年金保険料の支払期間が10年に短縮で財源圧迫?現役世代の負担増大も!?

支払期間が短縮される

国民年金

現在は、支払期間が25年以上でないと年金を受給できる権利がない。これも、もともとはおかしな話だと感じている。

特に、中途半端にこの受給資格に足りない人の場合は、今まで支払った分を返還してもらってもいいはずだ。その際は、物価変動も考慮にいれて。

政府としても「さすがに25年はやり過ぎた」と感じているのか、その受給できる要件の緩和を行った。それが、支払い期間の短縮で、25年から10年に変更される。現在は、後納や追納もできるので、自分がもしこれらに該当するのなら、ひとまず、納めたほうが良さそうだ。

もっといえば、現在、国民年金を支払っていない人は約半数ほどいるが、最低でも「免除制度」を利用しよう。これをすることによって、「支払期間」で、実際には支払っていないが、「期間」は認めてくれる。さらに、後から「追納」もできるので、ぜひとも利用したい制度だ。

短縮した10年間で貰える金額は一か月約1万6千円

もらえないよりかはましだとは思うが、10年間国民年金を支払って、一か月に貰う金額は約1万6千円だ。

現在の保険料は約1万6千円なので、ちょうど、現役世代がいまの一か月分の国民年金支払い分を貰うことになる。ないよりはマシなのだが、1万6千円で何をしろと言うのか。基本的には65歳からなので、自分が支払った分の元を取ろうとすると、10年間は受給したい。

今の世代は長寿なので、このあたりは楽にクリアしていき、現役世代の負担は確実に増えていく。

現役世代の保険料はさらにUPUP!

今から10年まえの国民年金保険料は一か月で13,860円だ。現在の16,260円とくらべて2,400円増えている。さらに、20年前の国民年金の保険料は12,300円。20年前から10年前までは1,560円の増額。どうやら保険料の支払う金額は年々増えている。もちろん物価変動も考慮しないといけないが、この20年は少しのインフレと少しのデフレだったのであまり変わっていないので、増額はしている。

このペースのまま上昇すると、いまから10年後には3240円上昇して1か月の国民年金保険料は19500円になっているかもしれない。これぐらいの支払い金額になると、さらに未納率も上がるだろう。

残念ながら、10年後がいまより日本が景気が驚くほど良く、賃金も大幅に上昇しているということは考えにくい。むしろ、非正規雇用が増えて、全体としての給料は抑えられる可能性のほうが高いといっていいだろう。そうなると、「厚生年金」ではなく「国民年金」が主流なので、未納の人が増える。そして、現役世代の他の支払っている人たちの保険料が上がり、さらに受給年齢も上がる。

こうして一億総活躍社会は好む好まないは別として実現する社会になっていく。年金を貰って優雅に隠居生活なんていうものは、夢のまた夢の話になり、一生労働をする、ということを前提とした人生プランが必要になってくるかもしれない。

参照:「国民年金保険料の変遷 日本年金機構

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大