仕事のキツイ疲れをリフレッシュするおすすめの方法5選

スポンサーリンク

著者は仕事が立て込んで寝不足になったりストレスが溜まると直ぐに目が充血し、身体全体が重たくなります。どんどん身体に疲労が蓄積されていくのが分かるのです。

そんなときは「リフレッシュ」するのが一番ですよね。

20代前半のころは家に帰ってゲームをしていると何となく疲れも取れましたが、今はダメ。むしろ目がチカチカしてしまいます。この記事ではリフレッシュするためのオススメの方法をご紹介します!

リフレッシュしたい人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リフレッシュしないと疲れが取れない身体に

30代になると、さすがに20代前半までのころのように2日ぐらいは寝ないでも大丈夫です!というわけにはいきません。寝不足になると「気持ち悪くなる」のです。吐き気がしてくるので、寝ずにはいられないのです。さらに30代といえば一番ストレスのかかる時期ですよね。

そんなことがずっと続くと、心身ともに不健康になっていきます

リフレッシュするときは「疲れがピークになる前」がベストです。リフレッシュするときも「疲れが取れた」と一番実感します。平日ずっと働いている人の場合は木曜の夜ぐらいにリフレッシュすると、残りの金曜は難なく乗り越えられます。

リフレッシュするオススメの方法5つ

それでは快適に毎日を過ごせるようにリフレッシュするオススメの方法を5つご紹介します。どれも著者が実際に「クタクタに疲れているときに実践している」リフレッシュ方法です。仕事が終わって家に帰って寝るだけだと疲れが取れないときがあるのです。

①:マッサージを受ける

リフレッシュするときに一番オススメなのが「マッサージ」です。できれば身体全体をしてもらうのが良いです。またマッサージのなかでもオイルマッサージが最高ですよ。

60分でもオイルマッサージを脚から腰、さらには腕をしてもうと随分身体が軽くなっています。仕事のストレスが溜まっているときは血流が悪くなっているのではないでしょうか。

そんなときにマッサージで血流を良くしてもらうと、疲れが一気に吹き飛びます。「疲れたから早く帰って寝よう」と自宅に直帰するのではなく、1時間ほどマッサージを受けるほうがリフレッシュします。

著者の場合、マッサージに行くのが一番リフレッシュします。

②:読書・マンガ

次は読書やマンガです。仕事が忙しくなると、生活の丸々が仕事に埋め尽くされてしまいます。そういうときは「心に余裕を持たせる」ために読書やマンガを読んでリフレッシュします。

著者の場合は、本屋で小説を買ってドトールでコーヒーを飲みながら1時間ぐらい本を読むと「スーッと小説の世界に入っていく」感覚になります。

またマンガも良いですよね。最近は漫画喫茶も綺麗になって設備も充実しているので、ワンピースや宇宙兄弟を読みました。防音の部屋もあって、支払いなどもすべて無人でした。仕事終わりに1時間だけマンガを読むだけでもリフレッシュする人は多いのではないでしょうか。

読書やマンガの場合は、精神的なストレスが軽減されます。

③:ジムで身体を動かす

身体を動かす余裕があるぐらいの疲れをリフレッシュするときは「ジム」を利用しています。ちょっとした疲れのときは、チェストプレスを上げたり、腹筋をしたりするとリフレッシュできます。

女性の場合は、サイクリングマシンに乗って雑誌を読みながらこいでいる人が多いです。

やっぱり身体を丈夫にすることで肩こりなども軽減されるので、日頃から身体を動かすことも大切です。

④:スパ(風呂)でボーっとする

自宅にある小さな風呂ではなく、大きなスパに行くのもリフレッシュできます。著者の場合はジムに付いているスパに行くことが多いです。スパも広いので、しばらくぼーっとすることができます。

風呂に入って体温を上げるのが良いのか、かなりリフレッシュできます。また都心部に住んでいる人は近場のスパに行くようにしてください。

ちょっと軽く風呂に入って帰るだけですが、リフレッシュ感が半端じゃないです。風呂上りにビールでも飲めば言うことなしです。

⑤:1人カラオケでミスチルを熱唱

最後は1人カラオケです。都心部では「1人専用のカラオケ」もあります。そのため仕事帰りにリフレッシュするために

「とにかく大きな声を出す」のです。1時間も大きな声を出してミスチルを唄えば気分も爽快です。

無心になって熱唱すると、身体が随分軽くなります。声を出すというのはリフレッシュ方法のなかでも結構効きますよね。特に独身の人の場合は、仕事から家に帰って次の日まで一言も発しないこともあります。

やっぱり何か言葉を発したほうが気分転換になるのではないでしょうか。さらに大きな声で誰も気にせず唄うことができたらリフレッシュできますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました