には出ていなかった中島翔哉にはまず期待したいところです。3トップの左ですね。そして香川も復帰して、インサイドハーフの柴崎が入ってきたポジションをして、久保君にも期待です。堂安も良かったですが、やっぱり久保君に期待したいです。堂安は身体も強そうなので、インサイドハーフで。トップは半端ないで行きましょう。

マンCなどを見ていても「前線の選手に身長は関係ない」ということが分かります。アグエロ、シルバ×2、スターリング、マフレズなど全員小さいです。そのため、日本代表も「テクニックで行く!」というように振り切ってほしいところです。テクニックのある選手が守備を頑張ればいいだけのことです。

あと気になるのは「右サイドバック」と「ボランチ」です。ウッチーとガンバの遠藤のような選手が出てきてほしいですね。Jリーグで誰かいないのでしょうか。デルフとかヤングのパターンで「サイドバックにコンバートできるウイングか中盤の選手」がいればいいのですが・・・。

今回のオマーン戦を見てあまりにも面白くなかったので、勢いそのままに記事を書きました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大