スポンサーリンク

名前の英語表記が「姓・名」に変更!河野大臣「なぜシンゾウ・アベなんだ」

英語表記の名前の順番ってややこしいですよね。普段英語で名前を書いていない人からすると

山田たろうの「姓」ってどっちだっけ?「たろう」だっけ?

といった具合に少し混乱しますよね。

そんななか、政府が英語表記の姓名の順番について、従来の「名」⇒「姓」ではなく「姓」⇒「名」に変更しました。

ただ今は政府内や役所での表記のみに適用している様子で、民間レベルまで広げるかは「まだ先」となっています。

一言でいうと

「どっちやねん」ということです。

英語表記の名前が書いているパスポート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも日本人の英語表記はなぜ「名」⇒「姓」

日本人の名前を英語表記するときに「名」⇒「姓」としているのは、「欧米式」に合わせているためです。ここにはそこまで深い理由はありません。

本当に「英語表記だから欧米に合わせよう」という考えです。

これは考え方としては分かりますよね。英語表記で名前を読む人は「外国人」なので、外国人が読みやすいようにしようという「相手に合わせるのが得意」な日本の考え方がよく出ている事例の一つです。

スポンサーリンク

どうして「姓」⇒「名」に変更するの?

時代が経つにつれて「それぞれの国の形式・文化を前面に出そう」という流れになっていきます。

一般的には各々の人名固有の形式が生きる形で紹介・記述されることが望ましいと考える。
引用:文化庁

ただこれも悲しいですが「日本発信で考えたもの」ではありません。日本と同じように中国や韓国でも名前は「姓」⇒「名」という順番です。

中国と韓国は「英語表記でも」同じように「姓」⇒「名」の順番に表記しています。つまり中国や韓国は「自分たちの伝統・文化の形式はこうだ」と主張していますよね。

「自分たちが欧米に合わせる必要はない」と。

そこで日本が気づくわけです。

「あれ?なんで俺らだけ欧米に合わせてんの?」

日本の場合は、「欧米に合わせたほうが摩擦も少なく、欧米にも分かりやすいだろう」という譲り合いの精神で、欧米式に合わせていたのではないでしょうか。

しかし自分たちの形式を重視して英語表記をしている中国や韓国を見てみても「何の支障もない」のは明らかです。

この議論は実は以前からあり、2002年度から中学の英語の教材では「姓」⇒「名」に変更されています。

また特に最近この議論に火を付けたのが「河野太郎前外相の会見での発言」です。

「韓国の大統領は『ムン・ジェイン』、中国の国家主席は『シー・チーピン』なのに、なぜ日本は『シンゾウ・アベ』なんだ。『アベ・シンゾウ』じゃないかという議論は当然ある。ちゃんと日本語の発音に合わせるのか考えていかなければいけない」
引用:NHK政治マガジン(俺はコウノ・タロウだ!)

河野さんの発言によってこの議論のスピードは増していきました。この発言が3月で、5月には柴山文科相が次のように発言。

「文部科学省は、中央各省庁、地方自治体、教育機関・メディア各機関に対し、約20年前の国語審議会で、日本人の名前のローマ字表記について、従来使われてきた欧米式の『名・姓』の順番から『姓・名』にするという提案を改めて要請する
引用:exiteニュース

このように現在は役所とメディアなどには英語でも「姓・名」表記にするように要請しています。あくまでも要請ですが、徐々に海外の報道でも「Abe Shinzo」という表記に変わるかもしれません。

ただ民間レベルで変わるにはもう少し時間がかかりそうです。

New Zealand Prime Minister Jacinda Ardern and Japan’s Prime Minister Shinzo Abe arrive for a joint press conference on September 19, 2019 in Tokyo, Japan.
引用:CNN(Jacinda Ardern confuses Japan for China during Tokyo trip)

ちなみにCNNで安倍総理の英語表記を確認したところ「Shinzo Abe」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました