ブロッコリースプラウトが野菜の高騰で安くて栄養価が高いと注目!

スプラウトとは

ブロッコリースプラウト

そもそも、このスプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことで、ブロッコリーが出来るまでの途中(三日目)で摘み取っているもののようだ。そして、なぜ、ブロッコリーまでの成長を待たずに、この新芽の時に摘み取るかというと

「その方が栄養価が高いから」ということに尽きる。成長段階の野菜のエネルギーを、人間が「いただき」と食すのである。

サプリメントなどで、栄養を取るよりも、このような「実物の野菜」で栄養を取るほうがいいのではないかと感じる。

この中で、特に注目したい栄養素として、解毒や抗酸化に効果があるといわれている「スルフォラファン」が一番この新芽の時に含まれている。

一般的には、このスプラウトが成長したブロッコリーも栄養価が高いといわれているが、それよりも高濃度でこおのスルフォラファンが含まれているので、相当なものだ。

抗酸化は、糖尿病や肝臓の機能の低下などにも影響がされているので、こういったことが気になる人は注目したい栄養素である。

野菜の高騰で安価な価格にも注目

最近、野菜が「天気が悪かった影響」で高騰している。台風のや秋雨前線が頑張りすぎているので、その影響は、野菜高騰という形で、日本の台所にも、この「時差」で11月現在も影響している。

台風情報は特に9月上陸が要注意台風のイメージといえば、何となく、8月というイメージがあるが、実は9月に日本列島にやってくる台風に注意が必要だ。なぜなら、そこには「秋雨前線」がある。もともと、雨が降っているところに台風がくるので、威力は増す。

そんななか、このスプラウトは、工場生産されている。つまり室内で生産されているので、天候の影響を受けない。そして、大量に栽培されているので価格も比較的、安価な状態だ。

葉物野菜の代わりに、このスプラウトが使用されていると思う。

恐らく、販売店側も当然この現象をつかんでいるので、「スプラウト」が目立つところに置いている。私も今年、初めてスプラウトを購入した。パッケージにも、「医学者が開発した高成分野菜」と記載されていたので、「身体にいいのかな」という感覚だった。さらに、水洗いをせずに、そのまま食べることが可能、と書いてあったので「ラク」というもの良いと思った。

食べ方は

私がスーパーで購入しているのは「ブロッコリースーパースプラウト」という種類のもの。これを提供している「村上農園」では生で食べることを推奨している。そのほうが、より栄養をしっかりと取れるということだ。

私の場合、食べ方としてはサラダや豆腐などに、薬味として使用する。量も割とたくさん入れる。あとは味噌汁や納豆にも入れるし、とにかく「入れれそうなものには割と入れている」状態だ。

なんとなく、栄養が不足しているような気がするので、このような栄養価が高い野菜を手軽に取れることは良い。サプリメントといったものに対して少し抵抗があるので、こういう「野菜として食べる」のはむしゃむしゃと食べて「栄養価が高いものを食べてる感」があるので、最近はハマってよく食べている。

さらに、栽培することもできる。そして、水につけてスプラウトを栽培するだけなので、とても簡単で、その育ち方はかなり良いので、野菜栽培に興味のある方は試してみるのもいいかもしれない。

参考:「村上農園のHP」

スポンサーリンク
レクタングル大