【南アランド投資2週目】政局の混乱で暴落からの暴落

南アランド投資開始から暴落に次ぐ暴落

やはり南アフリカランドやトルコリラといった高金利通貨はリスクがあります。私は3月23日から南アフリカランド投資をスタートさせましたが、この2週間足らずで、8.8円から8.0円まで約10%も南アランドは円に対して下落しています。

金額的には5000通貨しかまだ保有していないので評価損はしれていますが、もし、もっと多く保有していたことを考えると、「ドカンと買ってスワップだけで生活する」というのは、「無くなってもいいような本当の意味での余裕資金」がないと少し厳しそうです。

仮に、私の最終目的は50万通貨保有なので、最初から50万通貨購入していたとして計算してみます。

8.8円(3月23日時点の南アランドレート)×50万=4,400,000円分を保有をしていことになり、これが今回の下落で

8.0円(4月6日時間の南アランドレート)×50万=4,400,000円になります。

差額は40万円の損失です。投資予定の総額は約100万円なので、「40%の運用損」ということになります。もはや「投機」です。

2週間でコレです。これをスワップと取り返そうとすると、今スワップが13円なので、50万通貨保有で一日「650円」になります。これを負けた分の差額から、何日保有すれば「元が取れる」か計算します。

400,000(損失分)÷650(一日のスワップ)=615日

つまり、約1年7か月かかるわけです。

ただ、「これで下げ止まり」とは限りません。ズマ大統領が追加で「何かやらかした」場合など、不測の事態は今後の見通しとして十分に考えられます。内閣改造後の政策が予測不能です。

ちなみに、投資金額は約100万円を見込んでいます。

なので、もし「今回と同じよう暴落がまたあったら」当然ながらロスカットになります。

今の段階では、十分に7円を切ることも考えられます。格付け会社による「格下げ」も今後さらに発表されそうです。

金利スワップを「投機」ではなく「投資」として考えるなら、やはり「長期運用」を目指していくべきだと思います。まあ、普通に考えて、高金利の通貨なので、今回のような「え?何やってはるんですかズマ氏」というようなことは、「結構ある」と予想されますが、依然、大筋としての成長見込みは変わっていないので、今後も粛々と毎月5,000通貨ずつ買っていこうと思います。

【南アランド投資1週目】買った途端にランド爆下げ

口座残高、評価損益

  • スワップ累計 88円
  • 評価損益  -4,395円
  • 口座残高 6,349円
  • 証拠金維持率 396%
  • 保有枚数 5,000通貨

いて

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大